maclalalaweblog

2007年 2月 18日

アップルがいいといわなければ・・・

rudolphpogue

[Benjamin Rudolph, Parallels & David Pogue, New York Times]

仮想化技術を使えば OS X が普通の PC で動くという話には後日談がある。

どうやら Parallels も VMWare もその発言を取り消して姿勢を後退させたらしい。

Infinite Loop:”Parallels: ‘We won’t virtualize OS X until Apple says so‘” by Jacqui Cheng:2月9日

     *      *      *

尾を引く Fortune の記事

ひと月ほど前、Parallels が実は企業向けソフトメーカー SWSoft の子会社だと分かったとき、それを伝えた Fortune[Forbes?]の記事には、それ以外にもなかなか興味深いことが書かれていた。SWSoft の CEO が、仮想化環境で OS X を動かすのはそれほど難しいことではないと仄(ほの)めかしたのだ。その同じ記事で VMWare も、すいぶん長い間その誘惑に抗(あらが)っていたと述べて、Parallels のコメントを追認している。「彼らが望む方向でやろうとしたのだけれど、今考えてみれば自分たちのやり方で進めればよかったと思う。Steve Jobs がどうする気なのか分からない。というのも、Mac OS をマック以外のマシン(non-Macs)で動かそうとするプレシャーがすごいからだ」と VMWare の CEO Diane Greene は語っている。

When the news came out that Parallels was actually owned by enterprise software maker SWSoft about a month ago, there was a not-so-tiny detail from Forbes [sic] article that drew a lot of interest. That detail was that SWSoft’s CEO hinted that it wouldn’t be difficult to run OS X in a virtualization environment. In the same article, VMWare confirmed the comment, saying that they’ve been resisting temptation to do so for seemingly too long. “We were trying to do it the way they wanted to, but in hindsight we should have just gone ahead. I wonder what Steve Jobs is going to do, because there is so much pressure to run Mac OS on non-Macs,” VMWare’s CEO Diane Greene said.

     *      *      *

でも、Parallels はアップルに従う

ところで、この問題で VMWare が精神的葛藤に陥ったのと違って、Parallels は当分の間、アップルの目からみて善人の役を演じることにやましさを感じないことにしたのだ。この問題について回答を求めたところ、マーケティングマネージャの Ben Rudolph はつぎのように答えた。OS X の EULA[End User License Agreement、使用許諾契約書]により仮想化が禁じられているので、近い将来ユーザーに OS X を仮想化させることは考えていない、と。

Well, Parallels has decided that unlike VMWare’s moral conflict over the issue, they have no qualms over being the good guys (in Apple’s eyes), for the time being. Marketing Manager Ben Rudolph responded to my pleas for an answer on the topic, and said that due to the EULA in OS X that forbids virtualization, Parallels will not be enabling users to virtualize OS X anytime soon.

     *      *      *

模範解答

Rudolph は Ars [Technica] に対して次のように語った。「いくつか理由があるので、アップルがOKを出すまでは、我々としてはこの種の機能を仮想化することはしない。まず第一に、我々は自分たちのユーザーについて心配しているのだ。ユーザーがマシンを乗っ取られたり、訴訟に巻き込まれたりする恐れのある違法な行動を、我々は決してユーザーに勧めはしない。それと同じ理由で、完全なライセンスを取得した、純正の Windows のコピーをバーチャルマシンで使うよう求めている。その方がより安全で、より安定しており、サポートも十分で、かつ完全に合法的なのだ。」

“We won’t enable this kind of functionality until Apple gives their blessing for a few reasons,” Rudolph told Ars. “First, we’re concerned about our users—we are never going to encourage illegal activity that could open our users up to compromised machines or  any sort of legal action. This is the same reason why we always insist on using a fully-licensed, genuine copy of Windows in a virtual machine—it’s safer, more stable, fully supported, and completely legal.”

     *      *      *

アップルの機嫌を損ないたくない

法的な問題を別にしても、Parallels としてはアップルとの関係を損ないたくはない。アップルは得てしてどの会社が気に入っているかということについては気まぐれだからだ。「アップルとはとてもいい関係を保っている。双方に取ってとても貴重なパートナー関係を危険に晒したくはない。」

Legal issues aside, Parallels doesn’t want to strain its relationship with Apple, who can be rather fickle at times about which companies are in its favor. “We have a very good working relationship with Apple, and we don’t want to do anything to jeopardize the great partnership that’s been so valuable to both of us,” he added.

     *      *      *

技術的にはどうか

じゃあ、「決して」[OS X の仮想化は起きない]ということか? 今のところそれが答えのようだ。アップル OS のライセンスにあたっては、アップル以外のマシンで OS を使用することには非常に厳しい(全く出来ない)ということは誰もが知っている。では、技術的に可能かという点についてはどうか。Ben はその点についてもうっかりしゃべったりはしない。「バーチャルマシンで OS X を走らせることも可能でない訳ではない」と彼はいう。お〜お、何たるミステリー!

So, “never,” then? That seems like the answer we’re getting, as it’s no secret that Apple has been very strict on (absolutely not) licensing its operating system for use on anything but Apple hardware. As to whether it’s technically possible or not, Ben’s not spilling the beans. “It may be possible to run OS X in a virtual machine,” he says. Ooooh, the mystery.

     *      *      *

引き続き VMWare も、アップルに恭順の意を示したようだ。

Infinite Loop:”VMWare on (not) virtualizing OS X: ‘Oh yeah, us too.’” by Jacqui Cheng:2月11日

     *      *      *

VMWare もノー

krishnamurti

[Srinivas Krishnamurti, VMWare]

Parallels の話のフォローアップとして、この件に関する VMWare の公式見解を得るため Srinivas Krishnamurti(Director of Product Management and Market Development)に接触することができた。以前同社は、アップルの思惑とは裏腹に、アップル以外のハードウェアのバーチャルマシン上でユーザーが OS X を動かすことを可能にする誘惑に駆られたともとれる言い方をしたが、Krishnamurti はそうではないという。「アップルは今のところ Mac OS X がバーチャルマシンで動くことを許していない。アップルは大切なパートナーであり、VMware としてはアップルの知的財産を尊重する。」

As a followup to that statement from Parallels, I was able to also get in touch with Srinivas Krishnamurti, VMWare’s Director of Product Management and Market Development in order to get VMWare’s official position on the matter. Previously, the company indicated that they might perhaps give into temptation and allow users to run OS X in a virtual machine on non-Apple hardware despite what Apple thinks, but Krishnamurti says that’s not so. “Apple does not currently allow running Mac OS X in a virtual machine,” he said. “Apple is an important partner and VMware respects Apple’s intellectual property.”

よし、ここまではちゃんとフォローしている。

Right, we’re following so far.

Krishnamurti 曰く、「バーチャルマシンで Mac OS X を走らせることについて我々は大変な興味を持っている。いろんなおもしろい使い方に門戸を開くことになるからだ。しかしアップルが使用許諾方針(licensing policy)を変えるまでは、仮想化環境で Mac OS X を走らせることについてあれこれ推測したくはない。」

“We’re very interested in running Mac OS X in a virtual machine because it opens up a ton of interesting use cases, but until Apple changes its licensing policy, we prefer to not speculate about running Mac OS X in a virtualized environment,” Krishnamurti added.

     *      *      *

アップルがいいといわなければ・・・

分かった。これは Parallels がいったのとまったく同じことをもっと間接的に述べたものだと受け取りたい。アップルがいいといわなければ、バーチャルマシンで OS X はなしというわけか?

Right. We’ll take that as a less direct way of saying the exact same thing as what Parallels said. No okay from Apple? No OS X in a virtual machine.

以上から分かったことは何か。VMWare、Parallels の両社とも、多少ソフトが余計売れるからといって、アップルに坐(ま)します神々を怒らせるようなリスクは侵さないということだ。アップルと密接に協同しているいろんなデベロッパ(もちろん Parallels や VMWare のデベロッパではない、念のため)から得たインサイド情報によると、ほんのちょっとした、つまらない問題でアップルの恩顧を失うことになるのはいとも簡単だという。それでも、アップルの高圧的かつ独裁的なバブルカプセルの外側で、すべてを厳しく締め付けられるのに比べれば、アップルと同じ側にいる方がずっとましだという。アップルは Wal-Mart みたいになっちゃったのだろうか。

So what can we take away from all of this? Neither VMWare nor Parallels is willing to risk angering the deities that reside at Apple corporate just for a few extra software sales. Based off of inside reports that I’ve received from various developers who have to work closely with Apple (no one at Parallels or VMWare, just in case you were curious), it can be very easy to fall out of Apple’s favor for even the slightest, most petty of issues. And yet, they say that being on the outside of Apple’s heavy-handed, dictatorial bubble is a much worse fate than being inside—heavy hands and all. What was I saying again about Apple being like Wal-Mart?

     *      *      *

上記の記事は「PC で OS X が動く」といっているのも同然だ。

それを阻んでいるのは技術ではなく、ビジネス上の配慮にあるというわけだ。

インテル移行によって x86 ベースのハードウェアなら如何なる OS にでも仮想化できる状況が現実のものとなっているらしい。仮想化技術とはそれほど強力だいうことか。

iTunes でダウンロードした曲を iPod というハードに縛り付けているのが FairPlay だとすると、OS X をマックというハードに縛り付けているものは何だろう。

ハッカーの目がそちらに向かってもおかしくはない。

Boot Camp や Parallels、VMWare などの登場で一応収まっているかに見える OSx86 ハッキングだが、仮想化という現実がまたもやパンドラの箱を開くのかもしれない。

それにしても、先の Fortune の記事の「既に一部のユーザーは、デルや、HP、その他の PC 上で Mac OS を走らせるのに、現行の VMWare x86 向けデスクトップ製品を使っている」という下りはとても気になる。

Technorati Tags: , , , ,

広告

1件のコメント »

  1. Apple、サブノート市場へ再参入へ

     こん○○は!!ホイヤーです。本日の更新は 「Appleのセキュリティアップデートで一時不具合発生」と「Apple、サブノート市場へ再参入へ」他をご案内いたします。○アンクル・ホイヤーの独り言・・。 花粉で くしゃみが・・。○マックな話題・・いろいろ・・。Appleの……

    コメント by Macとえいちやin楽天広場 — 2007年 2月 18日 @ 20:04


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中