maclalalaweblog

2007年 2月 8日

Steve Jobs の公開書簡(仮訳)

Filed under: ひと,アップル — shiro @ 01:03

Thoughtsonmusic

アップルサイトに掲載された Steve Jobs の公開書簡は非常に大きな反響を呼んでいる。

アップルの将来にとって、また DRM を考える上で欠かせない文書となると思われるので、その仮訳を試みた。

Apple:”Thoughts on Music” by Steve Jobs:2月6日

      *      *      *

アップルの iPod ミュージックプレーヤと iTunes オンラインミューシックストアが世界的に驚くべき成功を収めたのを見て、アップルは DRM(digital rights management、デジタル著作権管理)技術を「開放」すべきだと要求する一部のひとたちがいる。アップルは DRM を採用することによって、音楽の盗用を防いでいる。iTunes から購入された音楽が他社のデジタル機器で再生できないようにするためであり、他社のオンラインミュージックストアで購入された保護された音楽が iPod で再生されないようにするためだ。それでは、現状がとうなっているか、どうしてこうなったかを検討するとともに、将来の三つの可能性について考えてみよう。

With the stunning global success of Apple’s iPod music player and iTunes online music store, some have called for Apple to “open” the digital rights management (DRM) system that Apple uses to protect its music against theft, so that music purchased from iTunes can be played on digital devices purchased from other companies, and protected music purchased from other online music stores can play on iPods. Let’s examine the current situation and how we got here, then look at three possible alternatives for the future.

      *      *      *

iPod はオープンな形式に対応

まず最初に、iPod は DRM を施していない音楽や、MP3、AAC のような「オープン」でライセンス可能なフォーマットで作成された音楽なら、すべてを再生することができるということを思い出しておいた方がいいだろう。iPod ユーザーは、手持ちの CD を含むたくさんのソースから音楽を入手することが出来るし、現にそうしている。CD の音楽は、iTunes ジュークボックスソフトに簡単にインポートできる。このソフトは無料でダウンロードでき、マックでも PC でも動かすことのできる。また、CD の音楽は、DRM を施していないオープンな AAC または MP3 フォーマットに自動的にコード変換される。この音楽は、iPod はもちろんのこと、これらのオープン形式を再生できる音楽プレーヤならどれでも聴くことができる。

To begin, it is useful to remember that all iPods play music that is free of any DRM and encoded in “open” licensable formats such as MP3 and AAC. iPod users can and do acquire their music from many sources, including CDs they own. Music on CDs can be easily imported into the freely-downloadable iTunes jukebox software which runs on both Macs and Windows PCs, and is automatically encoded into the open AAC or MP3 formats without any DRM. This music can be played on iPods or any other music players that play these open formats.

      *      *      *

4大レーベル

アップルが iTunes Store で販売する音楽について摩擦が生じている。アップル自体は音楽そのものを所有しておらず、何らコントロールしていないので、他者、就中(なかんずく)「音楽大手4社」(big four)から音楽配布のライセンスを受けなければならない。Universal、Sony BMG、Warner および EMI の大手4社だ。これらの4大レーベルが世界の音楽流通の 70% 以上を支配している。アップルが4大レーベルに対し、インターネットで合法的に彼らの音楽を配信するライセンスを与えてほしいと申し出たとき、彼らは非常に警戒的で、彼らの音楽が違法にコピーされないような保護をアップルに対して要求した。その解決策が DRM システムだった。DRM は iTunes で購入した音楽を特別な秘密のソフトウェアで包むことにより、未承認のデバイスでは再生出来ないようにするものだ。

The rub comes from the music Apple sells on its online iTunes Store. Since Apple does not own or control any music itself, it must license the rights to distribute music from others, primarily the “big four” music companies: Universal, Sony BMG, Warner and EMI. These four companies control the distribution of over 70% of the world’s music. When Apple approached these companies to license their music to distribute legally over the Internet, they were extremely cautious and required Apple to protect their music from being illegally copied. The solution was to create a DRM system, which envelopes each song purchased from the iTunes store in special and secret software so that it cannot be played on unauthorized devices.

画期的な利用権

アップルは、当時としては画期的な利用権を取り付けることができた。それによって、ユーザーは DRM のプロテクトをかけた音楽を、5台までのコンピュータおよび台数無制限の iPod 上で再生することが可能になった。レコード会社からそのような利用権を獲得できたのは、当時としては例のないことであり、現在においても他のデジタル音楽サービスのほとんどにおいて例を見ないものだ。それでも、我々がレコード会社と結んだ協定の中心的な条項は、もし DRM が破られ、彼らの音楽が未承認のデバイスでも再生可能になるという事態が生じた場合には、数週間のうちに問題を解決しなければ全ての楽曲を iTunes ストアから引き引き揚げるというものだった。

Apple was able to negotiate landmark usage rights at the time, which include allowing users to play their DRM protected music on up to 5 computers and on an unlimited number of iPods. Obtaining such rights from the music companies was unprecedented at the time, and even today is unmatched by most other digital music services. However, a key provision of our agreements with the music companies is that if our DRM system is compromised and their music becomes playable on unauthorized devices, we have only a small number of weeks to fix the problem or they can withdraw their entire music catalog from our iTunes store.

秘密のカギ

違法コピーを防止するためには、DRM システムはプロテクトをかけた音楽が認証されたデバイスでしか再生できないようにする必要があった。もし DRM のかかった曲がインターネットに公開されても、ダウンロードしたひとのコンピュータや携帯音楽機器で再生されてはならないのだ。そうするために、DRM は秘密[のカギ]を採用する。秘密にする以外に[秘密のカギを使わないで]コンテンツを保護することなぞできはしない。いい換えれば、最も高度の暗号を使って実際音楽にカギをかけたとしても、ユーザーのコンピュータや携帯音楽プレーヤで使えるよう解読するカギそのものは「隠さ」ざるを得ないのだ。そんな秘密[に隠す方法]を必要とせずに操作できる DRM なんてこれまで存在しなかった。

To prevent illegal copies, DRM systems must allow only authorized devices to play the protected music. If a copy of a DRM protected song is posted on the Internet, it should not be able to play on a downloader’s computer or portable music device. To achieve this, a DRM system employs secrets. There is no theory of protecting content other than keeping secrets. In other words, even if one uses the most sophisticated cryptographic locks to protect the actual music, one must still “hide” the keys which unlock the music on the user’s computer or portable music player. No one has ever implemented a DRM system that does not depend on such secrets for its operation.

イタチごっこ

問題は、世の中には頭のいいひとが大勢いるということだ。しかもたっぷり時間があって、そんな秘密を解くのが好きで、だれでもタダの(かつ盗まれた)音楽を入手できる方法を公開するのが好きなひとがいる。彼らはしばしば成功する。そのため、DRM でコンテンツをプロテクトしようとする会社は、新しくで、さらに解くのが難しい秘密で絶え間なくアップデートする必要がある。こうなるとイタチごっこだ。アップルの DRM は FairPlay と呼ばれている。これまで少ないながらも FairPlay が破られたことがあった。しかし、iTunes のソフトを更新し、iTunes ジュークボックスソフトや iPod 自体のソフトを更新することによって、うまくこれを繕うことができた。これまでのところ我々は、レコード会社に対し、彼らの音楽を保護するという約束を守ることができたし、ユーザーに対しては、合法的な音楽ダウンロードサービスで得られる最も自由な利用権を提供することができた。

The problem, of course, is that there are many smart people in the world, some with a lot of time on their hands, who love to discover such secrets and publish a way for everyone to get free (and stolen) music. They are often successful in doing just that, so any company trying to protect content using a DRM must frequently update it with new and harder to discover secrets. It is a cat-and-mouse game. Apple’s DRM system is called FairPlay. While we have had a few breaches in FairPlay, we have been able to successfully repair them through updating the iTunes store software, the iTunes jukebox software and software in the iPods themselves. So far we have met our commitments to the music companies to protect their music, and we have given users the most liberal usage rights available in the industry for legally downloaded music.

      *      *      *

こういう背景を踏まえて、それでは未来における三つの異なる可能性を探ってみよう。

With this background, let’s now explore three different alternatives for the future.

第一の選択肢:現状維持

まず第一の選択肢は、現在の路線をそのまま続けることだ。メーカーは「上から下まで」まったく自分独自の(proprietary、互換性のない)システムで、自由に販売し、再生し、音楽を保護するのだ。非常に競争の激しいマーケットで、主立った世界企業が巨大な投資をして、新しい音楽プレーヤやオンラインミュージックストアを開発する。アップルも、マイクロソフトもソニーも、みんな独自のシステムで競い合っている。マイクロソフトの Zune ストアで購入した曲は Zune プレーヤでしか聴けない。ソニーの Connect ストアで購入した曲はソニーのプレーヤでしか聴けない。そして、アップルの iTunes ストアで購入した曲は iPod でしか聴けない。。これが現在の業界の状況であり、革新的な製品がつぎつぎと登場し、広い選択肢を与えられることによって顧客も利益を得ている。

The first alternative is to continue on the current course, with each manufacturer competing freely with their own “top to bottom” proprietary systems for selling, playing and protecting music. It is a very competitive market, with major global companies making large investments to develop new music players and online music stores. Apple, Microsoft and Sony all compete with proprietary systems. Music purchased from Microsoft’s Zune store will only play on Zune players; music purchased from Sony’s Connect store will only play on Sony’s players; and music purchased from Apple’s iTunes store will only play on iPods. This is the current state of affairs in the industry, and customers are being well served with a continuing stream of innovative products and a wide variety of choices.

特定の製品に縛り付けられるか

中には、顧客がある特定の音楽ストアから沢山の音楽を購入することによって、その特定の会社の音楽プレーヤに永久に縛り付けられるというひともいる。ある特定のプレーヤを買うと、その会社の特定の音楽ストアで買わざるを得なくなるというひともいる。本当にそうだろうか。それでは iPods や iTunes ストアのデータをみてみよう。これらは一番人気のある製品であり、我々がその正確なデータを持っている。2006 年末までに 9000 万台の iPod が売れ、iTunes ストアで 20 億曲が売れた。平均すると iPod 1台当たり 22 曲が売れたことになる。

Some have argued that once a consumer purchases a body of music from one of the proprietary music stores, they are forever locked into only using music players from that one company. Or, if they buy a specific player, they are locked into buying music only from that company’s music store. Is this true? Let’s look at the data for iPods and the iTunes store – they are the industry’s most popular products and we have accurate data for them. Through the end of 2006, customers purchased a total of 90 million iPods and 2 billion songs from the iTunes store. On average, that’s 22 songs purchased from the iTunes store for each iPod ever sold.

今一番売れている iPod には平均 1000 曲がはいる。調査の結果では、どの iPod もほぼ満杯だ。ということは、1000 曲のうちたった 22 曲、すなわち iPod の 3% 未満が iTunes ストアから購入されているということであり、DRM でプロテクトされているということだ。残りの 97% の音楽は、プロテクトがかかっておらず、オープンフォーマットを再生出来るプレーヤでならどれでも聴けるということだ。平均的な iPod のたった 3% の曲によって、未来永劫 iPod だけを買わざるを得なくなるというのはとても信じられない。平均的な iPod の 97% の曲は iTunes ストアでは購入されていないのだから、iPod ユーザーが iTunes ストアに縛り付けられている訳ではないということは明らかだ。

Today’s most popular iPod holds 1000 songs, and research tells us that the average iPod is nearly full.  This means that only 22 out of 1000 songs, or under 3% of the music on the average iPod, is purchased from the iTunes store and protected with a DRM. The remaining 97% of the music is unprotected and playable on any player that can play the open formats.  Its [sic] hard to believe that just 3% of the music on the average iPod is enough to lock users into buying only iPods in the future.  And since 97% of the music on the average iPod was not purchased from the iTunes store, iPod users are clearly not locked into the iTunes store to acquire their music.

      *      *      *

第二の選択肢:FairPlay のライセンス

第二の選択肢は、異なる会社のプレーヤや音楽ストア間の互換性を実現するため、アップルが現在および未来の競争相手に対して FairPlay DRM 技術をライセンスすることだ。一見これはいい考えのようの思える。現在および未来の消費者の選択肢が広がるように見えるからだ。それにアップルも FairPlay DRM ライセンスフィーを徴することによって潤うかもしれない。しかし、ちょっと深く考えれば問題が生じてくるのだ。一番深刻な問題は、DRM をライセンスするにあたって多くの会社のたくさんのひとに秘密を明かす必要があることだ。秘密は必ず漏れるというのが歴史の教えるところだ。秘密が漏れた場合、インターネットによってとても被害が大きくなる。ひとつでも漏れるとあっという間に世界中に広がるからだ。そんなリークによって DRM を解除する無料ソフトがすぐネット上に現れ、その結果それまで保護されていた曲が未認可のプレーヤで再生できることにもなり得る。

The second alternative is for Apple to license its FairPlay DRM technology to current and future competitors with the goal of achieving interoperability between different company’s players and music stores. On the surface, this seems like a good idea since it might offer customers increased choice now and in the future. And Apple might benefit by charging a small licensing fee for its FairPlay DRM. However, when we look a bit deeper, problems begin to emerge. The most serious problem is that licensing a DRM involves disclosing some of its secrets to many people in many companies, and history tells us that inevitably these secrets will leak. The Internet has made such leaks far more damaging, since a single leak can be spread worldwide in less than a minute. Such leaks can rapidly result in software programs available as free downloads on the Internet which will disable the DRM protection so that formerly protected songs can be played on unauthorized players.

アップデートの手間

同様に深刻な問題は、そんなリークによってもたらされた被害をどうやって早急に解決するかという問題だ。うまく修復出来た場合でも、ミュージックストアのソフトやミュージックジュークボックスのソフト、それにプレーヤのソフトを新しい秘密で強化し、さらにその更新されたソフトを何百万、何千万というマックやウインドウズ PC、既に使われているプレーヤに移送するという問題がある。これらはすべて早急かつ整然となされる必要がある。そんな仕事は、一社だけがすべてをコントロールしているときでも難しい。ましてや複数社がそれぞれの部分をコントロールしているとなると、リークによってもたらされた被害を早急に修復すべくすべての会社が一緒にかかるということはほとんど不可能だ。

An equally serious problem is how to quickly repair the damage caused by such a leak. A successful repair will likely involve enhancing the music store software, the music jukebox software, and the software in the players with new secrets, then transferring this updated software into the tens (or hundreds) of millions of Macs, Windows PCs and players already in use. This must all be done quickly and in a very coordinated way. Such an undertaking is very difficult when just one company controls all of the pieces. It is near impossible if multiple companies control separate pieces of the puzzle, and all of them must quickly act in concert to repair the damage from a leak.

DRM のライセンスは困難

アップルとしては、FairPlay を他者にライセンスした場合、もはや4大レーベルからライセンスを受けた音楽を保護することが出来なくなるという結論に達した。最近マイクロソフトが、同社の DRM のライセンスを「オープン」モデルから、独自のミュージックストア、独自のジュークボックスソフト、独自のプレーヤというように「クローズド」モデルに重点を切り替えたのも、たぶん同じ結論に達したためかもしれない。

Apple has concluded that if it licenses FairPlay to others, it can no longer guarantee to protect the music it licenses from the big four music companies. Perhaps this same conclusion contributed to Microsoft’s recent decision to switch their emphasis from an “open” model of licensing their DRM to others to a “closed” model of offering a proprietary music store, proprietary jukebox software and proprietary players.

      *      *      *

第三の選択肢:DRM の撤廃

第三の選択肢は、DRM の完全撤廃だ。すべてのオンライン音楽ストアが、DRM フリーの、ライセンス可能なオープン形式に変換された音楽を販売するそんな世界を想像して欲しい。そんな世界なら、どこで買った曲でもすべてのプレーヤで聴け、すべてのプレーヤで聴ける曲をどの音楽ストアでも売ることができるのだ。これは明らかに消費者にとって最善の選択肢だ。アップルは即座にこれを受け入れるだろう。もし4大レーベルが DRM なしの音楽販売ライセンスを供与するなら、iTunes ストアは DRM フリーの音楽だけを販売することに転換するだろう。これまで製造された iPod はすべて、この DRM フリーの音楽を再生できるだろう。

The third alternative is to abolish DRMs entirely. Imagine a world where every online store sells DRM-free music encoded in open licensable formats. In such a world, any player can play music purchased from any store, and any store can sell music which is playable on all players. This is clearly the best alternative for consumers, and Apple would embrace it in a heartbeat. If the big four music companies would license Apple their music without the requirement that it be protected with a DRM, we would switch to selling only DRM-free music on our iTunes store. Every iPod ever made will play this DRM-free music.

違法コピー防止には役立たない

4大レーベルがアップルや他社に対し、DRM プロテクトなしで音楽を流通させることを許すと考えるのは何故か。一番シンプルな答えは、音楽の海賊行為を防ぐのに DRM はこれまで役に立ってこなかったし、これからも決して役に立たないからだ。4大レーベルはオンラインで販売される音楽はすべて DRM で保護することを要求する。ところがその同じ会社が、まったくプロテクトのない CD を毎年何十億枚も販売している。そうなのだ。これまで音楽 CD のための DRM は開発されてこなかった。したがって CD で販売された曲はインターネットに簡単にアップロードできるし、(違法に)ダウンロードして、どんなコンピュータやプレーヤでも再生出来るのだ。

Why would the big four music companies agree to let Apple and others distribute their music without using DRM systems to protect it? The simplest answer is because DRMs haven’t worked, and may never work, to halt music piracy. Though the big four music companies require that all their music sold online be protected with DRMs, these same music companies continue to sell billions of CDs a year which contain completely unprotected music. That’s right! No DRM system was ever developed for the CD, so all the music distributed on CDs can be easily uploaded to the Internet, then (illegally) downloaded and played on any computer or player.

DRM フリーの曲を売るレコード会社

2006 年に世界中のオンラインストアで販売された DRM 付きの曲の総数は 20 億曲に充たない。一方、なんのプロテクトもない CD で 200 億曲以上の DRM フリーの曲がレコード会社自身によって販売された。レコード会社自身が DRM フリーの曲を販売するという傾向が変わる兆しはない。なぜなら、レコード会社の収入の圧倒的部分は DRM システムをサポートしない CD プレーヤで再生できる CD の販売から得ているからだ。

In 2006, under 2 billion DRM-protected songs were sold worldwide by online stores, while over 20 billion songs were sold completely DRM-free  and unprotected on CDs by the music companies themselves. The music companies sell the vast majority of their music DRM-free, and show no signs of changing this behavior, since the overwhelming majority of their revenues depend on selling CDs which must play in CD players that support no DRM system.

限られた参入者

では、レコード会社が音楽の 90% 以上を DRM フリーで売っているのなら、残りの数%の音楽を DRM 付きで売ることにどういう意味があるのだろうか。とても意味があるようには思えない。たとえあったとしても、DRM システムの開発、運用、更新に要する専門技術とそのための諸経費は、DRM 付き音楽ストアの数を制限してきた。そのような制約要件が外されれば、革新的な音楽ストアやプレーヤに投資する意欲のある新興企業が参入するかもしれない。これはレコード会社にとってプラス以外のなにものでもないのではないか。

So if the music companies are selling over 90 percent of their music DRM-free, what benefits do they get from selling the remaining small percentage of their music encumbered with a DRM system? There appear to be none. If anything, the technical expertise and overhead required to create, operate and update a DRM system has limited the number of participants selling DRM protected music. If such requirements were removed, the music industry might experience an influx of new companies willing to invest in innovative new stores and players. This can only be seen as a positive by the music companies.

ヨーロッパの懸念

DRM に関する懸念のほとんどはヨーロッパ諸国で起きている。現状に不満なひとたちは、DRM フリーで音楽を販売するようレコード会社を説得することにそのエネルギーを向け直すべきだ。4大レーベルのうち二つ半はヨーロッパにある。最大の Universal は Vivendi が 100% 所有するフランスの会社だ。EMI は英国の会社だし、Sony BMG は 50% をドイツの Bertelsmann が所有している。アップルや他の会社に DRM フリーの音楽をライセンスするよう説得できれば真に互換性のある音楽市場が創出されるだろう。アップルは諸手を挙げてこれを受け入れる。

Much of the concern over DRM systems has arisen in European countries.  Perhaps those unhappy with the current situation should redirect their energies towards persuading the music companies to sell their music DRM-free.  For Europeans, two and a half of the big four music companies are located right in their backyard.  The largest, Universal, is 100% owned by Vivendi, a French company.  EMI is a British company, and Sony BMG is 50% owned by Bertelsmann, a German company.  Convincing them to license their music to Apple and others DRM-free will create a truly interoperable music marketplace.  Apple will embrace this wholeheartedly.

      *      *      *

非常によく練られた文書であることは読んでのとおり。

最後の下りは、そういう攻め方もあったかと思わずニヤリとした。これぞ「One last thing」だ。

Jobs のプレゼンテーションと同じ気配りが随所に見られて興味深い。

少しでも多くの方に読まれる価値のあるものだと思い仮訳を試みたが、まったく素人の一個人でどこの組織とも関係ないこと、読み間違いや訳し間違いは偏に筆者個人の責任であることをお断りする。

Technorati Tags: , , , ,

広告

3件のコメント »

  1. Steve Jobsが発表したThoughts on Musicって、結局何だろう

    Apple Inc.とCorp.の和解が成立したと思ったら、昨日は、Steve JobsがThoughts on Musicって署名書簡を公開。ちょうど24時間前に、即記事書こうと思ったんだけど、何か割り切れないものを感じてそのままにしてました。
    多分、何かいろいろなものが戦略的に繋がってるんですよ、これ。絶対。
    単に、ヨーロッパでFairPlayへの圧力が強まっている事への対応、って事じゃないよね。それだけで、Jobsがいちい�…

    コメント by 浪花娘。に恋しちゃった (・∀・) — 2007年 2月 8日 @ 04:19

  2. Jobsさん、現実湾曲フィールド炸裂! の「音楽の考察」

    Apple.comにSteve Jobsのメッセージ“Thoughts on Music”が公開されました。事の背景は、欧州でアップルに対するDRMのオープン化の波が高まっていることを受けての内容ですが、ここでも現実湾曲フィールドが炸裂してます。…

    コメント by KenG Weblog - Macと音楽と映画のDiggyな話題 — 2007年 2月 8日 @ 08:15

  3. 「Thoughts on Music」に思う

    今はアップルの契約がそろそろ1年の満期を迎える「春闘」のタイミング。ショーン・ファニングが世紀末に言ってレーベルに全く相手にされなかったことを、ちゃんと時間をかけて相手…

    コメント by Long Tail World — 2007年 2月 9日 @ 04:05


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中