maclalalaweblog

2007年 1月 29日

OS X は PC でも動く:Parallels と VMware


[Benjamin Rudolph, Parallels]

マックワールドの iPhone のニュースの陰で、仮想化技術をめぐる非常に興味深い話題がある。

Parallels や VMware を使うと、普通の PC で OS X が動くらしいのだ。

CNN:”Windows on the Mac changes everything” by David Kirkpatrick [Fortune]:1月22日

      *      *      *

Parallels Coherence

マック OS とウインドウズの境界がぼやけてきている。それは PC の世界でいずれ起きる重大な変化を予告するものだ。Parallels という名前の小さな会社がマックワールドで賞を勝ち取った。同社のヒット商品の最新版は、二つの OS をマック上で同時に走らせることができる。これは実に飛躍的な進歩なのだ。

NEW YORK (Fortune) — The lines between the Mac OS and Windows are starting to blur. And that portends major changes going forward in the world of PCs. At MacWorld, a little company called Parallels won awards for the latest version of its hit product, which enables you to run both operating systems at the same time on a Macintosh. It’s a major breakthrough.

Parallels の従前のバージョンでも二つの OS を同時に動かすことはできたが、二つの間をスイッチして行ったり来たりする必要があった。しかし2月中旬出荷予定の Parallels の Coherence 製品を使えば、デスクトップに複数のウインドウを開いたまま、いろいろなアプリケーションを普通の場合と同じように走らせることができる。これまでと違うのは、ウインドウズとマックのアプリケーションが動いているウインドウとウインドウの間を、あたかもマックだけ動かしているときのように行き来できる点だ。Parallels は 79 ドルするが、マックユーザーはその他にウインドウズのコピーを買う必要がある。

While the last version of Parallels allowed you to run both operating systems at once, it still required you to switch back and forth between the two. Now, however, Parallels’ Coherence product, which the company says will ship by mid-February, lets you keep multiple windows open on your desktop, just as you normally would, running a variety of applications. Except now you can switch between windows running Windows and Mac applications just as if they were all Mac. (Parallels costs $79, though Mac owners also have to buy a copy of Windows to use it.)

      *      *      *

仮想化技術

これは x86 をベースとしたコンピュータの仮想化(virtualization)と呼ばれる技術の最新の成果だ。仮想化技術とは、コンピュータの性能の一部(ハードの場合も、ソフトの場合もある)を隔離することによって、複数の機能を同時に進行させる一方で、相互干渉するリスクを減らす技術のことだ。

This is the fruit of recent major advances on x86-based computers in the technique called virtualization, a technique for isolating aspects of computing performance – sometimes hardware and sometimes software – so multiple functions can be underway simultaneously, while reducing the risk they will interfere with one another.

      *      *      *

ロシアコネクション

仮想化技術の世界には地殻変動が起きている。Parallels は結局のところ弱小企業なんかではなかった。3年ほど前、大企業の仮想化を専門とする SWsoft に密かに買収されていたのだ。その事実は現在に至るまで明らかにされたことがなかった。

The tectonics of virtualization are shifting. It turns out that Parallels is not such a little company after all. About three years ago it was quietly purchased by an enterprise-focused virtualization company called SWsoft, a fact that has never been publicly disclosed until now.

SWsoft とその子会社 Parallels は、両方ともロシアとアメリカにまたがる活動をしている。 SWsoft の CEO Serguei Beloussov はバージニアを根拠地としているが、モスクワをベースとするプログラマを支配している。SWsoft によって買収されたときは僅か7人だったParallels の従業員は、現在では 100 人を超えている。そのほとんどはロシアの研究開発者だ。

SWsoft and its Parallels subsidiary are both Russian-American operations. SWsoft CEO Serguei Beloussov, based in Virginia, calls the shots for programmers who are based in Moscow. Parallels employed only seven when SWsoft bought it, but today has 100 people, mostly in Russian R&D.

      *      *      *

仮想化の大手 VMware

一方、仮想化技術の雄 VMware も、自らのマック向け製品を着々と準備している。Parallels がやれることの大部分をやることを目的としている。VMware によれば、同製品は夏までには出荷されるという。

Meanwhile, the gorilla of virtualization, VMware, is well along with its own product for the Mac, one that aims to do many of the same things as Parallels. VMware says that product should ship by summer.

      *      *      *

インテル移行

一年前アップルが PC と共通の x86 プロセッサに移行したことで、仮想化技術の門戸は大きく開かれたのだ。アップルの Steve Jobs は自らのソフトウェアを動かすハードウェアに対する支配力を断固として譲らないが、まさにアップルが x86 に移行したことにより彼の支配力は弱まってきているのだ。

When Apple switched a year ago to using the same standard x86 processors that other PC companies use, it opened the door to all this progress on virtualization. Apple CEO Steve Jobs has always been adamant about controlling the hardware on which his software operates, but because of Apple’s switch to x86 his ability to maintain that control is now diminishing.

Parallels も、VMware も、x86 ベースのハードウェアなら如何なる OS にでも仮想化できる。でも、もっぱらマックへの仮想化だけがみんなの興奮を呼んでいる。なぜなら、日常使うには Mac OS が最も易しく、最も楽しいものだからだ。木曜日に Walt Mossberg がウォールストリートジャーナルで触れたのを始めとして、多くの批評家が繰り返しているように、新しいマイクロソフトの Vista は大いに改良されたとはいえ、まだマックには及ばないのだ。

Both Parallels’ and VMware’s products virtualize x86 hardware for any operating system, but the excitement for desktops has been almost entirely about what it means for the Mac. That’s because Mac OS remains the easiest and most enjoyable software to use day in and day out. Microsoft’s new Vista, despite being a major advance, doesn’t really change that, as many reviewers including Walt Mossberg in Thursday’s Wall Street Journal have recently reiterated.

これまで法人ユーザーは Mac OS に移行することが不可能だった。というのも、ウインドウズでしか動かないマイクロソフトの Outlook のようなアプリケーションが必要だったからだ。しかしその問題も解決しつつある。Beloussov によれば、今や Parallels はかなりの数の大企業と移行について話を進めているという。

Until now it hasn’t been possible to for most corporate users to switch to the Mac OS because they needed applications that only ran on Windows, notably Microsoft Outlook. But that problem is melting away. Beloussov says Parallels is now talking to a number of big companies about making the switch.

      *      *      *

PC でも動く

VMware の CEO Diane Greene は先週私につぎのように語った。既に一部のユーザーは、デルや、HP、その他の PC 上で Mac OS を走らせるのに、現行の VMware x86 向けデスクトップ製品を使っている。 ただし、それは VMware にしてみれば本意ではないけれど・・・

VMware’s CEO Diane Greene told me last week that her company’s existing x86 desktop product is already being used by some to run Mac OS on computers from Dell, Hewlett-Packard and others, though this is not intentional on VMware’s part.

SWsoft の Beloussov はいう。この春 Parallels はさらなるアップグレードを行なうが、そのことによってアップル以外のコンピュータで Mac OS を走らせることが、偶然の結果とはいえ容易になるだろう。これは決して意図的なものではない、と Beloussov は強調する。インテルチップに仮想化技術が実装されたことにより、技術の自然な結果としてそうなったのだ、と。

SWsoft’s Beloussov says that this spring, Parallels will upgrade its software further, in a way that by coincidence will make it easier to run Mac OS on a non-Apple computer. He also insists that is not deliberate, but just a consequence of the nature of the technology, especially now that Intel builds virtualization technology into its chips.

      *      *      *

意図的に制限

アップル以外の製品では Mac OS が動かないようにというアップルの要求に配慮して、両社のマック向け製品はどれも意図的に一部の機能を制限している。しかし、圧力が次第に増してきて、アップルや Jobs が抑えるのはますます難しくなってきたように見える。

Both companies’ products specifically aimed at the Mac will remain self-consciously crippled in order to satisfy Apple’s demands that users not be encouraged to put Mac OS on a non-Apple machine. But pressures seem to be building in a way that Apple and Jobs will increasingly have a hard time controlling.

      *      *      *

高まるプレシャー

VMware のマック向け製品が遅れているひとつの理由は、アップルの協力と承認を得るのに非常に手間取ったことにある、と Greene はいう。「彼らが望む方向でやろうとしたのだけれど、今考えてみれば自分たちのやり方で進めればよかったと思う。 Steve Jobs がどうする気なのか分からない。というのも、Mac OS をマック以外のマシンで動かそうとするプレシャーがすごいからだ。技術的にはそうできない理由はないのだから。Jobs は何事も独自のやり方を押し通そうとする。それは彼にとって非常に戦略的なテなのかもしれない。」Beloussov も、彼なりに同意する。

Greene says one reason VMware’s Mac product is delayed is that it was so time-consuming to get Apple’s cooperation and blessing. “We were trying to do it the way they wanted to, but in hindsight we should have just gone ahead,” she says. “I wonder what Steve Jobs is going to do, because there is so much pressure to run Mac OS on non-Macs. There’s no technical reason not to do it. He’s so proprietary about everything, yet it could be a very strategic move for him to make.” Beloussov, for his part, agrees.

2005 年6月、Michael Dell がデルマシンに Mac OS を載せて出荷したがっているという特ダネを私は書いた。先週私に対するEメールで、彼の考えは変わらないといっている。「もしユーザーが望み、かつアップルが妥当な条件でライセンスを与えるなら、我々としては MacOS を提供するだろう。・・・そうするかどうかはアップルが決めることだ。」

In June 2005 I broke the news that Michael Dell wanted to ship Mac OS on Dell machines. Last week in an e-mail he confirmed to me that his thinking hasn’t changed. “We would offer MacOS,” he wrote, “if customers wanted it and Apple would license it on reasonable terms…It’s Apple’s decision.”

Steve Jobs に対する圧力は高まっている。仮想化技術の進歩につれて、Jobs とは異なるやり方で彼のソフトウェアを売りたいという、デルや他社の求めに応じないでいることは、ますます難しくなってくるだろう。

The pressures are building on Steve Jobs. Eventually, as virtualization improves, it will prove harder and harder not to accede to Dell and others who want to sell his software in different ways.

      *      *      *

打って出る SWsoft / Parallels

一方、SWsoft は近い将来いくつかの大きな変更を行う予定だ。まず、Parallels はこの夏にはサーバー市場に参入するつもりだ。これまでのところ、SWsoft の大企業向け製品と異なり、Parallels はハードウェアをベースとする仮想化方式をとっており、その点では VMware と同じだ。Parallels は小企業や大企業の中の特定部門を対象とする予定だ。一方 VMware は世界中の大企業を相手にしている。SWsoft の Beloussov には、永年の念願であった VMware との直接対決を隠そうとする気配はない。もうひとつの計画とは、SWsoft のマネジメントツールを Parallels のものと統合しようという計画だ。仮想化でもっとも収益性の高い分野は、すべての流れを把握するツールであることがますますはっきりしてきた。

Meanwhile, SWsoft has several big changes up its sleeve for the near future. For one, Parallels, which unlike SWsoft’s enterprise product uses the same hardware-based virtualization approach as VMware does, will enter the server market by this summer. It will focus on small companies and departments in large ones, whereas VMware sells to just about every big company in the world. SWsoft’s Beloussov makes no bones about his longterm intention to go head-to-head with VMware. Another planned change is the integration of SWsoft’s management tools with Parallels. One of the most profitable realms in virtualization is increasingly the tools to keep track of it all.

      *      *      *

この記事は、二つの点で注目を浴びた。

ひとつは、凄まじい快進撃を続ける無名の会社がロシアとつながりがあったことだ。

もうひとつは、Mac OS X が普通の PC(generic PC)で動くようになるのも時間の問題だと感じさせたことだ。

仮想化技術(virtualization)を軸に、2007 年がどんな展開を遂げるか興味津々だ。

なお、Parallels については The Tech Night Owl LIVE のポッドキャストがおもしろい。プロダクトマネージャ Benjamin Rudolph の生の声がたっぷり聞ける。

Podcast:The Tech Night Owl LIVE:1月25日[36:00 〜]

The Tech Night Owl LIVE は、前にも何度も Benjamin Rudolph のインタビューをしているが、どうやらお互いにロシアにルーツがある縁らしい。

      *      *      *

参考:

・CNN:”Windows on the Mac changes everything” by David Kirkpatrick [Fortune]:1月22日
・Podcast:The Tech Night Owl LIVE:1月25日[36:00 〜]

ロシアコネクション

・Macworld:”Parallels acknowledges parent company” by Peter Cohen:1月22日
・Infinite Loop:”Parallels acknowledges SWsoft ownership” by Jacqui Cheng:1月22日

OS X PC で動く

・Engadget:”Parallels to turn it around, help Mac OS onto generic PC boxen” by Paul Miller:1月22日
・InsanelyMac Forum:”OS X coming to PCs…What the hell?“:1月22日
・WebProNews:”Will Steve Jobs Let Mac OS Run on Intel Boxes” by Mathew Ingram:1月23日
・TUAW:”Welcome to Bizarro World: Parallels and VMware running Mac OS X on XP?” by Michael Rose:1月23日

Technorati Tags: , , ,

広告

7件のコメント

  1.  とても興味深い話です。
    この話は、ここ最近は目立ったデスクトップMacが発表されいないこと、Appleが社名からComputerを取り除いたこととを思いおこさせます。

     想像ですが、Jobsは来るべき将来に固有のハードウエアに依存するMacintoshは存続できないだろうということに気づいているのでしょう。

     特定のカテゴリでMac OSが動作するハード製品は需要もあるし継続して発表されるでしょう。しかし一般的なデスクトップ機は、デザイン面をのぞけばApple製以外でも動作することになるのでしょう。iPhoneやAppleTVは、今すぐどうこうと言うことではなく、来るべき将来に向けての製品だと思います。

     つまりパソコン以外でMacintoshが動作し続けることこそが必要となる時代がすぐそこにきているということではないのでしょうか。

    Jobsがデジタルハブといっていた意味がそこにはあると思います。

    コメント by ひでぢ — 2007年 1月 30日 @ 22:46

  2.  ひょんなことから、昨年の半ば程から、ROMしているttoshioです。
    このWebページのシンプルで、非常にスマートなスタイルと,語り口調の文体に、興味を持つようになり、ちょくちょく訪問させていただくことになりました。
    ところで、今回のMac OSXに関する内容ですが、これって、少々穿った見方かもしれませんが、インテルMacになって最初の一歩を踏み出し、そしてBootCampで二歩目をParallelsで三歩目にさらに、「OSX」搭載のiPhoneを四歩目と考えると、全く、その通りの道を歩んできているみたいだなと思ってしまうのです。
    Mac OSX Leopardの隠れた機能のひとつ?に、普通のPCで動作するって言う事もあるのかな?・・・・・・
    もし、そうなって携帯電話中のiPhone同様、遍くPCの中のMac OSXも「あり」なのかなって、本当に思えてしまう。こんな論理って、変でしょうか?
    そうなっても、マシン「Mac」の輝きはちっとも失われないのではないでしょうか。逆に、Mac OSXに近づいてきた、Vistaを凌駕するOSXを普通のPCに
    提供する事で、Windowsの世界を変化させる大きなチャンスになるのでは!? Appleの中心部では、本当はなにがおこっているのでしょうか。Mac OSX Leopardの登場で全てが氷解するのか、どうなるのでしょう。

    コメント by ttoshio — 2007年 1月 30日 @ 23:03

  3. > ひでぢ さん
    ハードとしてのマックの行方に 仮想化の大波が影響を与えているように思えます
    Jobs が意識しているのか それともアップルが押し流されているのか 興味深いところですね

    > ttoshio さん
    当ブログを読んでいただいて ありがとうございます
    Mac OS がハードとしてのマックを超えるのかどうか Leopard の登場で そのあたりを窺い知ることができれば おもしろいのですが・・・

    コメント by shiro — 2007年 2月 1日 @ 01:07

  4. ご先祖様と同じ轍のような・・・
    ユーザによる議論の内容も「当時」と類似しています。

    –> NeXTSTEP (m68k)
    –> NEXTSTEP (x86, SPARC, HP-RISC, m68k)
    –> OPENSTEP (WindowsNT, Solaris, HP-UX, Mach)
    –> Apple Rhapsody (PPC, IA32)
    –> MacOSX/MacOSX Server (PPC)
    –> MacOSX/MacOSX Server (Intel, PPC)

    という「サバイバル」が可能だったのはAppleの存在があったからこそですが、もし、いまのMacOSXやAppleを売る(買える)としたら・・・?

    コメント by 元NeXTユーザ — 2007年 2月 1日 @ 12:37

  5. > 元NeXTユーザ さん
    NEXTSTEP については よく分からないのですが NEXTSTEP の持つクロスプラットフォームとしての役割が 実際にインテルの VT が実現したことにより 影響を受けた(実現しやすくなった)ということはないのでしょうか

    コメント by shiro — 2007年 2月 1日 @ 22:27

  6. 少々言葉足らずでした・・・

    私が言いたかったのは、

    ・非常に優れた設計と評価され各専門分野での実績もあったNEXTSTEP/OPENSTEPも、自社製H/Wを止め複数のプラットフォーム向けOS製品として売り出した結果、ビジネス的に立ちゆかなくなっていったこと。オニのように種類のあるPCパーツの対応やデバイスドライバ提供およびサポートの問題も一因として考えられること。

    ・最近のAppleの動きが、かつてNeXT Computer社が独自H/W製造を止め、NeXT Software社に社名を変更していった流れを想起させること。もちろん時代も状況も意図する方向性も異なるが・・・

    ・AppleはそもそもPowerMacとPC両方に対応させたRhapsodyを提供する計画でいた。またWindows上でRhapsodyアプリを開発実行するためのYellowBox for Windowsも提供する予定だった。しかしデベロッパなどから支持を得られず、結果的にPC向けMacOSはロードマップから消え、今日のMacOSXが誕生したという経緯を思い出すこと。デベロッパはなぜ反対したのかを考えると興味深い。

    といったことでした(←少々どころじゃなく言葉足らずですね。すいません)

    個人的には、

    ・MacOSXがなくなってもらっては困る。
    ・Apple社もサバイバルしていって欲しい。
    ・仮想化技術は歓迎(^.^)

    です。自分でもMBPでMacOSX+Parallels Desktop+Ubuntu Linuxという環境を使っています。

    で、shiroさんがお書きになっていることに異論があるわけではないのですが、VMの上で走らせるならともかく、「PCにネイティブで対応するMacOSX」については(気持ちはもちろんわかるけど)現実としては政治的な問題やビジネス的リスクなどもあって難しいのではないか、無理して・・は困るなぁ、と思ったという話でした。

    現実的には、

    ・Cocoa for Windowsを提供する

    ほうが先かなとも思います。と思ったらタイムリにOSSのCocotronにつての報道がありましたね。日本ではOpen Tech Pressに記事があります(http://opentechpress.jp/developer/article.pl?sid=07/01/23/0121247)

    ともあれ、ここのところの仮想化技術についての動きは興味深いので、今後も注視していきたいと思います。ありがとうございました。

    コメント by 元NeXTユーザ — 2007年 2月 2日 @ 20:42

  7. Mac用仮想PCソフト「Parallels」RC2を試す

     『Mac用仮想PCソフト「Parallels」RC2を試す』という記事より。…

    コメント by キタミテレビ — 2007年 2月 10日 @ 18:56


RSS feed for comments on this post.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。