maclalalaweblog

2007年 1月 7日

Jonathan Ive とその仲間たち

ive

2007 年は大きな変化の予感がする。

これまでの製品はもちろん、これから発表される製品についても、なにか新しいデザインが登場しそうな予感が・・・

だいぶ前になるが Jonathan Ive とその仲間たちについて書かれたとても興味深い記事がある。「Jonathan Ive とは何者か:アップルのデザインマジックを支える人物の詳細な分析。」

BusinessWeek:”Who Is Jonathan Ive?: An in-depth look at the man behind Apple’s design magic”:9月25日

だいぶ長い文章だけれど、Jonathan Ive とその仲間たちがどのように仕事をしているのかよく描かれているので、仕事のやり方に触れている部分を中心に紹介してみたい。

      *      *      *

カルト集団

Jobs がアップルデザインという時代精神の表の顔だとすると、Jonathan Ive は有能なデザインチームを率いる影のリーダーだ。Riley[Ray Riley、元アップルデザイナー]がいうには、「アップルはひとつのカルト(信仰集団)だが、アップルデザインチームはもっと緊密なカルトだ。」とはいっても大きな集団ではなく、せいぜい1ダースほどの集団にすぎないが。ただし、個人としても集団としても、極めて緊密な集団だ。Ive は、アップル製品の多くはデザインスタジオのキッチンでピザを食べているときにその着想を得た、と語ったことがある。

But if Jobs is the public keeper of Apple’s design zeitgeist, then Ive is the private leader of its talented design team. “Apple is a cult, and Apple’s design team is an even more intense version of a cult,” notes Riley. Actually, it’s not a big cult — just a dozen people or so. But they operate at an extremely high level, both individually and as a group. Ive has said that many Apple products were dreamed up while eating pizza in the small kitchen at the team’s design studio.

      *      *      *

自分たちこそが権威

このチームは、何年ものどかで心地よい雰囲気の中で仕事をしてきた。デザイナーの何人かは Ive が 1992 年にアップルにきたとき以前からいた。業界の催しや授賞式に彼らが出席することはほとんどなかった。ことデザインに関しては自分たちが最高の権威であり、外部から認めてもらう必要などないといっているようだった。情報をあまり公開すると他人が追いつく手助けするリスクがあるということもあった。また彼らは個人的にもアップル製品のデザインの繊細さともいうべきものを共有している。それはカジュアルシック(casually chic)であり、エリート主義(elitist)であり、明確にヨーロッパ風(definite Euro bent)だ。そのチームは、30ないし40数人からなり、国際的な才能の持ち主の集まりだ。英国人の Ive に加えて、ニュージーランド人の Danny Coster、イタリア人の Daniele De Iuliis、ドイツ人の Rico Zörkendörfer など。「古き良き仲間たちだ。共通の目的を持ち、エゴを持たない」と、英国ファッションデザイナーの Paul Smith はいう。彼は 1990 年代の終わりに Ives から iMac の新品を贈ってもらって以来の友人だ。「いつも彼らは食事を一緒にし、フィールドトリップも常に一緒だ。彼らは、灰色で薄汚いコンピュータと呼ばれる物体を、使わないひとでも欲しくなるような素晴らしい彫刻作品に変えてしまったのだ。」

It’s a team that has worked in idyllic comfort for many years. Some designers were at the company long before Ive arrived in 1992. They rarely attend industry events or awards ceremonies. It’s as though they don’t require outside recognition because there isn’t any higher authority on design excellence than each other, and because sharing too much information only risks helping others close the gap. And they personally reflect the design sensibilities of Apple’s products — casually chic, elitist and with a definite Euro bent. The team, made up of thirty- and fortysomethings, has a definite international flair. Members include not only the British Ive but also New Zealander Danny Coster, Italian Daniele De Iuliis, and German Rico Zörkendörfer. “Its good old-fashioned camaraderie — everyone with the same aim, no egos involved,” says British fashion designer Paul Smith, a friend since the late 1990s when Ive sent him a new iMac. “They have lots of dinners together, take lots of field trips. And they’ve turned these gray frumpy objects called computers into desirable pieces of sculpture you’d want even if you didn’t use them.”

      *      *      *

何度もなんども繰り返す

Ive のチームのほとんどはサンフランシスコに住んでおり、噂では初任給は約20万ドル、業界平均より5割高だという。一緒に仕事をするのは広いオープンスタジオで、個人用のスペースはほとんどないが、プライバシーは十分保たれているという。アップルの従業員の多くは、進行中の製品を見たりしないように入室を禁じられている。大規模ステレオシステムが音楽を流す。Ive は稼いだカネを最新式の試作音響装置に惜しみなくつぎ込むが、だれにでも出来ることではない。何度もなんども反復作業を繰り返すのが彼のデザインのやり方だ。新しいコンセプトが視覚化できるようになるまで、作ってはまた作り直す。Radical Craft[パサデナ Art Center College of Design 主催のデザイン会議]で Ive はつぎのように語っている。「我々のチームのお家芸のひとつは、間違って見えるようにしようとするセンスだと思う。それは知的好奇心であり、探求しようとするセンスだ。間違いを犯すことにエキサイトするのだ。そうすることによって何か新しいものを発見するからだ。」

Most of Ive’s team live in San Francisco, and rumor has it that the starting salary for the group is around $200,000, some 50% above the industry average. They work together in a large open studio with little personal space but great privacy. Many Apple employees aren’t allowed in, for fear they’d catch a glimpse of some upcoming product. A massive sound system pumps up the music. Ive invests his design dollars in state-of-the-art prototyping equipment, not large numbers of people. And his design process revolves around intense iteration — making and remaking models to visualize new concepts. “One of the hallmarks of the team I think is this sense of looking to be wrong,” said Ive at Radical Craft. “It’s the inquisitiveness, the sense of exploration. It’s about being excited to be wrong because then you’ve discovered something new.”

      *      *      *

単なるスタイリストではない

アップルにおける Ive のチームは、普通の企業のクリエイティブデザインのスラムとは違う。エンジニアやセールス、ときには実際に製品を作るアジアの外部契約メーカーとも一緒になって緊密に仕事をする。彼らは単なるスタイリストではない。彼らは新しい素材や製造方法の革新を指揮しているのだ。iPod の白や黒のコアの表面に深い質感を出せる透明なプラスチックの層を作るにはどうしたらいいか、かつそれを1ユニット当たり数秒でやるにはどうしたらいいか、デザイングループはそんなことを実際に考えだせるのだ。「アップルは大きな革新的技術を取り入れることもできれば、小さな時術を取り入れることもできる。もしうまくいかなければ、また始めからやり直す。アップルはこういうことをやる唯一のテクノロジー企業だ」とフロッグデザインの Hartmut Esslinger はいう。彼自身 Jobs のためにいくつもアップルコンピュータのオリジナルデザインをしたことがある。

Ive’s team at Apple isn’t the usual design ghetto of creativity that exists inside most corporations. They work closely and intensely with engineers, marketers, and even outside manufacturing contractors in Asia who actually build the products. Rather than being simple stylists, they’re leading innovators in the use of new materials and production processes. The design group was able to figure out how to put a layer of clear plastic over the white or black core of an iPod, giving it a tremendous depth of texture, and still be able to build each unit in just seconds. “Apple innovates in big ways and small ways, and if they don’t get it right, they innovate again,” says frog design founder Hartmut Esslinger, who designed many of the original Apple computers for Jobs. “It is the only tech company that does this.”

      *      *      *

帰ってきた Jobs

ive_jobs

追放の身から 1997 年7月9日に復帰した Jobs は、前 CEO の Gilbert F. Amelio からアップルの支配権を取り戻した。アップルを早急に建て直そうとして Jobs  が引き起こした騒動に Ive も巻き込まれずにはおれなかった、と Ive の二人の同僚は語っている。Jobs は60いくつもあったアップル製品群に大鉈を振って4つに絞り、真のデザインのスーパースターを求めて世界中を探しまわった。IBM で Thinkpad ラップトップをデザインした Richard Sapper や、カーデザイナーの Giorgetto Giugiaro、建築デザイナーの Ettore Sotsass などに声を掛けた。

On July 9, 1997, Jobs returned from exile and took Apple’s reins from ousted CEO Gilbert F. Amelio. Ive nearly didn’t survive the initial turmoil as Jobs quickly set out to remake the company, say two of his colleagues. As Jobs axed all but four of Apple’s sixty-odd products, he scoured the globe to hire a true design superstar. He called on Richard Sapper, who did the IBM  Thinkpad laptop, car designer Giorgetto Giugiaro, and architect/designer Ettore Sotsass.

Ive が転職のため履歴書を引っ張りだしてきたちょうどその頃、才能を見抜く途方もない目を持った Jobs は、必要な人材がすでに手元にあることに気付いた。Jobs が自らのデザインの価値基準を要求したとき、Ive はその付託に応え受益者となった。「Steve Jobs は専制君主だ。しかしそれこそアップルが必要としていたものなのだ」と「使いやすさ」に関する専門家で作家の Donald A. Norman はいう。彼自身 Jobs 復帰後、アップルから押し出されたもののひとりだ。「『我々が進むべき道はこっちだ』といって、Jobs は Jonathan を野に放ち、それを為さしめたのだ。」

But just as Ive was dusting off his resume, Jobs, with a tremendous eye for talent, recognized that he already had what he needed. And as Jobs imposed his own design standards, Ive became the beneficiary. “Steve Jobs is a tyrant, but that’s precisely what Apple needed,” said usability expert and author Donald A. Norman, even though he was one of the thousands who were pushed out in those early days. “Jobs said: ‘This is the direction we’re going,’ and he unleashed Jonathan to make it happen.”

      *      *      *

偉大なる製品の爆発

bondi

二人の相乗効果(synergy)が始まったとき、それはアップルの偉大なる製品の爆発につながった。iMac が最初だった。PC を恐ろしいものではなく、楽しいものに作り直そうとして、アップルは濃いブルーの、透明なケースにはいった一体型の親しみやすいモデルを作り上げた。インサイダーの話によれば、愛想のいいニュージーランド人の Danny Coster が、Ive と緊密に連携しながらデザイン作業のほとんどをこなしたという。

The synergy between the two set off an explosion of great Apple products. It started with the first iMac. Determined to recast the PC as something fun rather than forbidding, Apple created a friendly, all-in-one model encased in a deep blue, translucent shell. Insiders say that Danny Coster, an affable New Zealander, did most of the design with Ive’s close collaboration.

      *      *      *

キャンディ工場

プラスチックのケースがどうしたら安っぽくなく、エキサイティングに作れるか理解するため、Ive とその仲間たちはキャンディ工場を訪れ、ジェリービンズの繊細な製造工程を研究したという。アジアの工場ではパートナーたちと何か月も費やし、毎年何百万台単位で iMac を量産できる最新の生産方式を考え出した。このチームは、厚いプラスチックケースを通して格好よく見えるように、内部の電気配線まで変えさせた。Jobs にとっても、そして Ive とアップルにとってもそれは大きなリスクだった。競争相手のひとりはいう。「透明にしたら売り上げが増えると証明しなければならなかったが、私には証明する方法がなかった。」彼の計算では、アップルは PC ケースのために 65 ドルも費やした。業界平均は 20 ドルに過ぎないのに・・・

To understand how to make a plastic shell look exciting rather than cheap, Ive and others visited a candy factory to study the finer points of jelly bean making. They spent months with Asian partners, devising the sophisticated process capable of cranking out millions of iMacs a year. The team even pushed for the internal electronics to be redesigned, to make sure they looked good through the thick shell. It was a big risk for Jobs, Ive, and Apple. Says one rival: “I would have had to prove that transparency would increase our sales, and there’s no way to prove that.” He figures Apple spends as much as $65 per PC casing, vs. an industry average of maybe $20.

      *      *      *

ポストインダストリアルデザイン

ipod

2001 年にアップルは初めてチタニウム製のコンピュータを発表した。その裏話。Ive は Danny De Iuliis と二人のチームメンバーに数千ドル分のコンピュータをくすねさせ、アップル本部から遠く離れたサンフランシスコの倉庫に作業場を作らせた。彼らはそこで6週間の間基本デザインを練り、それからワイドスクリーンのフラットパネルについてネゴし、工作機器メーカーと協同するためアジアに向けて旅立った。その結果は、クリーンで、ポストインダストリアルなデザインとなった。それはオリジナル iMac の気まぐれなデザインに別れを告げるものだった。その年の10月、アップルは iPod を発表、それは直ちにデジタル音楽プレーヤのクールな標準規格となった。iPod そのもののためではない。アップルの iTunes ジュークボックスソフトや iTunes オンラインストアとシームレスに連動できたからだ。

In 2001, Apple unveiled the first computer made out of titanium. The backstory: Ive let Danny De Iuliis and two other team members sneak thousands of dollars worth of computers to set up shop in a San Francisco warehouse, far away from Apple’s main campus. They worked there for six weeks on the basic design and then headed off to Asia to negotiate widescreen flat panels and to work with toolmakers. The result: a clean, post-industrial look that marked the end of the more whimsical design language of the original iMac. In October of that year, Apple unveiled the iPod, which immediately set the standard for cool in digital music players — not just because of the iPod itself but because of the way it worked seamlessly with Apple’s iTunes jukebox software and online store.

      *      *      *

色濃いヨーロッパの影響

この一体性こそがアップルのデザインマジックの主たる部分なのだ。「デザイン」を単なるスタイルやファッションと考えることは的外れだ。オリジナル iMac は明らかに Jetsons デザインスクール時代を思い起こさせるものだった。そして iPod の白くてクリーンなルックは「まさに 1960 年代から 1970 年代初頭にかけてのヨーロッパデザインの流れを汲むものだ」と NewDealDesign の Amit はいう。多くのアップル製品を Braun のチーフデザイナー Dieter Rams の作品と比べてみれば「文字通りの引き写しだということが分かるだろう。」

That integration is a major part of Apple’s design magic. Thinking about “design” as simply style or fashion misses the point. The original iMacs were clearly retrospective nods to the Jetsons school of design. And the white, clean “look” of the iPod is “very derivative of central European design from the late 1960s and early ’70s,” says NewDealDesign’s Amit. Compare many Apple products to the work of Dieter Rams, chief designer at Braun, and “you’ll see that it’s almost verbatim,” he says.

      *      *      *

手触りと仕上がり

アップルの製品を際立たせているのはその「手触りと仕上がり」(fit and finish)だ。それは、製品開発に込められた何千という小さな決定の積み重ねなのだ。アップルが開発した射出形成(injection molding)をみてみよう。それは一部は科学であり芸術だが、大部分は試行錯誤なのだ。その過程で、溶融プラスチックや金属を小さな供給管から不規則な形をした空洞に射出し、その適正量を瞬時に染みをつけずに冷却させる、そんな方法を考案しなければならないのだ。

What really sets Apple’s products apart is the “fit and finish,” the ultimate impression that results from thousands of tiny decisions that go into a product’s development. Take Apple’s pioneering work in injection molding. It’s part science, part art, and plenty of trial and error. The process involves figuring out how to inject molten plastic or metal through tiny “feed lines” into an irregularly shaped cavity, and then having just the right amount of holes so that it cools to a blemish-free perfection in seconds.

      *      *      *

未来のデザイン規格

Ive のチームはこの生産プロセスを理解し、尊重している。だからアジアの製造機器メーカーや部品供給メーカーが彼らと一緒に仕事をすることを好むのだ。アップルが恐るべきコストカッターであるにも拘らず。アップルと一緒に仕事をすることによって部品供給メーカーは未来に飛躍するのだ。なぜならアップルが未来のデザイン規格を作るからだ。

Ive’s team understands and respects this process of production so much that toolmakers and suppliers in Asia prefer working with them — despite the fact that Apple is a ferocious negotiator on cost. Suppliers get a jump on the future by working with Apple, since it is setting the design pace.

      *      *      *

誤りも犯す

もちろんアップルといえども誤りを犯す。2001 年に Apple G4 Cube は一年もしないうちに製造中止となったが、その理由は厚くて透明な筐体に生じたひびだった。アップルは iPod nano の引っ掻き傷でも訴えられた。また iBook や PowerBook は創造性の勝利だったが、欠陥の可能性のあるバッテリーユニットを 180 万台もリコールしなければならなかった。

Of course, Apple makes mistakes. Among the problems of the Apple G4 Cube, discontinued in 2001 after less than a year, was the appearance of cracks in its thick, clear enclosure. The company also faces lawsuits about scratching of the iPod nano. And while its iBook and PowerBooks were creative triumphs, Apple recently had to recall 1.8 million units that had potentially faulty batteries.

      *      *      *

大英勲章

しかしこれらの失敗もコンスタントにハイテクのヒットを生み出すアップルの前では影が薄い。それは主として最近大英帝国勲爵士の勲章(Commander of the Most Excellent Order of the British Empire、CBE)を授与された Ive に負うているのだ。そんなカビ臭い栄誉のおかげで、Ive は絶頂期を過ぎたのではないかとジョークをいうものもいる。そんなことはない。結束の強いチームと人使いの荒いボスがいる限り、「スティーブ&ジョニーのショー」(the Steve and Jony Show)はこれからも続くのだ。

These misses are dwarfed by Apple’s remarkable consistency as a high-tech hitmaker. And Ive, who recently received the Commander of the Most Excellent Order of the British Empire (CBE), is a major reason why. No doubt, such musty-sounding honors cause some rival designers to joke that Ive is past his prime. Not likely. So long as Ive has that close-knit team and that hard-driving boss, the Steve and Jony Show should continue to roll along just fine.

      *      *      *

アップルというと Steve Jobs、デザインというと Jonathan Ive しか思い浮かばないが、Jonathan Ive とその仲間たちの仕事ぶりや考え方が分かって大変興味深い。

数日後に迫ったマックワールドで、またJonathan Ive とその仲間たちの素晴らしい成果をみることができるだろうか・・・

      *      *      *

参考:

・BusinessWeek:”Who Is Jonathan Ive?: An in-depth look at the man behind Apple’s design magic“:9月25日
・Guardian Unlimited:”He is the quintessential designer. He knows more than anyone what we will have in our hands in five years” by Ian Sample:1月5日
・International Herald Tribune:”Apple’s quest to put us at ease with technology” by Alice Rawsthorn:11月26日

Technorati Tags: ,

広告

1件のコメント »

  1. ■COOLな赤玉 ジョナサン・アイブ氏

    「果物だから、リンゴ。このシンプルさこそが究極の洗練なんだ。僕らがこの社名で表現

    コメント by Tropica*ALOHAS*blog* — 2007年 6月 1日 @ 10:21


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中