maclalalaweblog

2006年 12月 31日

アップルにとって希有の年

Filed under: アップル,ウェブログ — shiro @ 11:02

Jobs-4

マックワールドが目前だというのになかなか噂が出てこない。

ストックオプションや財務諸表の修正の話ばかりだ。

あちこち覗いていたら、日本の国民的行事に関する記事を見つけた。「追いつめられて」・・・まったく同感だ。

それでも放ったらかしてマックの前を離れられない自分は、こうなるともう業(ごう)としかいいようがない。

      *      *      *

Wired が簡潔に今年を締めくくっている。

Wired:”Steve Jobs’ Best Year Ever” by Leander Kahney:12月26日

「Steve Jobs にとってなんと大当たりの年だったことだろう。」

What a blockbuster year Steve Jobs had.

Wired の記事はそう書き出す。以下、一年のハイライトだ。

      *      *      *

1月(January

Macworld でインテルチップを搭載した最初のマックを発表した。iMac と15インチの MacBook Pro だ。アップルのベストセラーとなったのも偶然ではない。予定より6か月も早かった。アップルの株価は記録的な高さに達した。

At Macworld, Jobs releases the first Macs with Intel chips: the iMac and 15-inch MacBook Pro (Apple’s top-selling machines, not coincidentally). They’re six months ahead of schedule. Apple shares soar to a record high.

      *      *      *

2月(February

新しい Mac mini 登場。ただし、噂された TV/DVR 機能はついていなかった。リビングルーム進出の準備はまだ整っていなかった。

New Mac minis — but no TV/DVR features as rumor sites had predicted. Jobs is not yet ready to take on the living room.

      *      *      *

3月(March

アップルは創立30周年を迎えた。でも発表されたのはプレスリリースだけ。Jobs は過去を振り返るのが好きじゃない。

Apple celebrates its 30th birthday — with a press release. Jobs doesn’t like to look back.

      *      *      *

4月(April

ブッタマゲー。なんと Boot Camp が発表された。インテルマックでウインドウズが起動する。

Hell freezes over: Jobs announces Boot Camp, which allows his new Intel Macs to boot into Windows.

      *      *      *

5月(May

音楽販売にアップルという名前を使うことで争われていた訴訟でビートルズが負けた。Jobs はこれを機に、ビートルズのオンライン独占販売権をネゴしたといわれる。

The Beatles lose their lawsuit over the Apple name for music sales. Jobs reportedly uses the defeat to negotiate an exclusive deal to sell the Beatles’ catalog online.

13インチの MacBook 発表。ラップトップはインテル移行を完了。

The 13-inch MacBook is released, completing the laptop line’s move to Intel.

アップルとナイキの Nike+iPod キャンペーン。ワイヤレスの iPod 万歩計とスニーカーの組み合わせ。

Apple and Nike collaborate on the Nike+iPod — a wireless iPod pedometer and matching sneakers.

      *      *      *

6月(June

ストックオプションスキャンダルに火がついた。「不正操作」が社内調査でみつかり、Jobs へのオプションも含まれるという簡単な声明。ただし、Jobs はなんら金銭的利益を受けておらず、SEC とも協同しているとアップル。バックデート調査を行なっている会社はほかにも多数。

The stock option scandal grows. A terse statement says an internal probe has uncovered “irregularities,” including a grant to Jobs. But Apple says Jobs didn’t benefit financially and is working with the SEC. Dozens of other companies are conducting their own backdating investigations.

      *      *      *

7月(July

iPod の熱狂はまだ終わらない。7月四半期には 810 万台の iPod を売り上げた。利益は50%増。新しいインテルマックも頑張っている。130 万台で12%増。

The iPod craze is far from over. Customers snap up 8.1 million iPods in the July quarter, boosting profits by a hefty 50 percent. New Intel Macs sales aren’t too shabby, either: 1.3 million Macs are sold, up 12 percent.

      *      *      *

8月(August

デベロッパ会議のキーノートで奇妙なタッグチームが見られた。そのことでガンの後、Jobs の健康に問題があるのではないかという憶測がなされた。Mac OS X の次期主要バージョン Leopard が公式に先行公開(内覧)された。いろんな機能がいっぱい。でも一番期待された、マイクロソフトの Vista を打ち負かす新しいインターフェイスについては触れられなかった。

Jobs gives a weird tag-team keynote at Apple’s annual developers conference, prompting speculation about his health following a cancer scare last year. He gives a preview of Leopard, the next major revision of Mac OS X. There are bells and whistles, but the biggest rumored change — a major UI overhaul to compete with Microsoft’s Vista — is left out.

      *      *      *

9月(September

出荷前の製品についてアップルが公式に触れたのは多分これがで初めてではないか。iTV だ。ワイヤレスのルーターで、これでコンピュータからテレビへビデオを飛ばす。併せて、iTunes による長尺ものの映画も初めて発表。当初まばらな品揃えも、来年は増えることを期待。

For perhaps the first time ever, Jobs gives a public sneak peek at an unannounced Apple product: the iTV — a wireless router for beaming video from a computer to a TV. He also unveils iTunes’ first feature-length movies. The movie shelf is initially bare, but more are expected next year.

      *      *      *

10月(October

ストックオプションスキャンダルの犠牲者がでる。アップルで最高財務責任者を長いあいだ務めた Fred Anderson が刃にかかって取締役会を辞任。声明によれば、Jobs は不正操作を知ってはいたがその重要性については知らなかった、と。これは戦略的「正式謝罪」だ。おかげですり抜けられた・・・いまのところは。

The stock options scandal claims a victim. Fred Anderson, Apple’s long-time chief financial officer, falls on his sword and resigns from Apple’s board. A statement says Jobs knew of irregularities but not their import. It’s a strategic mea culpa that’s allowed him to skate — so far.

      *      *      *

11月(November

iPhone マニアが全国を席巻。iPhone がにならなかった週はない。特許情報と希望的観測がこれに火を注いだ。

IPhone mania grips the nation. There’s nary a week when the iPhone isn’t a major story. The speculation is fueled by patent filings and a lot of wishful thinking.

アップルの株価は93ドルの最高値。

Apple’s stock reaches a new high at $93.

      *      *      *

12月(December

アップルが公式には一切認めないにも拘らず、iPhone は当然確実な話となった。アナリストたちは iPhone に関する投資アドバイスを始めた。

The iPhone becomes a slam dunk, even if Apple has never officially admitted it’s working on it. Wall Street starts issuing iPhone investor advisories.

Jobs 自身もいっているように、「将来に目を向けると、2007 年はアップルの歴史上でも最もエキサイティングな新製品をだす年になりそうだ。」

But as Jobs himself says: “Looking forward, 2007 is likely to be one of the most exciting new product years in Apple’s history.”

      *      *      *

とても簡潔に 2006 年を締めくくっている。[ハイエンドの Mac Pro は抜けているけれど・・・]

こうしてみると、2006 年という年は、アップルの歴史においても希有な年だったことが分かる。

新しい年への期待がますます膨らむ。

それでは皆さま、良いお年を・・・

Technorati Tags: , ,

広告

2件のコメント »

  1. 新年おめでとうございます。

    《追いつめられて》私はここ何年か年賀状を出してません(^_^;いただく方にはたいへん失礼なんですけど。
    それでも毎年送ってくれる方には、お詫びの一言を添えて年賀状をかえします。
    その他は電子メール、グリーティングカードで送信!ですかね(^_^)

    さて新年最初のアップル、何を出すんでしょうね。

    コメント by Shinji — 2007年 1月 1日 @ 10:36

  2. > Shinji さん
    暦が変わるとこんどは 差し上げなかった方から賀状をいただいて これまた大変です
    日本の国民的行事は 尽きるところがありません

    本年もよろしく お願いいたします

    コメント by shiro — 2007年 1月 1日 @ 17:18


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中