maclalalaweblog

2006年 12月 27日

アップル新製品のなまえ

Filed under: アップル,ウェブログ — shiro @ 23:31

Itv-7

噂にのぼっているアップルの新製品の名前について、Macworld の Jason Snell がおもしろい記事を書いている。

Macworld:”iPhone, iTV, and household names” by Jason Snell:12月26日

      *      *      *

アップルの二つの新製品

名前とはいったい何だろう。製品にまだ名前がついていないときには、とても大きな意味を持つ。いずれ登場する二つのアップル製品について、数え切れないほどの会話を先週交した。ひとつは既に発表されたもの、もうひとつは盛んに噂されているものだ。正直言って、この二つの製品について噂されている名前は、その本来の姿からはほど遠いように思われる。「真の」名前は、すぐ目の前にあるというのに・・・

What’s in a name? When a product doesn’t actually have one, a whole lot. The past few weeks I’ve had numerous conversations about two forthcoming Apple products — one that’s been announced, another that’s the subject of intense speculation. Honestly, I don’t think the names that have been bandied about for these two products are even close to their true identities. In fact, I think the real names for these products are right here under our noses.

      *      *      *

iTV iPhone

でも、まずこれまでの経緯を振り返っておこう。もうお分かりのように、二つの製品とはアップルの STB(set-top box、セットトップボックス、コード名 iTV)と、盛んに噂されているアップルの携帯端末(インターネット上では iPhone と呼ばれることが多い)のことだ。

But first, some background. As you might have guessed, the two products I’m talking about Apple’s set-top box (code-named iTV), and the much-rumored Apple cell phone (generally called the iPhone on the Internet).

Steve Jobs が iTV の予告をしたとき、 iTV というのはアップル内部での名前であり、「あくまでもコード名であって、最終製品名は発表時にはっきりさせる」と注意するのを忘れなかった。にも拘らず、その後の3か月の様子を見ていると、インターネット上のにぎやかな議論は、iTV を当然のように製品名として使っている。

When Steve Jobs previewed the iTV, he was careful to point out that “iTV” was a name Apple was using internally, but that it was “a product code name. We’ve got to come up with a final name when we introduce it.” And yet in the intervening three months I’ve seen dozens of people hold dramatic Internet debates about the merits of iTV as a product name.

      *      *      *

オオカミ少年

そして二週間前、Gizmodo は iPhone がすぐにも発表されるという先行記事を載せた。そしてまさにその通りに、月曜日になると Linksys が iPhone という名のインターネット電話を発表した。

Then a couple of weeks ago, Gizmodo posted a teasing blog entry claiming that the iPhone was about to be announced. And indeed, like clockwork, the following Monday Linksys announced that it was making an Internet phone called iPhone.

Gizmodo の「オオカミがくるぞ」的記事にはあまり感心しなかったけれど、インターネットのコメントには考えさせられた。Gizmodo に書き込まれたひとつのコメントはつぎのように述べている。「iPhone は VOIP 端末(VOIP handset)で、しかもアップルのものではなかった。これで全体の姿が見えてきた。さあアップルは、自分の携帯電話を何という名前で呼ぶだろうか。こんなことになって Steve Jobs はきっとあまりハッピーじゃないだろう」と。

I’ll admit that I’m not impressed with Gizmodo’s crying wolf on this one, but I was taken aback by the response from Internet commentators about the iPhone name. “So the iPhone is a VOIP handset, and not by Apple. Now, the bigger story presents itself: What will Apple call its cellphone?” said an item posted on Gizmodo. “Steve Jobs probably isn’t too happy about the outcome.”

      *      *      *

がっかり?

ここでハッキリさせておきたい。アップルは一度たりともこんな製品がいずれ登場するといったことはない。iPhone というトレードマークは Cisco が10年以上保有している。率直にいって、なんでもかんでも “i” を付けて呼ぶのは(the whole i-Everything thing)いさかかうんざりだ。それに、アップルが自分の携帯電話を iPhone と呼ぶなんて本気で考えたひとがいるのだろうか。がっかりするのは、あたかも iPhone という名前が本当の製品名であるかのように言い触らしていたひとだけだ。決してそうではなかったのに。

So let me get this straight. Apple has never, ever even admitted that this product might one day exist. Cisco’s owned the trademark on “iPhone” for ten years. And frankly, the whole i-Everything thing is getting a bit tired. So does anyone reasonably think that Apple was truly planning on calling their phone the iPhone? The only people who should be disappointed are the people who have been throwing around the word iPhone as if it were a real product name, which it never was.

      *      *      *

iPod」の持つ意味

製品名が決定的に重要なことは明らかだ。ちゃんとした製品名を自分で付けられなければ、メディアや、一般大衆や、あるいは競争相手が名前をつけることになる。名前というものにはその意味が染み込んでいる。iPod のことを考えてごらん。5年前アップル製のデジタル音楽プレーヤは iPod という名前になると発表されたとき、多くのひとは驚いたものだ。発表のとき Steve Jobs でさえいささかムリしているように見えた。「iMac、iBook・・・それに iPod、あ〜、OK・・・」と。

Obviously, product names are vitally important. And if you don’t come up with a name for your product, one will be assigned for you by the media, or the masses, or your competitors. And names are steeped in meaning. Take the iPod: when Apple announced five years ago that its digital music player was going to be called iPod, many of us raised an eyebrow. Even Steve Jobs seemed to stretch when making his case: “iMac, iBook… iPod.” Uh, okay…

iPod といっても当時はとくに意味があったわけではない。しかし今やまったく違う。iPod とは何かということをみんな知っている。しかもみんな好きなのだ。そのことによって iPod という名前は膨大な価値を持つに至った。この名前が持つ価値はとても大きいので、iPod というトレードマークを盗用しようとすると、アップルは片っ端から(時には荒っぽいやり方で)これを潰すのだ。

iPod might not have meant anything then, but it sure means something now. People know what iPod means, and they like what it means. That gives the iPod name huge value. The name carries so much weight that Apple has (sometimes heavy-handedly) struck back against anyone who as attempted to appropriate the iPod trademark for their own purposes.

      *      *      *

Mac」はどうか

今年発表されたインテルベースのマックについても考えてみよう。今年発表されたマックにはひとつの共通点がある。どれも名前に「Mac」ということばを使っていることだ。90年代のアップルのキャッチフレーズ「Power」はゴミ箱にポイだ。PowerBook と Power Mac よ、サヨウナラ。MacBook と Mac Pro よ、コンニチワ、というわけ。このメッセージはとても簡単だ。アップルのコンピュータは「Mac」というブランド名だということだ。

Now consider the roll-out of Apple’s new Intel-based Macs this year. The new Mac products this year had one thing in common: they all had the word Mac in their names. The Apple buzzword of the ’90s, “power,” was chucked in the bin. Goodbye PowerBook and Power Mac, hello MacBook and Mac Pro. The message here was pretty simple: when you’re thinking of a computer from Apple, the brand is Mac.

      *      *      *

二つのブランド名

アップルの会社組織は二つの部門に別れている。ひとつは音楽製品、もうひとつはコンピュータの部門だ。この二つの部門を明確に区別するため、二つのブランド名が使われている。iPod と Mac だ。

As a company, Apple’s divided itself into two divisions: one for music products, the other for computer products. And the company has two brand names that clearly define those two divisions: iPod and Mac.

それなのに、また新しいブランドネームで混乱させたいとアップルが思ったりするだろうか。

So why in the world would Apple muddy the waters with another brand name?

もちろん、STB や携帯電話はとても重要だからそのために新しいブランドネームが必要だとアップルが考える可能性はある。しかし、私は敢えていいたい。どんな新しいブランドネームを考えたところで、ブランドの認知力という意味では Mac や iPod には遠く及ばない、と。もしアップルがこれまでと全く異なる製品(例えば洗濯機とか殺人ロボットとか)を出すということであれば、新しいブランド名が意味を持つこともありうるかもしれないが。

Yes, it’s possible that Apple thinks its set-top box or phone handset are going to be so huge that they need a fresh brand name all their own. But I’ll go out on a limb and suggest that it’s unlikely that any new Apple product name is going to be able to outdo Mac and iPod for brand recognition. If Apple was introducing a completely new class of product — a washing machine, say, or a killer robot — a new brand might make more sense.

      *      *      *

それぞれのデバイスの本質

もう一度噂をみてみよう。iTV(本当の名前ではない)は Front Row スタイルのインターフェイスを備えたちっちゃな Mac mini みたいに見え、専らホームエンタテインメント環境でデジタルメディアの再生に使われる。また iPhone(これも本当の名前ではない)の方は、分別のあるひとなら iPod と携帯電話が一体化した単一のデバイスになると考えるだろう。

But look at those rumors again. The iTV (not its real name) looks like a tiny Mac mini with its own Front Row-style interface, but it’s dedicated to playing back digital media in a home-entertainment setting. Most reasonable people would speculate that the iPhone (also not its real name) will be an attempt to put iPod and cellular phone features in a single device.

      *      *      *

電話機能を備えた iPod

Iphone-4

私の考えるところ、話はとても簡単だ。もし iPhone なるものが出るとすれば、それはきっと電話機能を備えた iPod になるだろう。iPod ブランドでは iPod、iPod nano、iPod shuffle という三つの製品が既に存在している。それじゃあ、「iPod phone」ではどうだろうか。それとも「iPod nano with phone」か。あるいは「iPod with phone」ではどうか。もしあなたがアップルならば、 iPod という名前の持つ強みと携帯電話の戦略を一緒にしたいと考えないわけはないだろう。それならうなずける。

For me, the story is pretty clear: If there’s an “iPhone,” it’ll almost certainly be an iPod with phone features. The iPod brand already covers three core products: iPod, iPod nano, and iPod shuffle. Why not iPod phone? Or iPod nano with phone? Or iPod with phone? In fact, if you were Apple, why wouldn’t you couple your cellular phone strategy with the power of the iPod name? It only makes sense.

      *      *      *

iTV は?

iTV についてはこれほどすっきりはしない。しかし強いて問われれば、多分同じような考え方をするだろう。iTV とはホームシアター環境のなかで使われる専用の iPod のことではないか。だったら「iPod home」や「iPod theater」、「iPod TV」ではどうか。そうすればみんなに愛され、受け入れられた iPod の力を、新しいデバイスのセールスに向けることができるではないか。

I’m not quite as positive about the iTV, but when pressed I’d probably make the same argument: What is the iTV but a dedicated iPod for your home theater set-up? So why not call it iPod home or iPod theater or iPod TV and use the world’s general love for and acceptance of the iPod to drive sales of your new device?

      *      *      *

Jason Snell はこう考える

iTV や iPhone に代わる名前を必死に探しておられる専門家たちに謹んで申し上げる。「iPod TV」や「iPod phone」を使ってみられては如何でしょうか。きっとよかったとお考えになると思いますが・・・

So if you’re one of those pundits out there desperately searching for new monikers to replace iTV and iPhone, may I humbly suggest that you start flogging iPod TV and iPod phone? You’ll be glad you did.

      *      *      *

Jason Snell の議論はなかなか説得力があるように思える。

ただ、iPhone の方はともかくとして、iTV の方はちょっと・・・という気がしないでもないけれど。

あなたならどんな名前を考えるだろうか。

Technorati Tags: , ,

広告

1件のコメント »

  1. 「iTunes」の名称は変わるか

    長い話にするつもりはありませんし、理論だてて説明するわけでもありませんが・・・タイトルだけ偉そうです。。

    Mac24の『アップルが大胆予告「これまでの30年は始まりに過ぎない」』という記事にMWSF 2007に関する記述…

    コメント by ringo-sanco — 2007年 1月 4日 @ 01:51


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中