maclalalaweblog

2006年 12月 19日

iPhone はロックするか

Filed under: アップル — shiro @ 21:08

Rocking

iPhone 騒ぎが続いている。その過熱ぶりは止まるところを知らない。

そんな熱狂ぶりとは少し距離をおいて書かれた興味深い記事がある。アップルが参入しようとする携帯電話の世界はどんなところか、アップルはそこに何をもたらそうとしているのか。「iPhone はワイヤレスの世界をいかに揺るがすか。」

CNN:”How an iPhone could rock wireless” by Stephanie Mehta [Fortune]:12月15日

      *      *      *

激震の可能性

Steve Jobs が噂どおりワイヤレスの携帯電話に乗り出す決心を固めたら、Motorola や Nokia が牛耳るワイヤレス端末ビジネスだけでなく、アメリカの無線通信モデルそのものまでひっくり返る可能性がある。

NEW YORK (Fortune) — If Steve Jobs’ Apple decides to build a wireless phone, as widely rumored, the company has the chance to shake up not just the wireless device business – an industry dominated by the likes of Motorola and Nokia – it also could upend the entire wireless distribution model in the United States.

Wip320

[iPhone WIP320]

いわゆる iPhone については、ほとんどなにも分かっていない。アップルは何も語らない。「噂や推測についてはお答えできません」とアップルのスポークスマンは私に語った。しかしワイヤレスというものが、アップルだけでなく家電製品やコンピュータのメーカーにとって、大きなチャンスであり、同時に脅威でもあるということだけは分かっている。

We know very little about the so-called iPhone. Apple isn’t talking (“We don’t comment on rumor and speculation,” a spokesman told me) but we do know that wireless represents a huge opportunity – and threat – for Apple, and every other consumer electronics and computer maker.

無線電話器メーカーは、ワイヤレスで音楽をダウンロードできる MP3 プレーヤの機能を自分たちのデバイスに追加している。アップルも一枚噛みたいと思って当然だ。

Wireless phone makers increasingly are adding MP3 players to their devices, with the capability to download songs over the air. It certainly makes sense for Apple to want a piece of this action.

      *      *      *

2007 年第1四半期か

アップルがどう出るかということは、技術および通信関係者の間で大きな話題になっている。最近 UBS テレコムのアナリスト John Hodulik は、アップルは仮想電話会社(virtual phone company)になりたいと考えているのだという報告を出した。2007 年第1四半期には、Cingular やワイヤレス再販業者など卸売業者から通信時間を買って、新しい電話器を出す、と。

How Apple makes this happen is a topic of great swirl in tech and telecom circles. UBS telecom analyst John Hodulik recently published a report positing that Apple would seek to become a virtual phone company, buying airtime wholesale from Cingular and reselling wireless service, along with its new phone, sometimes in the first quarter of 2007.

      *      *      *

コントロールはされたくない

ほかの噂によれば、アップルは Wi-Fi 機能を内蔵した電話器を作っているという。この電話器を使えば、従来の携帯電話ネットワークを利用しなくても、無料で、あるいは昨今都市や郊外に増加している安い Wi-Fi ネットワークを利用して、電話を掛けたり、データや音楽をダウンロードできるようになるという。アメリカのワイヤレス業界は Cingular、Verizon、T-Mobile、Sprint といった通信大手が強大な権限を持ってネットワークを支配しているが、どちらのシナリオも、大手にコントロールされたくないという Jobs の考え方を裏付けているようだ。

Other rumors have Apple building a phone with built-in Wi-Fi service that would allow customers to make calls and download data and music from the free or cheap Wi-Fi networks proliferating in urban and suburban settings, bypassing traditional cellular networks. Both scenarios underscore Jobs’ aversion to ceding control to telcos such as Cingular, Verizon, T-Mobile and Sprint, which exercise huge control over the entire wireless food chain in the U.S.

      *      *      *

電話会社が牛耳る

またはアップルは、これまで携帯電話器メーカーがやってきたのと同じ道をたどることもできる。電話会社を通じて iPhone を販売するのだ。多分このやり方は Jobs の意に添わないだろうけれど、そのやり方ならアメリカの最大の消費者に手が届くチャンスになる。携帯電話マーケットに参入するのにアップルがどのオプションをとるにせよ、現状を大きく変えることだけは間違いない。

Or Apple could pursue a path similar to the one forged by traditional wireless phone makers, and sell its iPhone through the carriers – an option that probably doesn’t appeal to Jobs, but gives him an opportunity to reach the largest possible number of U.S. consumers. But no matter how Apple decides to enter the wireless phone market, it is sure to change the status quo.

こういうことなのだ。今日の電話会社は、ユーザーが長期にわたって使ってくれることを前提に、携帯端末そのものに多額の補助を出している。Nokia の携帯電話は Cingular からただで貰えるが、Nokia から直接買えば何百ドルかの出費になるはずだ。その代わり Cingular は Nokia に対してあらゆる要求をする。特別のパッケージ、目立つロゴ、などなど。

Here’s why: Today, phone companies heavily subsidize handsets in exchange for long-term commitments from customers. That Nokia phone you got for free from Cingular obviously cost the phone company something – probably hundreds of dollars – to buy from Nokia. Cingular, in the meantime, can make all kinds of demands of Nokia: It can ask for special packaging, prominent logo placement, etc.

      *      *      *

携帯メーカーのコントロール外

こういうやり方は、Nokia や他の携帯端末メーカーにとって頭にくる。まず、ワイヤレス端末そのものの価値が下がる。電話器は基本的にはハンドヘルドのコンピュータであり、初期の PC より処理能力は大きいのに、消費者はそれをタダで貰うことを期待するのだ。それはまた、デバイスメーカーが自分たちの製品を市場に出すのにコントロールできる部分が少ないということを意味する。家庭電化製品の世界では極めて特異な状況だといえる。考えてもごらん、デスクトップやラップトップをデルが直接消費者に売ることができず、Comcast や AT&T などのブロードバンドプロバイダを通じなければならないとしたらどうだろうか。

This system drives Nokia and other wireless device makers crazy. First, it devalues the phone: Here you have what is essentially a handheld computer with more processing power than the first PCs, and consumers expect to get it for free. It also means the device maker has less control over how it can market and merchandise its products, a pretty unique position in the world of consumer electronics: Imagine if Dell couldn’t sell laptops and desktops directly to consumers but instead had to sell them through Comcast, AT&T or other broadband providers.

      *      *      *

プレミアムを払わせる

そこへアップルの登場だ。Nokia、Motorola、Samsung それに LG が、iPhone が大きなヒットにならないように、ひそかに潰そうとするのもそういう訳だ。アップルは消費者にプレミアムを払わせられるという点で非常にユニークだ。ワイヤレス端末をディスカウントするのではなく、プレミアを払わせるのだ。これはワイヤレス業界の経済のあり方を変えるものだ。別のいい方をすれば、もし消費者が iPod nano に 250 ドルを払うのなら、電話ができる nano だったらもっと余計払うのではないかということだ。

This is where Apple comes in – and why Nokia, Motorola, Samsung and LG might be secretly rooting for the iPhone to be a minor hit. Apple seems uniquely positioned to convince consumers to pay a premium – not demand a discount – for wirelessly connected devices, thus changing the economics of the wireless industry. Put another way: If a consumer is willing to pay $250 for an iPod Nano, why wouldn’t she pay even more for a Nano that can make phone calls?

      *      *      *

アプルストアの強み

それにアップルには強固な流通チャンネルがある。アップルが消費者に直接携帯電話を売るつもりなら、アップルストアやオンラインストアを使えば直ちにできるのだ。アップルが MVNO[mobile virtual network operator、仮想移動体サービス事業者]になるつもりなら、iPhone であれそれを動かすサービスであれ、どちらもアップルストアだけで用が足りるのだ。

Apple also has a robust distribution channel: Its retail stores and online presence offer the computer maker an instant vehicle for selling phones directly to customers. If Apple decides to become a mobile virtual network operator, or MVNO, the Apple stores would be one-stop shops for both the iPhone and the service it runs on.

      *      *      *

それとも端末だけ販売するか

あるいは Jobs は全く別のことを試みることもできる。電話会社からまったく独立してアップルストアで携帯端末を売る実験をするのだ。これはアジアや中国では当たり前のやり方だ。例えばモトローラの携帯電話だけを売っているモトローラブランドの店(所有者はモトローラではない)が 180 近くある。お客はモトローラのたくさんの品揃えの中から携帯電話を試して気に入ったものを買う。そしてそれを持って自分のお気に入りの電話業者のところへ行く。その業者は、たいてい同じモールの中に店舗を構えていることが多い。

Or, Jobs could do something really experimental and sell devices in its stores completely independent of the service. Indeed, this is common practice in Asia. In China, for example, Motorola has roughly 180 Motorola branded stores (they are owned by another party, but sell Motorola phones exclusively). A customer can go in, test a number of Motorola phones, buy from a fairly large inventory of gadgets, and then take her newly purchased device to the carrier of her choice, which in all likelihood will have its own kiosk or storefront in the same mall.

米国においては、モトローラは、小売店らしきもの[?]としてはシカゴのミシガンアベニューにたった一店舗持っているだけだ。そこならモトローラの最新の携帯端末を試すことができる。

In the United States, Motorola operates only one quasi-retail facility, a “pop-up” store (meant to be temporary) on Chicago’s Michigan Avenue that it uses largely as a place where people can play with Motorola’s latest and greatest devices.

      *      *      *

不法な携帯端末を買う

アメリカの消費者の中には、個別に携帯電話を買っているひとがいる。アメリカでは売られていない Nokia の携帯端末をたくさんのアメリカ人が使っているのを、Nokia 副社長 Anssi Vanjoki は目撃している。このずる賢い消費者はヨーロッパやオンラインで携帯電話を買い、GSM[Global System for Mobile Communications、携帯電話の事実上の世界標準]オペレータの Cingular や T-Mobile からいわゆる SIM カード[GSM 方式携帯電話に抜き差しして使われる IC チップ(カード)]を買って不法にインストールするのだ。ただし、壊れたり、使えなくなったときはアメリカの電話業者では解決できない。

Some U.S. consumers already buy devices independently. Anssi Vanjoki, a Nokia executive vice president, notes that there are many American users of cellphones that Nokia never introduced in the U.S. market. These crafty consumers purchased their phones in Europe, or online, and installed so-called SIM cards from GSM operators Cingular or T-Mobile in their unauthorized devices. If the phone breaks or the service doesn’t work, however, the U.S. carriers can’t solve the problem.

      *      *      *



電話会社がコントロールする

これはアメリカの電話会社にとってはやっかいなことだ。電話ネットワークの構築に何十億ドルも費やし、顧客サポートのため毎年何十億ドルも使っているのだから。例えば、手持ちの RAZR が壊れたとしても、あなたはモトローラの店には行かない。電話会社へ戻しに行く。だから、顧客をコントロールしているのは自分たち電話会社だと考えても無理ないのだ。

And that’s the rub for many U.S. carriers. They’ve already spent billions building out phone networks, and they spend millions of dollars each year on customer support. When your RAZR breaks, for example, you don’t go to Motorola, you take it back to your carrier. So phone companies feel they are justified in controlling the customer experience.

      *      *      *

アップルにとってもチャレンジ

他にやるひとがいないので、携帯電話の製造も、電話会社の維持も大変複雑な仕事にみえる。実際、分割前の AT&T がやったことで賢明だったことのひとつは、端末製造をやめて電話サービスに特化したことだったというぐらいだ。Jobs がどの方向に進むにせよ、電話ビジネスはこれまで彼が経験したことがないほどのチャレンジになるだろう。

And indeed, the complexity of both building a wireless device and running a phone company seems pretty daunting, especially when you consider no one else is doing it. In fact, people argue that one of the smartest things the old AT&T ever did was get out of the equipment business and focus on phone service. No matter what route Jobs goes, the phone business will be a challenge like no other he’s faced.

確かに、iPhone はほんとにスゴいことになるかもしれない。つぎのコラムでは、アップルの iPhone がなぜうまくいくかもしれないと考えるのか説明したい。

Sure, the iPhone might really rock. In our next column, we’ll explain why an Apple phone could really bite.

      *      *      *

携帯電話の世界は、端末だけ売ろうとしても簡単にはいかない「いびつな」世界らしい。

iPhone を引っさげた Steve Jobs がどのようなビジネスモデルを構築しようとしているのかなかなか興味深いところだ。

Technorati Tags: ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中