maclalalaweblog

2006年 12月 16日

戦略的にみたアップルの弱点

Filed under: ウェブログ — shiro @ 20:36

John Martellaro-1

アップルのビジネス戦略について興味深い分析がある。Mac Observer の John Martellaro だ。

Mac Observer:”Hidden Dimensions – A Review of Apple’s Strategic Weaknesses” by John Martellaro:12月8日

      *      *      *

アップルコミュニティは iPod や iTunes ストア、MacBook の成功、Mac OS X の安全性にすっかり酔ってしまっているので、アップルが抱えている弱点については誰も考えようとしない。そうすることは不愉快ではあるが、現実に目を背けている訳にもいかない。アップルがもっと注意を払うべきだと思われるいくつかの分野についてここで考えてみたい。

The collective Apple community has been so intoxicated by the iPod, the success of the iTunes Store, MacBook sales, and excellent Mac OS X security that no one is reflecting on the areas where Apple is vulnerable. Perhaps it’s unpleasant to think about, but neither do we want to live in a state of denial. So here are some areas where I think Apple should pay more attention.

      *      *      *

1.科学技術計算(High Performance Computing

Hpc

科学技術計算(HPC、High Performance Computing)は困難な仕事だ。そのためには会社内部にきちんとした体制を敷いてテーマ毎に100%注力できる専門家を揃えることが必要だし、科学技術計算分野の顧客とも密接な関係を持つ必要がある。インテルに移行して Xeon ベースの Xserves を出荷するまであと一年という時点でアップルは後方に退いてしまった。現在でも続いているのは生命情報工学や科学仮想化に関する作業グループだけだ。

1. High Performance Computing. HPC is hard work. It requires infrastructure, subject matter experts inside the company who can actually devote 100% of their waking hours to HPC, and it requires deep partnerships with HPC customers. When Apple realized that it would be perhaps a year from the time they announced the Intel transition until Xeon-based Xserves would ship, they pulled back. The best thing Apple has going right now is workgroup computation for bioinformatics and scientific visualization.

この分野でやる気があるのなら、アップルは 64 から 256 の接点をもつ比較的大きなグループに整理すべきだ。アップルはもはや IBM に縛られることはないし、アップルが提供する質の高いハードや OS との統合を顧客はよろこんでいるのだから。要すれば、この分野はカネになるということだ。

Apple could clean up in this area in slightly larger clusters, say 64 to 256 nodes if they put their mind to it. They’re no longer constrained by IBM, and customers love what Apple brings to the table in terms of quality hardware and integration with the OS. Bottom line: there is money to be made.

      *      *      *

2.法人顧客(Enterprise

Xserve-3

Xserve や Mac OS X Server OS という優れたサーバープラットフォームを持っているにも拘らず、法人顧客のための体制がアップル内部にはない。法人マーケットに本気で攻撃をかけるだけのビジネスモデルもなければビジネス用ソフトもない。製品の質が悪いからではない、アップルのイメージのせいなのだ。

2. Enterprise. Despite an excellent server platform in Xserve and Mac OS X Server OS, Apple doesn’t have the infrastructure internally, the business model, or the business software to make a serious assault on the general enterprise market, not because the products are poor but because of the image Apple presents.

例えば、大会社のトップがシステムの環境設定をするとき、「パレンタルコントロール」[注:parental control、子供に見せたくないサイトのチェックなど]なんてオプションが出てくることを本当に望んだりするだろうか。

For example, does a corporate CEO really want to open up his system preferences and be greeted by an option called “Parental Controls”?

Internetcafe

他にも例がある。2005 年にアップルは、プロ向けのカンファレンスで Internet Cafes の提供をやめた。マックがあんなずらりと並んでいてはアップルのブランドが貶(おとし)められるというのがその時の理屈だった。プロの組織とは Internet Cafes などを通じると円滑になるということを、現場のセールスは理解しているが、アップルのトップは理解しなかったのだ。確かにマックは地球上で最高のコンピュータで、ブランドも強力だが、アップルには法人顧客との永続的関係が重要だということを理解しないトップがいる。傲慢とブランドも、実際に企業にコンピュータを売るというときには折れるべきなのだ。

Here’s another example. In 2005, Apple stopped providing Internet Cafes for professional conferences. The argument was that seeing Macs lined up in this fashion dilutes the brand. What Apple corporate missed out on, and what the field sales people understood, was that relationships with professional organizations are greased by these Internet Cafes. While the Mac is the best computer on the planet and the brand is strong, there are Apple senior executives who don’t get the importance of enduring business relationships. There has to come a point where arrogance and branding give way to actually selling computers in the enterprise.

法人顧客は、アップルが大衆電化製品に特化した会社であり、本格的なビジネスソフトを欠いた会社だという考えを拭い去ることができないのだ。その結果、業界の隙間である小企業、生命情報工学、オーディオ・ビデオ製造を相手にする地位に甘んぜざるを得ない。しかしながら、長年にわたる競合他社からの障害物や自分自身のイメージのためアップルが攻勢に出ないので、これらのマーケットに進出したい企業は、自らの分野は保全しつつ、アップルに対しては自由に攻撃できるのだ。

Enterprise customers just can’t get it out of their mind that this is a company without serious business software solutions that is also focused on consumer electronics. As a result, Apple is relegated to and remains satisfied to engage some niche areas like small business, bioinformatics, and audio/video production. But because they’re not on the offensive thanks to longstanding road blocks by the competition and Apple’s own image, companies that covet those particular markets have a free hand to attack Apple while protecting their remaining business segments.

アップルがエンタテインメントにより傾斜するにつれて、これまで企業や、ビジネス、政府などで培(つちか)われたアップルの信頼性が失われる危険がある。これらの顧客は、非常に分別のある、大人のプロフェッショナルとして振る舞おうとするからだ。でもなんの変化も起きそうにない。

As Apple becomes more and more distracted by the entertainment side of computers, they risk losing what credibility they have in the enterprise, business and government, where customers desperately want to act like very sober, grown up professionals. But I don’t expect anything to change.

      *      *      *

3.音楽業界(Music industry

Narnia

音楽業界がアップルにいらいらしているという記事を読むにつけ私は心を痛める。そう、アップルは確かにレコード会社の尻拭いをして助けてやった。携帯音楽革命に火をつけたのも確かにそうだ。C.S. Lewis[”ナルニア国ものがたり”を書いたファンタジー作家]の天使の軍隊の助けを借りても[?]、レコード会社は自分たちの iTunes ストアを実現できなかった。

3. Music industry. I am more and more concerned about the things I am reading about the music industry being annoyed with Apple. Yes, Apple saved the labels’ tushies. Yes, Apple ignited the portable music revolution. Yes, the music labels couldn’t have developed their own iTunes Store if C.S. Lewis returned with a legion of angels.

これらの成功のおかげで、そしてひらめきと努力と革新によって、今後も長期にわたって iPod マニアを保持し続けられるとアップルは信じている。そのことがアップルの目をそらせていると私は考える。もはや悦に入っているときではなく、業界の他のパートナーと協同して共通の目標に向かうべきなのだ。さもないと、あっという間にアップルを壊滅させることがみんなの目標になってしまうかもしれないのだ。

Apple has been enjoying this success and believes that inspiration, perspiration, and innovation will allow them to maintain the iPod mania for a long time. But it’s also, in my view, distracting the company from the idea that the time for gloating is over, and it’s time to start working with the other players in the industry to further everyone’s goals. Otherwise, everyone’s goal will quickly become the eradication of Apple.

以前ほかのコラムでも述べたが、Zune 自体は単なる音楽プレーヤとして設計されたものではない。そうではなくて、マイクロソフトがマーケットに参入する拠点となる戦略的プラットフォームなのだ。ビジネスのやり方を心得ているのはマイクロソフトだけだとひと騒ぎ起こすための切符なのだ。結局のところ、みんながやろうとしているのは音楽を売って儲けることなのだから。

As I mentioned previously in this column, the Zune is not a device designed to stand on its own merits. Instead, it’s a strategic platform that gives Microsoft an entry point into the industry and a ticket to raise havoc with business deals that only Microsoft knows how to do. After all, all the other players want to do is make money selling music.

      *      *      *

4.エンタテインメント業界(Entertainment industry’s plans

Video Ipod-7

ビデオエンタテインメント業界は混乱も大きいが、同時に期待も大きい。新しい配信技術がいろいろ出てきたおかげだ。ハリウッドは、音楽業界がどこで間違えたのか注意深く研究している。それも急速に学習している。全体としてみれば、エンタテインメント業界は一体として動いている。アップルはといえば彼らのクリスマスカードのメーリングリストには入っていないのだ。

4. Entertainment industry’s plans. There is great confusion but also great ambition in the video entertainment industry thanks to all the new methods of delivery. The Hollywood studios have carefully studied where the music industry went wrong, and they’re learning fast. The industry as a whole is working together, and Apple isn’t exactly on their Christmas card list.

コンテンツプロバイダ、通信業者などエンタテインメント業界のみんなは、アップルが音楽ビジネスを牛耳ったように映画ビジネスを牛耳ることがないよう素早く動いている。これまでのところアップルには少しも進展がない。アップルが映画販売を開始できたのは、ディズニーの Robert Iger との親密な関係があったからだ。しかし、ディズニーだってじっと構えている訳ではない。 ABC や Comcast とビデオをオンデマンドで配信する契約をこっそり結んでいるからだ。

All factions in the entertainment industry, the content providers and the carriers, are scurrying to make sure that Apple doesn’t dominate the movie business the way they did the music business. So far, Apple hasn’t made any headway, and it’s only the coziness with Robert Iger at Disney that has allowed Apple to make it’s first foray into selling movies. But Disney hasn’t been standing still either, having overseen an agreement between ABC and Comcast to deliver various video content on demand.

モトローラは、ケーブル会社、Comcast、Time-Warner、Cox などと緊密に提携して、コンピュータではなくテレビに消費者を釘付けにしておくハードやソフトを提供しようとしている。それによってこれからもケーブル料金というキャッシュフローが流入しつづけるように、という訳だ。

Motorola is working very closely with the cable companies, Comcast, Time-Warner, Cox, et al, to deliver hardware and software that will keep their customers glued to the TV set, not the computer, and keep that cable bill cash flow ongoing.

映画会社、ネットワーク、STB(set-top-box)メーカーなど関係者がこぞって、消費者に広い選択肢と実際的な DRM[digital rights management、デジタル権利管理]を提供し、関係者みんなが繁栄できる世紀にする、そんな壮大な努力を重ねているのだと私は考える。このことが背景にあるため、100 ミリの大きなスクリーンを備えた、いわゆる「本格的ビデオ」(”true-video”)iPod の登場が何度となく延期されているのかもしれないのだ。アップルだって、コンテンツに関する広範な合意がなければ、携帯ビデオプラットフォームに多大の努力を投入することはできないのだ。見るところどうも一筋縄ではいかないようだ。

I suspect that it has been this massive effort by all concerned, the studios, the networks, and the set-top-box manufacturers to make sure their customers have wide choice, workable DRM, and that all of them prosper in this new century. That could well be the reason behind the endless delay of the so-called “true-video” iPod with a full 100 mm (diagonal) screen. Apple can’t invest a lot of effort in a portable video platform until they’ve secured broad agreements for content, and those seem to be hard to come by lately.

      *      *      *

5.iPhone をめぐる圧力と干渉(iPhone stress and meddling

Iphone-3

これまでのところ携帯電話業者や通信事業者は、ベストで、使いやすく、最も安全な携帯電話を作るまでには至っていない。しかし全体としてみると、2009 年には10億台の携帯電話を売り上げるだろうと Gartner は予測している。LG Chocolate のテレビコマーシャルを見ると、Verizon はどうやってPRしたらよいかアップルからちゃんと学んでいるようだ。

Lg Chocolate

5. iPhone stress and meddling. The cell phone companies and the carriers aren’t building the greatest, easiest to use, most secure phones one could conceive of, but in aggregate, Gartner says they’re on pace to sell one billion cell phones per year by 2009. Verizon, from the TV ads I’ve seen, has learned some lessons from Apple about how to advertise their LG Chocolate phone.

一方アップルは、携帯電話で最初からでホームランをだそうとしている。だから遅れが生じているのだ。アップルは難問を抱えている。iPhone は Steve が目に入れても痛くないペットプロジェクトだが、同時に損をだすことを嫌うアップルにとって営業的成功も収めなければならない。2006 年だけとってみても、どれだけの設計変更がなされたか想像がつくだろうか。アップルはみんながうっとりするような製品でなければ出荷したくはないのだ。

Meanwhile, Apple is trying to hit a home run on it’s first try with a cell phone, and it’s causing a delay. Apple has a conundrum. The iPhone will have to be both the Apple of Steve’s eye — can you imagine how many engineering changes must have been made in 2006? — and be a commercial success because Apple hates losing money on anything. And hates shipping products that people don’t swoon over.

アメリカ人は携帯電話の経験を積んでいるから、それぞれの iPhone のデザインの得失やうまくいかなかったときの危険性についてアップル内部で大きく割れている可能性がある。突如としてアップルは、映画と携帯電話の二つの事業に同時に参入することとなった。どちらもアップルの未来にとって不可欠なものであり、またトップの全力投入を必要とするものなのだ。

Because Americans have so much experience with cell phones, the iPhone’s design trade-offs and potential risk has probably caused a great deal of distraction within Apple. Suddenly Apple is struggling to enter the movie and cell phone business simultaneously, both are critical to Apple’s future and all this is likely taking up all of the Executive Team’s time.

      *      *      *

結局どういうことか。

What Does it All Mean?

以上述べた課題は、Mac Pro、Xserve、Xserve RAID にとっても、Mac OS X “Leopard” やその開発計画にとっても、さらにまた教育産業、科学技術、法人分野のいずれにとっても決していい結果をもたらさない。もちろん、これらの事業を支えるため、iPod の成功や Get A Mac コマーシャルといったものが同時に必要だというアップルの考えは評価する。

The distractions I’ve cited can’t be good for Mac Pro, Xserve, Xserve RAID, Mac OS X “Leopard”, the developer program, education initiatives, science, or the the enterprise. I will, however, compliment Apple on the recognition that with the success of the iPod, the Get A Mac ads must run simultaneously in order to shore up that side of the business.

そうだとしても、こんなにたくさんの課題に対応するにはアップルの体制がスリムになり過ぎているのではないか。会社全体の構造も、中央集権的に過ぎる意思決定も、継ぎ目で綻(ほころ)びが出始めているのではないか。彼らは現実から目を背けているのだろうか。

Even with that, Apple runs too lean to absorb too many agendas. The structure of the company and the centralized authority must be breaking at the seams. Are they in denial?

      *      *      *

確かにアップルが参入しようとしている分野は、どのひとつをとってみてもこれまでとは違った大変な分野のようだ。

果たしてアップルにそれが出来るのかとは厳しい指摘だ。

噂だけが先行してなかなか登場しない iPhone や “true video” iPod のことに思いを馳せるとき、John Martellaro の指摘には考えさせられるところが多い。

Technorati Tags: , , , ,

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中