maclalalaweblog

2006年 12月 13日

iTunes の売り上げは急落している、か?

Filed under: ウェブログ — shiro @ 21:56

Itunes

ニューヨークタイムズが iPods は iTunes の売り上げに寄与していないという記事を載せた。

Forrester Research の分析を紹介した短い記事だ。

New York Times:”Sales of iPods and iTunes Not Much in Sync” by Alex Mindlin:12月11日

      *      *      *

iPod 1台当たり22曲

確かに両方とも[iTunes も iPod も]成功を収めているが、お互いの関係は必ずしも当初予期されたとおりではないようだ。技術コンサルタント会社 Forrester Research の調べによれば、どの時期をとってみても、iTunes ストアが売り上げた曲の総合計は、iPod が売れた数の総合計の約20倍になっているという。最近では約15億曲の売り上げがあったので、この比率は22対1にまで微増している。この数字はアップルの公式発表から作成された。

Although both [iTunes and iPod sales] are successful, the relationship may not have worked out exactly as expected. At any given point, the cumulative number of songs sold by the iTunes store has generally been about 20 times the cumulative number of iPods sold, according to Forrester Research, the technology consulting firm. That ratio has recently crept up to roughly 22 to 1, as 1.5 billion songs have been sold. The figures were compiled from public statements by Apple.

この数字を見る限り、当初予想したほど iPod が iTunes の売り上げに貢献していないことが分かる。

The numbers suggest that iPods are not driving iTunes sales as much as early supporters may have expected.

Josh Bernoff(Forrester Research の主任アナリスト)はつぎのように述べている。「iPod はじっとしているだけで毎期曲をごまんと売り上げる訳ではない。当初みんな一定数の曲を買うけれど、それで終わってしまうのだ。」

“IPods are not sitting around generating dozens and dozens of transactions every quarter,” said Josh Bernoff, a principal analyst for Forrester Research. “People buy a certain number of songs, and then they stop.”

      *      *      *

ニューヨークタイムズの記事(ひいては Forrester Research の調査)について、直ちに反論が現れた。

ひとつは、数字の扱い方がずさんだという反論だ。

なかでも Carl Howe の議論は実に説得力があるように思える。

Blackfriars’ Marketing:”Do the math: iTunes sales aren’t collapsing” by Carl Howe:12月12日

      *      *      *

オカシイんじゃないか

Forrester の Josh Bernoff の記事や分析を読むのは好きだ。同じデータだから同じ結論に達するという訳では必ずしもないけれど。そこで昨日のニューヨークタイムズの短い記事(iPods は iTunes の売り上げに寄与していない)を読んだとき、Bernoff のいうことを記者が間違って引用したのだと思った。また、今日の The Register の記事(iTunes の売り上げが雪崩を打って減少している – collapsing)を読んだとき、またぞろバカげた議論が蒸し返されている、私が検討した数字も明らかにせねばなるまいと思った。

I always enjoy Forrester’s Josh Bernoff’s writing and analysis, but we often don’t see the same data the same ways. So when I read yesterday’s New York Times quick article claiming that iPods aren’t driving iTunes sales, I decided that they must have misquoted him. When I saw today’s article in The Register claiming that iTunes sales are collapsing, I decided there was enough silliness being repeated over and over that I had to run some numbers myself.

対数グラフでみると

Ipods-Itunes

上に掲げたグラフは、iPod と iTunes の売り上げを対数グラフにプロットしたものだ。高校時代の(そう、ずっと昔のことかもしれないが)数学をちょっとおさらいしておくと、幾何級数的な成長は対数グラフ上では直線になる。次第になだらかになるグラフも、かなりの成長があることを示す。iTunes は過去12か月の間に10億曲を売り上げたのだ。したがって上記の曲線からまず分かることは、iTunes も iPod も売り上げが劇的に増加しているということだ。

The graph above looks at cumulative iPod and iTunes sales on a logarithmic scale. Now to review a little high school math (yes, high school was a long time ago here as well), when you plot things on a logarithmic scale, exponential growth shows up as a straight line. A gradually tailing off curve generally still implies substantial growth — iTunes sold a billion songs just in the past 12 months. So the first takeaway from the above curves should be that both the iTunes and iPod sales are growing dramatically.

iPod 当たりの曲数

つぎに、曲の数と iPod の比率をみてみよう。2003 年12月には 2500 万曲と 200 万台の iPod が売れた。従って比率は 12.5 対1だ。今日ではそれが 23 対1になっている。iPod 1台当たりについて売れた曲の数は、この3年間で実際は増加している。だからグラフの二つの曲線は間が広がっている訳だ。更にいえば、なかにはもう使われなくなった iPod が含まれており(私の第1世代 iPod は未だ健在だがみんなが皆そうだという訳にもいくまい)、また買い替えられた(repeat buyers)ものもある。したがって iPod 1台当たりの曲数は、このグラフに示されるものより実際は大きくなる筈だ。

Secondly, let’s look at the ratio between songs and iPods. in December 2003, iTunes had sold about 25 million songs for 2 million iPods, or a ratio of about 12.5 to 1. Today, that number is more like 23. So songs per iPod have actually grown over three years, and that’s why the curves are getting farther apart. Further, some of those iPods sold now are not operational (although my December 2001 first generation iPod is doing fine, not everyone is so careful or lucky), and some iPods go to repeat buyers. So the actual ratio of songs to iPods is actually higher than this graph would indicate.

数学が分からないひとの議論

結論をいうと、iPod の売れ行きが雪崩を打って減っている(collapsing)と主張するひとは、まったく数学の基礎も分からないひとだということだ。購入曲数の比率は毎月変わる。Forrester のデータもそれを示している。扱っているモノに拘らず iTunes Store はオンライン小売店としては第4位に位置する。一日の売り上げはほぼ 300 万曲にもなる。もちろんこれにはテレビや映画の売り上げはカウントされていない。それぞれが年間に何百万ドルも売り上げているのだ。これを崩壊(collapse)というのなら、そのひとが考える成功とはいったい何なのか。

The bottom line: anyone who claims iPod sales are collapsing can’t do basic math. The rate of song purchases is going to change month-to-month, and Forrester’s data shows that. But the iTunes Store is the fourth largest online retailer of any type and is selling almost three million songs a day. And of course, none of that counts revenues from TV shows or movies either, each of which amount to millions of dollars of revenue per year. If that’s a collapse, I don’t know what these authors consider success.

ここで情報開示。私はアップルの株式を少しだが持っている。

Full disclosure: I do own a small number of Apple shares.

アメリカ人のクレジットカード記録

付記:Josh Bernoff のデータと私のデータは同じだと書いているブログを見かけたので付言しておきたい。そうではない。Josh は私がアクセスできない Forrester 独自のデータも使っている。彼の数字は、アメリカのクレジットカード記録 2000 人分(ヨーロッパやアジアの iTunes ストアについては無視している)からとったものだ。これが iTunes 音楽購買者の全体を代表するといえるかどうか分からない。私の解釈では、二次的に派生した収益[?]の数字はこの数か月で変化したのではないかと思うが、それにしても数字から見る限り iTunes の売り上げが崩壊したとはとてもいえないことは明らかだ。せいぜい成長がやや鈍ったという程度に過ぎない。売り上げ10億曲に達するのに3年近くもかかったこと、10億曲を達成したのがこの12か月だったことを考えると、iTunes における音楽販売は実に堅調であり、年10億ドル以上の収益を生み出しているといえる。

Update: I have seen a few postings referencing this article saying that Josh and I are looking at the same data. We are not; he has access to some proprietary Forrester data that I don’t have access to. And the numbers he has cited are averages from a sample of about 2,000 US credit card records (which, by the way, ignores all the European and Asian iTunes stores), which may or may not be representative of the entire population of iTunes music buyers. My interpretation of his data is that the second derivative of revenue may have changed in the last few months, but as the data clearly shows, that is very very far from iTunes sales collapsing. It simply means that its growth has slowed somewhat. Nonetheless, given that Apple took nearly three years to hit a billion songs sold, and the fact that it sold a billion just in the last twelve months, iTunes music sales remain quite healthy and producing revenues of more than one billion US dollars a year.

クリスマスの爆発的売り上げ

付記2:グラフに少し不連続の部分(2005 年12月)があるのは、昨年のクリスマスでアップルが 1400 万台の iIPod を売り上げたからだ。通常の四半期ではせいぜい 400 万から 800 万台というところだ。今年のクリスマスでは 2000 万台以上を売り上げるだろうと私は予想している。もっともアップルはいつも私の予想を凌駕するけれど。iPod の売り上げが不釣り合いなほど大きくなると、iPod 1台当たりの曲数は小さくなる。更に Josh の数字には、贈答用 iPod やギフトカードが含まれていない。これらのギフトが一番使われるのがいつか考えてごらん。そうだ、まさに今頃なんだ。決して年の初めの9か月の間なんかではない。

Update 2: That little discontinuity in the graph above at December 2005 is because Apple sold 14 million iPods last Christmas, up substantially from its average quarter of only 4-8. This Christmas, I’m predicting Apple will sell 20 million (and Apple always beats my projections). Periods of disproportionate iPod sales drive down the ratio of songs to iPods. Further, Josh’s analysis does note that iPod gifts and gift card usage are not included in his count. Guess when those items are used most often. That’s right, around now, not during the first nine months of the year.

結論:iTunes は実に立派にやっている。

The bottom line: iTunes is doing just fine.

      *      *      *

ニューヨークタイムズの記事については、もうひとつ反論がある。

iTunes の売り上げが減ったというのなら、それは最近の音楽がつまらないからだというのだ。

BusinessWeek:”Why iTunes Sales Are Down: Music Is Bad” by Arik Hesseldahl:12月12日

      *      *      *

最近の音楽はつまらない

あなたはどうか知らないが、私は最近音楽なんてほとんど買っていない。その理由は、1)そんなに音楽を聴いているヒマがないこと、2)最近音楽マーケットの出ている新しい音楽たるやものすごくつまらないからだ。もちろん、これは私の意見にすぎないけれど。

I don’t know about you, but I haven’t been buying much music at all lately. And the reason is that I’m 1) too busy to listen all that much, and secondly, 2) I think that most new music put on the market these days is just abysmally bad. But then again, that’s just my opinion.

音楽会社こそ心配すべきじゃないのかと思う。海賊行為やほかのせいに出来ることではないのではないか。製品の質が問題なのだ。最近好きな曲なんてひとつも名前を挙げられない。

To me its the music companies who should be worried. This doesn’t seem to me to be a problem they can blame on piracy or anything else. The problem is the quality of the product. I can’t name a single current music act that I care about.

以前にもあった

こんなことは前にもあった。1980 年代の初め、音楽業界はカセットテープにお手上げだった。重役たちは議会に陳情して販売されたカラのカセットテープすべてに著作権使用料を課そうとした。海賊行為のためセールスがまさに崖っぷちだと彼らはいった。音楽の大ヒットはもうなくなる、何故なら買うのはひとりだけで、あとはコピーして友だちに配るから、と。

There is precedent for periods like this: In the early 1980s the music industry was all up in arms about the cassette tape. Executives lobbied Congress for the rights to impose a royalty on all blank cassette tapes sold. Their sales were about to fall off a cliff because of piracy, they warned. There would never again be a huge-selling hit because one person would buy it and then copy it to a tape for all their friends.

そんなことにはならなかったとみんな知っている。マイケル・ジャクソンの “Thriller” アルバムがヒットしたのはその年の終わりだった。ブルース・スプリングスティーンの “Born In The USA” もプリンスの “Purple Rain” もみなそうだった。どれもいい曲だった。みんな好きで、何百万枚と買ったのだ。

As we all know, it didn’t happen that way. Michael Jackson’s “Thriller” album hit the market at the end of that year. So did Bruce Springsteen’s “Born In The USA” and Prince’s “Purple Rain.” They were good, people liked them and bought them by the millions.

製品の質が問題

製品がよければ、消費者はカネを払うのだ。さもなきゃ、カネは払わない。もし私がレコード会社の重役だったら、音も同じ、みかけも同じ出し物がずらずら並ぶリストとは縁を切って、真に才能のある、真にユニークな音楽家を求めて必死になるだろう。我々の期待にチャレンジし、演奏もほんとにうまいそんな音楽家を・・・

When the product is good, consumers will pay for it. When its not, they don’t. If I were a record company executive right now, I’d think seriously about cutting loose a long list of sound-alike, look-alike music acts and looking long and hard for truly talented, truly unique musicians who will challenge our ears with music that actually sounds good when its played.

      *      *      *



参考:



iTunes
の急落(Forrester Research

・New York Times:”Sales of iPods and iTunes Not Much in Sync” by Alex Mindlin:12月11日

・The Register:”iTunes sales ‘collapsing’” by Andrew Orlowski:12月11日

・MacNN:”Forrester: iTunes sales plummeting“:12月11日

・TUAW:”NYTimes: 22 Songs Per iPod” by Erica Sadun:12月11日

・Bloomberg:”Apple ITunes Sales Slid in First Half, Forrester Says (Update4)” by Dina Bass:12月12日

・AppleInsider:”Are Apple’s iTunes music sales plummeting?” by Slash Lane:12月12日

・Engadget:”iTunes sales “collapsing,” blanket licensing to succeed?” by Darren Murph:12月12日

・Reuters:”Apple’s iTunes music sales collapses in H1: survey“:12月13日

・SeekingAlpha:”Apple Stock Slips: iTunes Slowdown? iPod Peaking?” by Eric Savitz:12月13日

・PC Pro:”News: Apple denies iTunes sales slump” by Simon Aughton:12月13日

・My Sleepless Nights in the Big Apple:”iTunesの売上、詰まりぎみ?“:12月13日

反論(数学的にみて)

・Infinite Loop:”iPods, iTunes, and iDiots—Forrester says iPods don’t drive iTunes sales” by Mary E. Tyler:12月11日

・Blackfriars’ Marketing:”Do the math: iTunes sales aren’t collapsing” by Carl Howe:12月12日

・SeekingAlpha:”High School Math 101: iTunes Sales Not Collapsing” by Carl Howe:12月12日

・Mac Observer:”Blackfriars’ Marketing Refutes Collapsing iTunes Sales” by John Martellaro:12月12日

反論(音楽がつまらぬ)

・BusinessWeek:”Why iTunes Sales Are Down: Music Is Bad” by Arik Hesseldahl:12月12日

アップルの反論

・TheStreet.com:”Apple Off-Key on iTunes” by Katie Dean:12月12日

・BBC:”Apple denies download sales fall“:12月13日

Technorati Tags: , ,

広告

4件のコメント »

  1. いつもブログを読ませていただいております。統計などというものは、その統計を作る人の考えに都合のよいように数字をいじったものでしかないと認識しています。アンケート等でも、作り手の意志を感じる質問が非常に多いですね。

    数字をそのままながめれば、iPodもiTMSも大当たりしていることは確かなのです。どんなに叩かれても、iPodに代わるMP3プレイヤーは今現在、存在しません。我が家にも合計5台のiPodがありますが、iTMSで購入することはあまりありません。

    よほどこのニューヨークタイムズに記事を書いた人は、iTMSとiPod
    がお嫌いなんでしょう。あるいはMSの回し者かしら?などど考えてしまいました。

    こんな愚かな記事を頭から信用するオバカさんがいない事を願っております。

    コメント by りんご — 2006年 12月 14日 @ 12:06

  2. > りんご さん
    ほんとに 統計とは ムズカシイものですね
    一家に何台の iPod があるかということを 推測するだけでも とても大変です
    今日あたりのウェブを見ていると Forrester Research および それを鵜呑みにした記事に対する批判が 一斉に始まったようです
    Josh Bernoff 自体も ギブアップした気配がありますし・・・

    コメント by shiro — 2006年 12月 14日 @ 21:12

  3. iTunesの売り上げが急落している…と言う噂

    ipodがポータブル音楽プレイヤー市場を独占していると言っても過言ではないほど大きなシェアを占めているが、そんな絶好調のipodとは、反対にiTunesの売り上げが2006年前半に落ち込んだという報道が続いた。 先週公開されたこの調査の中に、iPod所有者は平均して、iTunes…..

    コメント by its-web tool app index — 2006年 12月 15日 @ 09:58

  4. 13 Songs

    ギャング・オブ・フォーはディスコになり、ミッション・オブ・ブルマは耳が聞こえなくなった――ではクラッシュは? そう、クラッシュはとにかく進み続けたが、フガシは先輩たちがはまってきた罠をどうにか迂回した。実際、このワシントンD.C.のバンドは、マイナー・スレットのイアン・マッケイとインサレクションのガイ・ピコットが結成し、世界のもっとも信用できる非セルアウトのノイズ・ポップ・バンドになってもおかしくなかった。『13 Songs』は1989年のシングル2枚を集めたものだ。バンドが独特なハードコア、ファン…

    コメント by 1-kakaku.com — 2007年 1月 16日 @ 03:22


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中