maclalalaweblog

2006年 12月 6日

裏切り者とでも、なんとでも呼べ

Filed under: ひと,映像 — shiro @ 09:34

Thomas Hawk

[Thomas Hawk – Moderation is a Memory]

サンフランシスコの素晴らしい写真を撮り続けている Thomas Hawk の話を聞いてください。

15年来のベテラン PC ユーザーがマックに乗り換えたのだ。

Thomas Hawk’s Digital Connection:”Thomas Hawk Buys a Mac“:11月28日

      *      *      *

この二週間、ずっと秘密にしてきた。我ながら矛盾しているようだし、自信もなかったからだ。恥ずかしいような、同時に誇らしいような気持ちだった。書く前に、自分の気持ちを十分整理しておきたいと思った。多くのひとは「それは一大事だ」というかもしれない。自分にとってはどちらかというとそれほど大げさなことではないのだ。ひとにはまだあまり話していない。先週 Robert Scoble には見せたけれど、それ以外にはあまり話していない。

Well I’ve been hiding a secret for the past two weeks. It’s something that I’ve felt conflicted and unsure of, something that I’ve felt ashamed of and proud of at the same time. Something that I’ve been trying to sort out before I actually wrote about it. Most people will probably say, “yeah, big deal.” But for me it kind of is a big deal. I haven’t told very many people. I showed Robert Scoble last week but have been kind of hiding it otherwise.

Digital Dj

[Thomas Hawk – Digital DJ]

二週間ちょっと前、パロアルトのアップルストアを訪ねた。そして新しい MacBook Pro を買ったのだ。そうだ、あのセクシーなインテルのデューアルコア[注:Core 2 Duo]MacBook Pro だ。マックなんて15年来使ったことないのに、家に帰るとデルのノートブックを文字どおり本立てに仕舞った。それからずっと二週間、この新しいマックをメインマシンとして使っている。

A little over two weeks ago I walked into the Apple store in Palo Alto and bought myself a new MacBook Pro. Yes, the new sexy Intel dual core MacBook Pro. And I went home and after not using a Mac for over 15 years, put my Dell PC notebook literally in the bookshelf and have been using this new Mac as my primary computer for the past 2 weeks.

この二週間の感想をなんといえばいいだろうか。「参ったなあ、なんてスゲエんだ!」これまでの15年間、自分はガチガチのマイクロソフト PC ユーザーだった。マッキントッシュを熱狂的に崇める連中のことなんかバカにしてきた。Steve Jobs が上手にやってのける洗脳の催眠術を嘲ってきた。

And what do I have to say about the experience after two weeks? My God! This is f***ing amazing! For the past 15 years I’ve pretty much been a diehard Microsoft PC guy. I’ve mocked the religious zealotry of the cult of Macintosh. I’ve derided the senseless brainwashing that Steve Jobs seems so elegant at.

とうとうやっちゃったのだ。マッキントッシュを買ってしまった。自分には自己破壊的な性癖があるのかもしれない。新しいことを試してみたかっただけなのかもしれない。今回の行動は結婚というものについて考えさせる。15年も連れ添った信頼できる妻を、やせてカッコいい19才のモデルと取り替えてしまったということだろうか。それとも流行にのっただけか。答えはノーだ。

And then I just did it, I went out and bought one. Maybe it’s a self destructive bent that I’ve got. Maybe it’s the need to explore something new. The move made me think about marriage. Was I simply trading in my trusty old wife of 15 years for the sleek slender new 19 year old model? Was I somehow doing this as a fashion statement? But the answer was no.

いくつもの理由で、自分はデル PC にひどく失望していたのだ。写真を編集してアップロードすると色調がまったく違っている。やり直しタブをクリックしても解除することができない。EVDO カード[注:Verizon のワイヤレスカード (EVolution Data Optimized]を買ったがうまくいかない。(EVDO カードを3枚も試したが結局全部返却した。)

I was very frustrated with my Dell PC for a number of reasons. When I would edit photos on it and then upload them the color would be all wrong. I couldn’t disable tap to click. I tried to buy an EVDO card for it and it wouldn’t work. (I tried three EVDO cards actually and had to return them all).

デルには私が嫌いなクセがある。スリープしてしまうので、ふたを開けてパワーボタンを押すのだがなにも起きない。まるまる1分たってもまだ何も起きない。ボタンを押したのが分からなかったのかと思ってもう一度押す。すると直ちにシャットダウンしてしまう。パワーボタンを2度押してしまったからだ。途中で止めることもできず、再起動して完全に使えるようになるまで待たざるを得ない。アプリケーションは途中で止まったりする。自分のネットワークではうまく動かない。無線シグナルが来ているのに、再起動しないと繋がらない。ひっきりなしにドライバーをインストールしたり、アンインストールしなければならない。いろいろありすぎるのだ。

The Dell had this habit that I hated. It would go to sleep and then I’d open the lid to use it and press the power button to activate it. Nothing would happen. A full minute would go by, still nothing. So I’d think that maybe it didn’t know that I pushed the power button and would push it again. Then it would come on only to immediately begin shutting itself down because I’d pressed the power button twice. There would be no way to stop it and so I’d have to wait until it fully rebooted to start using it. Applications would hang. It wouldn’t work on my network right. It would tell me that I had a wifi signal but wouldn’t connect without a reboot. I was constantly needing to install drivers and uninstall drivers. So many things.

私の18年来の技術面のよき師である Kristopher Tate は、この間ずっといい続けた。「お前、マックを買えよ。マックを買えよ。ちゃんとうまくいくんだから。」

And all along the way it was my 18 year old tech mentor Kristopher Tate, who kept saying, dude, just get a Mac. Just get a Mac. They just work.

で、そうしたのだ。彼は正しかったと言わざるを得ない。ちゃんとうまく動く。慣れるのに48時間ほどかかるが、一旦最初のぎこちない段階が終わると、ちゃんと、とてもうまくいく。ふたを開けるや否や直ちに命がみなぎる。新しい EVDO カードは完全に動作する。速い。写真のクオリティーはとても正確だ。 Bridge と Photoshop を同時に動かすのも簡単だ。その間 Firefox、Thunderbird、Skype、iTunes、jUploadr など、すべてを同時に開いておくことも可能なのだ。

And so I did. And I have to say that he’s right. It just works. It took about 48 hours of getting used to but once my little introductory awkward phase was over it just works so mucsh better. It springs to life immediately when I open it. The new EVDO card I got works perfectly. It’s fast. The picture quality is very accurate. I can easily work in both Bridge and Photoshop at the same time on it while still having Firefox and Thunderbird and Skype and iTunes and jUploadr all open at the same time.

途中でちょっとした問題がいくつかあった。自宅のウインドウズのネットワークで動かすのは簡単ではなかった。しかしテクニカルサポートの Kristopher が近くにいてくれるので、これはもう大変な命綱だった。何かやる必要がおきると彼が教えてくれる。私の古いデルのノートブックから、Eメールや設定やブックマークなどあらゆるものを移行する手伝いをしてくれた。

I did have a few hiccups along the way. It wasn’t easy to get it to work with my Windows network at home, but having Kristopher around as tech support has been a fantastic safety net. Every time I need to figure out how to do something he shows me. He helped me transfer all my old email from my old Dell notebook, settings and bookmarks, etc. over.

それにデザインのこともある。ラップトップのデザインが自分に関係あるなんて夢にも思わなかった。マシンの美的問題のことではない。いかにうまく動いてくれるかということだ。うん、多分そういうことだ。このマシンはなんともセクシーなのだ。キーボードに明かりがつくのもいい。おかげで暗がりでも仕事ができる。光沢スクリーンもすてきだ。磨き込まれたアルミを持ったとき(撫でたりはしないのだが)その感触にも何かがある。文字入力も完璧だ。二本指のタッチパッドでスクリーンを動かすのも好きだ。マイクや小さなビデオカメラがスクリーンに目立たないように埋め込まれているのもいい。Skype を使ってビデオフォーンをやるのもめちゃ簡単だ。小さな電源コードにマグネットがついていて、簡単につながるのもいい。それに、そうなんだ。ケースのアップルロゴが光るのまで好きだ。昔はカンファレンスやテクミーティングで小馬鹿にしたものだったけれど・・・

And then there’s the design of the thing. I never in a million years would have thought that the design of a laptop would ever matter to me at all. It’s not about the aesthetics of a machine. It’s what it does for you right? Well, maybe. But this machine is damn sexy. I love the way that the keyboard is lit at night so that I can work in the dark. I love that glassy screen. There is something about the feel of the polished aluminum as I hold, no caress, the thing in my hands. It types perfectly. I love how I can use two fingers on the touch pad to move my screen down. I love how it has a hidden built in microphone and a small little video camera in the screen so that I can do video phone stuff through Skype super easily. I love how the little power supply has a magnet built into it and just kind of plugs itself in. And yes, I even love that glowing little Apple logo on the back of the case that I’ve scoffed at in the past at the various conferences and tech meetups that I’ve gone to.

マックは昔大学時代に使った。1985 年頃から 1991 年まではマックオンリーだった。マックに関する記憶といえば Mac Plus であり SE/30 だ。最初のマックではハードドライブがなかったので、フロッピーディスクを文字通り何度も出し入れしては OS やアプリケーションを入れたものだ。1991 年に銀行に就職したとき、マックは完全に場違いな存在[注:gonski?]だった。マックを使わしてくれと頼んだが笑われただけだった。

I used a Mac back in college and used them exclusively from 1985 or so until 1991. My past memories of the Mac are of the Mac Plus and the SE/30. With my first Mac I literally had to swap floppy discs back and forth out of the drive between the OS disc and the application disc because it had no hard drive. And then I went to work for a bank in 1991 and the Mac was definitely gonski there. I did ask for a Mac and they just laughed.

仕事で PC を使わなければならなかったので、ちゃんと使いこなせるように自宅でも PC を使おうと考えた。以来、PC が自分のマシンとなった。PC についてはたくさんの問題があったが、それをこなして自分は技術通だと考えるようになった。PC を使うのがかんかん照りの中で一日中穴堀りをするみたいなものだとすると、マックを使うのは温泉でゆったりしているようなものだ。

I figured that since I had to use a PC at work, I’d better use one at home too in order to best master the beast. And it has been a beast for me. As tech saavy as I like to think of myself as I’ve had so many problems with my PCs over the years. If using a PC is being outside working digging ditches all day long in the hot sun, using my new Mac is like hanging out at the spa.

PC を完全に見限ったわけではない。まだ自宅に4台、仕事場に2台ある。しかしいずれは、この薄くてセクシーな MacBook Pro で自分の仕事の85%以上をやることになるだろう。1月になったら Vista を動かせる新しい CableCARD を買うつもりだ。でも、ちょっと待つことになるかな。結局は買うかもしれないが、買うとしてももっと後かもしれない。さてどうなるか。

I’m not really giving up on my PCs yet. I still do have four of them at home and two at work. But I imagine that I’ll be spending 85% or more of my computing time on this slender sexy new MacBook Pro in the future. I was going to buy a new CableCARD capable Vista machine in January but I’ll probably hold off on that a bit. I may still end up buying one but will probably do it later if I do. We’ll see.

転向者と自分のことを呼んでくれていい。裏切り者とでも、異端者とでもなんとでも呼べ。マニアックと呼んでもいい。どうか[マックの]クラブに迎え入れてくれ。そうでないのなら、お前はそんなんじゃないと言ってくれ。自分にいえることは Kristopher が正しかったということだけだ。確かにちゃんと動く。ちゃんと動くと、とてもいい気分になる。コンピュータを使っていい気分になるなんて、長い、なが〜い間なかったことだ。

Call me a convert. Call me a traitor. Call me a heretic. Or call me a fanboy. Welcome me to the club or say it ain’t so Joe, but all I can say is that Kristopher is right. It just works. And it feels so great while it does that. It’s the best I’ve felt about using a computer in a long, long time.

      *      *      *

San Francisco

[Thomas Hawk – Street Lights and San Francisco Skyline]

Thomas Hawk については寡聞にして詳しくは知らなかった。しかし、彼の撮ったサンフランシスコの素晴らしい写真のことは知っていた。

前に「雨のサンフランシスコ」(San Francisco Rain)の写真を使わせてもらったことがある。

この記事を読んだとき、あ、あの Thomas Hawk だとすぐ分かった。

なかなか楽しい文章なので、digg のトップページにも載った。アップルサイトにも掲載された。

素晴らしい写真が撮れて、歯切れのいい、楽しい文章が書ける。一芸に秀でる者は・・・だ。

またひとり、好きなライターとサイトができた。

Technorati Tags: , ,

広告

3件のコメント »

  1. 自分も趣味でカメラをやりますので、Thomas Hawkの摩天楼と青空の写真はけっこう好きです。あの繊細な空の青を表現しようと思ったら、やはりMacの方がイメージに近い再現ができるのでしょうね。是非来日して、安達太良山(智恵子抄では阿多多羅山)の本当の空を撮影してもらいたいモンです。

    コメント by 土岐正造 — 2006年 12月 6日 @ 14:06

  2. 「穴掘り」と「温泉」どちらが好きですか?

    maclalalaweblogさんで面白い記事があったのでご紹介♪ サンフランシ

    コメント by りん5ちゃんねる-Mac大スキ♪gurikoのお部屋- — 2006年 12月 6日 @ 21:10

  3. > 土岐正造 さん
    確かに 素敵な空の青ですね カリフォルニアの空の色ということでしょうか
    ひとと 自然と 街と Thomas Hawk の写真はとてもいい
    先日 故郷の自然に触れてきましたが 本物には バーチャルな世界にはないよさがありますね

    コメント by shiro — 2006年 12月 7日 @ 06:20


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中