maclalalaweblog

2006年 11月 13日

ユニバーサルに屈したマイクロソフト

Filed under: ウェブログ,音楽 — shiro @ 18:52

Zune Brown

iPod キラーといわれる Zune の発売(米国時間11月14日)が近づくにつれて、ハードの機能だけでなく、Zune を取り巻く環境も明らかになってきた。

マイクロソフトがレコード会社にカネを支払うという話もそのひとつだ。曲に対してではない。売れた Zune の数について払うのだという。

WinInfo:”Microsoft Caves to Universal in Music Deal” by Paul Thurrott:11月9日

      *      *      *

膝を屈したマイクロソフト

Universal Logo

マイクロソフトは Zune ミュージックプレーヤを出すに至ったのと同じやけくそのサインを出している。ユニバーサルミュージックグループ(UMG)との尋常でない契約を発表したのだ。その契約によれば、Zune が1台売れるごとにユニバーサルに1ドル払うというものだ。その代わりユニバーサルは、オンラインサービス Zune Marketplace に対しその音楽を販売するライセンスを与えるという。

Sending yet another signal of the same desperation that led to the creation of its Zune music player project, Microsoft this morning announced that it has entered into a highly unusual deal with Universal Music Group. Under the terms of the deal, Microsoft will pay Universal $1 for each Zune device sold; in return, Universal will license its collection of music for sale to the Zune Marketplace online service.

しかし待てよ、とあなたはいうに違いない。ユニバーサルはその収入のほとんどを、すでに音楽のオンライン販売から得ているのではないのか。そして、ユニバーサルは自分が持っている音楽コレクションを、マーケットリーダーのアップルを含む他のオンラインミュージックサービスにすでにライセンスしているのではないか、と。二つの質問に対する答えはイエスだ。もちろんのことアップルは iPod 1台の売り上げに対し1ドルを払ったりはしていないが、ユニバーサルはマイクロソフトが払うのと同じような使用料を、アップルからもぎ取ろうとしているのだとみんな思うかもしれない。

But wait, you say. Doesn’t Universal already keep the majority of income from sales of its music online? And doesn’t Universal already license its collection to other online music services, including that owned by market leader Apple? The answer to both questions, of course, is yes. And Apple certainly isn’t paying Universal $1 per iPod sold, though one might imagine that Universal tried to wrest from Apple a royalty similar to what Microsoft is paying.

      *      *      *

足下を見られた

そうだ、相手がマイクロソフトだと音楽業界はそういうやり方をするのだ。PlaysForSure というデジタルミュージックの失敗や、Zune の身勝手なやり方をみて、ソフトウェアの巨人には駆け引きの余地がないと見透かしたユニバーサルは、プレーヤ1台につきいくらという使用料を要求したのだ。ニューヨークタイムズによれば、緊張したやり取りが数週間も続いた後、この取引が成立したという。

Well, that’s how the music industry crumbles when you’re Microsoft. Sensing that the software giant was in no position to bargain, given the failure of its previous digital music initiative, PlaysForSure, and the uncertain nature of its new Zune go-it-alone approach, Universal demanded the per-player royalty payment. The deal comes “after weeks of tense talks,” according to a report by “The New York Times”.

もしマイクロソフトがこの支払いを蹴ったら、アップルの iTunes ストアのほんの一部に相当する曲だけでスタートせざるを得なかった。(ユニバーサルは世界の音楽マーケットの三分の一を売り上げている。)曲の数が限られていたら、Zune はマーケットに出る前に息の根を絶たれていただろう。アップルはどうかというと、マーケットで支配的な力を握っているのでそんな取引をしなくて済んだのだ。もしユニバーサルが iTunes ストアから引き揚げることになれば、被害を被るのはアップルではなくユニバーサルの方だ。

If Microsoft had vetoed the payments, it would have been forced to go to market with only a portion of the music available on the Apple iTunes Store. (Universal sells one-third of all music worldwide.) That limitation would likely have killed Zune before it even had a chance to fail in the market on its own. Meanwhile, Apple hasn’t been forced to make a similar deal because it enjoys the dominant position in the market. If Universal pulled out of the iTunes Store now, that action would harm Universal more than Apple.

      *      *      *

ユニバーサル以外にも

マイクロソフトにとって事態はもっと悪い。他のレコード会社に対しても同様なロイヤリティ契約を結ぶと、このソフトウェアの巨人は発表したのだ。「我々は Zune に結集する必要がある。高度のビジネス取引なのだ」とマイクロソフトのマーケティングマネージャはいう。

But it gets worse for Microsoft. The software giant also announced that it will offer similar royalty deals to other music industry partners. “We need people to rally behind the Zune,” Microsoft’s general manager of global marketing said. “It’s a higher-level business relationship.”

      *      *      *

貪欲なユニバーサル

Mj Madonna Davidgeffen

[David Geffen, Michael Jackson & Madonna]

ロイヤリティを要求したユニバーサル側の説明は、弁明の余地がないほど貪欲そのものだ。音楽業界の大御所 David Geffen[注:10年前に自分のレコード会社をユニバーサルに売却]はつぎのようにニューヨークタイムズに語っている。「どのプレーヤもカネを払っていない曲を保存するのに使われる。こうすることによってレコード会社は、みんなが曲に払う料金に加えて、コピーされた曲を保存するデバイスについてもカネを取ることができるのだ。」この記事の中で David Geffen は、盗んだ曲のことではなく CD からコピーされた曲(多分その前にカネを払って購入されている)のことを指している。JupiterResearch の最近の報告によれば、アップルは iPod 1台当たり20曲しか売っていないと推定している。iPod の残りの曲のうち 95 %以上はそれまでに買った CD からコピーしたものだ、と。

Universal’s explanation for its royalty demands is as indefensible as it is greedy. “Each of these devices is used to store unpaid-for material,” music mogul David Geffen told “The New York Times”. “This way, on top of the material people do pay for, the record companies are getting paid on the devices storing the copied music.” In the article, Geffen refers not to stolen music but rather music people rip from CDs (that, presumably, were previously purchased). A recent JupiterResearch report estimated that Apple sells only 20 songs per iPod; the remaining songs on the devices, 95 percent or higher, are songs customers ripped from previously purchased CDs.

もちろん音楽業界はこのコピーされた曲の大部分は、他人のコレクションやオンライン共有サービスを通じ何らかの形で盗まれたものだと信じている。そう信じるが故に、生まれながらの貪欲さと相俟(あいま)って、音楽業界は自らのやることをすべてそういう風にしてしまうのだろう。

The music industry believes, of course, that a good portion of those ripped songs were stolen in some way, either from others’ music collections or from online file-sharing services. And that belief, coupled with innate greed, appears to color everything the music industry does.

      *      *      *

この件については、いくつも記事が書かれており、視点はそれぞれ少しずつ異なっているが、反響の大きさが窺われる。

残りの記事についても、サワリを少しだけ・・・

      *      *      *

アップルに対しても要求する:New York Times

ユニバーサルはこの取引によって、来年満了するアップルとの契約更改時に、以後 iPod 売り上げの分け前をよこせと強く主張する手段を与えられたことになるのかもしれない。

In addition, the deal may provide leverage for Universal to insist on a cut of future iPod sales when its existing contract with Apple expires next year.

New York Times:”Microsoft Strikes Deal for Music” by Jeff Leeds:11月9日

      *      *      *

マイクロソフトらしい:Blackfriars’ Marketing

これは典型的なマイクロソフトの例だ。マーケットで独自かつ強力に製品を売り込むために時間とエネルギーを積極的につぎ込む代わりに、競争相手を攻撃する取引を巧妙に結ぶのだ。

This is classic Microsoft: crafting deals to attack competitors instead of spending the time and energy to positively market the product uniquely and powerfully.

Blackfriars’ Marketing:”Microsoft tries to derail the iPod juggernaut with Universal deal” by Carl Howe:11月9日

      *      *      *

アップルをめちゃめちゃに:Macalope

アップルのビジネスモデルをめちゃめちゃにするためだ。

To try to screw up Apple’s business model.

Macalope:”Simple answers to simple questions“:11月9日

      *      *      *

独占的地位の利用:Daring Fireball

マイクロソフトには、冷酷な取引で自らの製品がマーケットリーダーから市場を奪うのを見て見ぬ振りをしてきた歴史がある。経営陣のずる賢さにも一因があるが、しかし大部分は、マーケットにおける独占的地位を利用して、つぎに参入しようとするマーケットを絞り上げることを厭わないのがマイクロソフトの歴史だ。

Microsoft does have a history of making ruthless deals and engaging in conniving business practices that have helped their products overtake existing market leaders. Part of this can certainly be ascribed to executive cunning — but a big part of all such deals in Microsoft’s history is their willingness to use a dominant position in an existing market to put the squeeze on the new market they’re trying to enter.

Daring Fireball:”I’d Buy That for a Dollar” by John Gruber:11月10日

      *      *      *

悪しき先例:Apple Matters

マイクロソフトの今回の動きは悪しき先例となる。明確な証拠もないまま、すべての消費者を盗人にしてしまう。費用はマイクロソフトが負担するから、当面消費者には影響ないといえるかもしれない。しかし iPod だって未来永劫とはいえないから、それを Zune が打ち負かすことになったら、たちまちその費用は消費者が直接支払うものとなるだろう。

Microsoft’s move sets a bad precedent and turns all consumers into thieves without evidence. For the time being one can argue that the agreement is not going to monetarily impact consumers because Microsoft is absorbing the hit. If the Zune prevails over the iPod that won’t last long, the cost will quickly be directly paid by the consumer.

Apple Matters:”A Legitimate Reason to Hate the Zune (And Microsoft Too)” by Chris Seibold:11月10日

      *      *      *

参考:

・WinInfo:”Microsoft Caves to Universal in Music Deal” by Paul Thurrott:11月9日

・New York Times:”Microsoft Strikes Deal for Music” by Jeff Leeds:11月9日

・Blackfriars’ Marketing:”Microsoft tries to derail the iPod juggernaut with Universal deal” by Carl Howe:11月9日

・Macalope:”Simple answers to simple questions“:11月9日

・Daring Fireball:”I’d Buy That for a Dollar” by John Gruber:11月10日

・Apple Matters:”A Legitimate Reason to Hate the Zune (And Microsoft Too)” by Chris Seibold:11月10日

・Reuters:”Microsoft to pay Universal for every Zune sold” by Yinka Adegoke:11月8日

・ITmedia:”「iPod税」ならぬ「Zune税」、MSがレーベルに支払い“[ロイター]:11月9日

・ITmedia:”Zune税はアーティストを支援するため」——MSがコメント“:11月11日

Technorati Tags: , ,

広告

4件のコメント »

  1. M$は本当にUniversalに屈したのか?

    いつも楽しみにしているmaclalalaweblogさんの昨日の記事、「ユニバ…

    コメント by 若旦那の独り言 Ver.X — 2006年 11月 14日 @ 00:51

  2. ついに出たMicrosoftの奥の手「Zune税」=ユーザー無視

    これはあまりにもひどい、iPod対抗の奥の手ですね。シェア80%近いiPodに対抗するには、こういう抜け駆けをするしかなかったって事でしょうか。支払うMicrosoftにとっては、当面はシェアが低いから大したことないけれど、Appleには大打撃でしょう。もちろんユーザーにも。
    そして、Vistaでホームエンターテイメントへ進出しようとしている時に、Microsoftはユーザー側ではなく、コンテ�…

    コメント by 浪花娘。に恋しちゃった (・∀・) — 2006年 11月 15日 @ 03:45

  3. iPod税を彷彿とさせる米Microsoft”Zune税”

    maclalalaweblog『ユニバーサルに屈したマイクロソフト』 ITMedia News 11月9日付『「iPod税」ならぬ「Zune税」、MSがレーベルに支払い』 浪花娘。に恋しちゃった (・∀・) 『ついに出たMicrosoftの奥の手「Zune税」=ユーザー無視』、およびふっかつ!れしのお探しモノげっ…

    コメント by facethemusic — 2006年 11月 15日 @ 08:28

  4. ユニバーサルに屈したマイクロソフト

    maclalalaweblogさんの記事より。アップルのiPodに唯一対抗できるか?と思われてる、MicrosoftのZuneがアメリカで発売になったそうです。まあ、マックに対応していない以上どうでも良いんですが、、一つ信じられない事が。MicrosoftはZuneが一台売れるごとにユニバーサル……

    コメント by 凪かぜ — 2006年 11月 17日 @ 19:09


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中