maclalalaweblog

2006年 10月 30日

競争市場へようこそ

Filed under: インテルマック,ウェブログ — shiro @ 19:58

Think Different-1

インテル移行で絶好調のマックだが、泣き所はないのだろうか。

Troy Wolverton が大変興味深い指摘をしている。「アップルは think different を継続できるか。」

Mercury News:”Can Apple still think different?” by Troy Wolverton:10月27日

      *      *      *

Think Different

かつて「みんなとは違う考え方をする」(think different)と約束したアップルだが、インテルチップに移行したため難しい立場におかれている。果たしてどれほどみんなと違う考え方が出来るのだろうか。

Apple Computer’s switch to Intel chips puts the company that once promised to “think different” in a tough spot: How different can it be?

インテル移行

今年の初め、アップルがインテル移行を決意するまで、その選択肢は限られていた。それまでの PowerPC チップでは、ハードウェアの競争力をどんどん失ったし、その結果マーケットシェアも低迷した。

The company had little choice when it made the move earlier this year. Its previous reliance on PowerPC chips left it with increasingly uncompetitive hardware and dwindling market share.

インテル移行の決定は成功だった。最近の四半期をみると、アップルのコンピュータ売り上げは PC マーケット全体をはるかに凌駕しており、直前の四半期には記録的な売り上げを達成した。さらに重要なことは、インテル移行によってアップルに興味をもつひとが増えたことだ。直近の四半期にアップルストアで売られたコンピュータの半数以上を買ったのは新しいマックユーザーだった、と Peter Oppenheimer(アップル CFO)は今月初めのカンファレンスコールで語った。

The decision seems to have paid off; in recent quarters, Apple’s computer sales have vastly outpaced the overall PC market, and last quarter the company sold a record number of machines.More important, the move seems to have broadened Apple’s appeal. More than half the computers Apple sold last quarter in its stores were to customers who were new to Macs, Chief Financial Officer Peter Oppenheimer said in a conference call earlier this month.

直接比較が可能

しかしながら、インテル移行によりアップルは困難な立場におかれることにもなった。競争の激しい PC マーケットのど真ん中におかれることになったからだ。アップルの顧客は、これで初めてマッキントッシュのスペックのあれこれを(そして価格も)デルや HP と直接比較できるようになったのだ。

But the move has alsoplaced Apple in a tough spot, putting it in the thick of the competitive PC market. For the first time, Apple’s customers can now directly compare the specifications of the company’s Macintosh computers — and their prices — with those offered by Dell or Hewlett-Packard.

食うか食われるか

Competitive-1

もしアップルが PC マーケットに参入するつもりなら、他の主要 PC メーカーとの「日用品 PC ゲーム」(commodity PC game)という食うか食われるかのゲームに付き合って行かなければならない、とアナリストはいう。本当のところ、マックがメジャーな製品になってほしいとアップルが考えているかどうかは疑問だというアナリストもいるけれど・・・

Assuming that the company wants to continue to make inroads — and some analysts question how much Apple really wants its computers to go mainstream — it’s going to have to keep pace with those and other veterans of the cutthroat commodity PC game, analysts say.

「かつてのように自由で気ままではいられなくなる」と Richard Shim(IDC の PC アナリスト)はいう。「アップルはビジネスのやり方を変えなければならなくなる。」

“It’s not going to be as free and loose for them as it was,” said Richard Shim, a PC industry analyst in the San Mateo office of market research group IDC. “They’re going to have to change the way they do business.”

危険な賭け

アップルの顧客にとってはそれはいいことだろう。最先端のテクノロジーが他社とも競争力のある安い価格で買えるのだから。アップルには際立った OS とソフトがあり、それがセールスポイントだと見られてきた。しかし、PC メーカーのひとつとなってしまうことは避けながら、アップグレード競争をするということはアップルにとって非常に危険な賭けだと、アナリストはいう。

That could be a good thing for Apple customers, ensuring they continue to have cutting-edge technology in their machines at competitive prices. And Apple will still have its distinctive operating system and software, always seen as key selling points.But playing the upgrade game while avoiding the risk of becoming just another PC maker could prove to be a dangerous challenge for Apple, analysts say.

「アップルの製品サイクル(product cycles)が、インテルの動きに巻き込まれないようにする必要がある」と Jon Peddie(Jon Peddie Research のアナリスト)はいう。「周囲の雑音に巻き込まれてみんなと同じことをするようになると、これまで培(つちか)ってきたアップルという特別の特徴がなくなってしまう。」

“Apple would be advised to not let Intel drive their product cycles,” said Jon Peddie, founder and analyst at Jon Peddie Research, an industry consulting firm based in Tiburon. “If they get lost in the noise of everybody doing the same thing, they’ve lost their special cachet.”

[この点について]アップルはコメントをしなかった。ただ、当分の間、アップルとしては一応なんとかして PC  のアップグレード競争(PC upgrade game)に付き合うつもりだと示唆した。

Apple representatives declined to comment. But the company has indicated that for now, it intends to play the PC upgrade game, at least after a fashion.

MacBook Pro の場合

Mbpro

具体的な例として、今週初め、アップルはハイエンドラップトップ MacBook Pro の心臓部をインテルの新しい Core 2 Duo プロセッサで置き換えた。これは、インテルの発表から6週間も経っており、PC 他社が同様のアップグレードをした後のことだった。

Earlier this week, for instance, Apple replaced the chips at the heart of its high-end MacBook Pro line of laptop computers with Intel’s new Core 2 Duo processors. The move came some six weeks after Intel introduced the chips and followed similar updates from other major PC vendors.

Mac Pro の場合

アップルの野心と、そしてアップルが直面するプレシャーをよく物語るのは Mac Pro のケースだろう。アップルは8月にインテルの新しいチップを採用したプロレベルのデスクトップ Mac Pro を出荷したが、そのときアップルのトップは、新しいマシンの価格をデルや他社のマシンとはっきりと比較してみせた。

Perhaps more telling of Apple’s ambitions — and the pressures it faces — in August, when the company rolled out the Mac Pro, its new line of professional desktops based on updated Intel chips, company representatives made explicit comparisons between its prices and those charged by Dell for similar machines.

競争市場

R Of Noreturn-1

「みんな最新・最高のテクノロジーを欲しがる」と Van Baker(Gartner のアナリスト)はいう。「競争市場に残るつもりなら、アップルは、このテクノロジーをマーケットに投入できるリーダーの仲間入りをしなければならない。」

“People want the latest and greatest technology,” said Van Baker, an analyst with Gartner, an industry research firm. “Apple is going to have to be among the leaders in terms of bringing this technology to market if they want to remain competitive in the marketplace.”

これまでアップルは、コンピュータにチップを搭載するのをいつにするか、かなり自由に決めることができた。競争相手のことを心配する必要はなかった。

In the past, Apple could pretty much determine on its own when to plug a chip into its computers. It didn’t have to worry about competitors.

チップ搭載競争

しかし、インテルが新しいプロセッサを発表するときは大掛かりな宣伝するので、アップルが最新のチップを搭載しているかどうかはすぐ分かる。この点はウインドウズの顧客を惹き付ける重要なポイントだ。なぜなら、彼らは搭載されているプロセッサが何かをみてコンピュータを買ってきたからだ。

But because Intel makes a big show when it puts out a new processor, it will be pretty clear whether Apple has the latest chips. That could be a key factor in luring Windows customers, who have long shopped for computers based on their underlying processors.

「デルや HP が新しいチップを搭載しているのに、アップルだけが古いチップを搭載した製品を出すというわけにはいかない」と IDC の Shim はいう。「もちろん他社が出したからアップルもそうしなければならないというわけではない。しかし、マーケットはそれを許してはくれないだろう。」

“They can’t be out there with a product on an older chip when Dell or HP has the new chip,” said IDC’s Shim. “That doesn’t mean they have to do it when the other guys do it, but there’s not going to be as much forgiveness in the market.”

      *      *      *

どうやら、一旦入ってしまったら引き返すことのできない、食うか食われるかの競争市場に踏み込でしまったということらしい。

特殊なニッチマーケットに安住してきたアップルにとっては、なかなか一筋縄ではいかない世界のようだ。

これまでのアップルなら、Core Duo の投資を回収してから Core 2 Duo モデルを投入したということだろうか。

MacBook Pro の Core 2 Duo 搭載がいつになるのかなかなかはっきりしなかった背景には、こんなこともあったのかもしれない。

Technorati Tags: ,

広告

2件のコメント »

  1. こんばんは。今回の記事、とても興味深いものでした。アップルというよい意味での個性的メーカの今後。。。参考になりました。こちらのブログは他では得られない情報が多く大変重宝させていただいております。これからもお世話になります。

    コメント by mototaka — 2006年 10月 30日 @ 21:21

  2. > mototaka さん ありがとうございます
    インテルとの関係がどうなるか 興味深いところですね

    コメント by shiro — 2006年 11月 2日 @ 07:10


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中