maclalalaweblog

2006年 10月 26日

YouTube はユーザーを守るか

Filed under: ウェブログ,映像 — shiro @ 21:42

Copyright Infringement

YouTube について気になる話がある。

YouTube に違法ビデオを投稿したひとの名前が、裁判を起こした側に通知されているというのだ。

MarketWatch:”YouTube shared user data with studio lawyers” by Ben Charny:10月20日

      *      *      *

YouTube は投稿者を見張っている

何百万というインターネットユーザーが YouTube で毎日見ているのは、著作権を侵害した違法ビデオだということを誰でも知っている。新興企業 YouTube は 16 億 5000 万ドルというグーグルの買収を同意したばかりだ。

SAN FRANCISCO (MarketWatch) — It’s no secret that millions of Internet users every day watch copyright-infringing video clips on YouTube, the upstart Web site that Google Inc. has agreed to acquire for $1.65 billion.

みんながよく気付いていないのは、YouTube が視聴者を見張っているということだ。

What’s less known is that YouTube has been watching the watchers.

この5月に YouTube が裁判所の提出命令(subpoena)を受けてとった行為によって、YouTube が著作権の対象となるビデオを投稿したユーザーをきちんと記録していることが分かった。そしてあるケースでは、ハリウッド映画会社の弁護士に対してその名前を明らかにしたことも。

YouTube’s actions in response to a subpoena it received in May show that it has been keeping tabs on users who post copyrighted material to its site — and in one case shared the name of a user with lawyers from a Hollywood film studio.

      *      *      *

YouTube は守ってくれない

5月24日、パラマウント映画の親会社 Viacom Inc. の弁護士は、サンフランシスコ連邦裁に、YouTube に対する提出命令(subpoena)を発給させることに成功した。同映画会社の「ツインタワー」の一部を投稿したあるユーザーに関して詳細を提出するよう求められたことが、命令書のコピーから分かっている。

On May 24, lawyers for Viacom Inc.’s Paramount Pictures convinced a federal judge in San Francisco to issue a subpoena requiring YouTube to turn over details about a user who uploaded dialog from the movie studio’s “Twin Towers,” according to a copy of the document.

YouTube は直ちにパラマウント映画に対しデータを引き渡した。6月16日にパラマウントは、ワシントンの連邦裁に対し、ニューヨーク市在住の映像制作者 Chris Moukarbel が著作権を侵害して12分の映像クリップを作成したとして提訴した。

YouTube promptly handed over the data to Paramount, which on June 16 sued the creator of the 12-minute clip, New York City-based filmmaker Chris Moukarbel, for copyright infringement, in federal court in Washington.

問題となっているビデオを削除する代わりに、YouTube が直ちにデータを引き渡したことに著作権の専門家は驚いている。この金曜日には、日本のメディア会社の求めに応じて3万ものビデオを削除することに YouTube は同意したのだから。

That YouTube chose to turn over the data, rather than simply remove the offending video from its site — as it did Friday when it agreed to take down 30,000 videos at the request of a group of Japanese media companies — came as a surprise to copyright experts.

「YouTube はあっさりと諦め過ぎたように見える」と知的財産専門の弁護士 Laurence P. Colton(アトランタの法律事務所 Powell & Goldstein LLP)はいう。

“YouTube seems to have given up too easily,” said Laurence P. Colton, an intellectual-property lawyer at the firm of Powell & Goldstein LLP in Atlanta.

YouTube が即時降伏したことから、著作権で保護されたコンテンツを投稿したユーザーは、メディア関係の裁判が起きたときには YouTube が守ってくれると期待してはならない、と Colton はいう。なお、Colton の法律事務所はパラマウントの裁判には関与しておらず、本件についても MarketWatch の記者から話を聞いて知った。

Its prompt legal capitulation suggests that YouTube users who post copyrighted material should not expect the company to protect them from media-business lawsuits, said Colton, whose firm wasn’t involved in the Paramount subpoena or lawsuit and who learned of them from a MarketWatch reporter.

      *      *      *

グーグルとは大違いだ

パラマウントが Moukarbel を突き止めるのに YouTube が手を貸したことは、グーグルのやり方と著しい対照をなしている。米国司法省がグーグルの検索サービスを利用したユーザーに関するデータにアクセスしようとしたときグーグルは激しく争ったのだ。

YouTube’s decision to help Paramount track down Moukarbel stands in stark contrast to the philosophy of Google, which has fought the U.S. Justice Department over attempts to access data about consumers who use its search services.

グーグルは、ユーザーの検索行動に関する全く無害と思われる情報についてさえ、米国政府に提出することをためらった。今でも、ブラジルやインド政府からのユーザー情報提供について、同様に争っている。

Google has balked at releasing even the most innocuous information about its users’ behavior to the U.S. government in the past. Also, it’s now battling requests for user details coming from Brazilian and Indian government investigators.

      *      *      *

MarketWatch に引き続き、CNET もこの問題を取り上げている。

CNET:”YouTube’s no friend to copyright violators” by Greg Sandoval:10月21日

CNET Japan:”あくまでも「法令遵守」を貫くユーチューブ–そして、この事実に気付かないユーザーたち“:10月23日

      *      *      *

Youtube

違法コピーが人気の秘密

しかしYouTubeの人気は、映画やテレビ番組の違法投稿によるところが大きい。[CNET Japan 訳]

But YouTube owes much of its early fame to the unauthorized posting of movie and TV show clips.

YouTubeが注目を集め始めたのは、NBCのテレビ番組「Saturday Night Live」の映像が投稿されてからのことだ。人気番組のビデオが掲載されたことでYouTubeは話題になり、NBCは同社に削除を要請した。以後、スポーツの試合、ニュース番組、映画、ドラマ、音楽ビデオなどが掲載されていった。[CNET Japan 訳]

YouTube first began attracting attention after clips from NBC TV’s “Saturday Night Live,” showed up on its site. Much was written about the show’s appearance on YouTube and the subsequent demand by NBC that the clips be removed. Since then, slices of sporting events, news shows, feature films, soap operas and music videos have appeared on YouTube.

      *      *      *

買収発表後に大きくなった不満の声

そして10月に入り、Googleが16億5000万ドルでの同社買収を決断した。決断を後押ししたのは、YouTubeが月間1600万ものビジター数を誇ることだった。[CNET Japan 訳]

And the payoff came earlier this month. It was YouTube’s 16 million monthly visitors that helped convince Google to pay $1.65 billion for the video-sharing site.

この買収が発表されるとコンテンツ企業は、自社の著作権を利用してYouTubeなどのサイトが利用者を集め続けていることに対し、不満の声を上げ始めた。20日には、日本のコンテンツ企業が合同で2万9000以上のビデオを削除するようYouTubeに要請し、同社はこれに応じた。[CNET Japan 訳]

Since the sale, entertainment companies have begun making noise about their unwillingness to stand still while YouTube and others attract crowds with their properties. A group of Japanese media companies demanded Friday that YouTube remove more than 29,000 videos, and the company complied.

Universal Music Groupは10月17日、ビデオ投稿サイトGrouperとBolt.comを相手取り、著作権侵害の疑いで訴訟を起こしたと発表した。同社がこの訴訟の対象にYouTubeを含めなかった理由は明らかになっていない。[CNET Japan 訳]

Universal Music Group said on Tuesday that it had filed lawsuits against video-sharing sites Grouper and Bolt.com for the alleged copyright violations on their sites. It remains unclear why Universal did not name YouTube in its suit.

      *      *      *

悪いのはユーザー

YouTubeでは現在、著作権侵害を阻止する新しい手法を検討しているところだと同社は述べている。また同時に、著作権侵害の責任は自社ではなく、ユーザーの側にあると、YouTubeは言う。[CNET Japan 訳]

YouTube has said it is working on new methods to help thwart copyright violations. The company has also said that it is not responsible for copyright violations; the users are.

      *      *      *

いささか YouTube の旗色が悪いが、Boing Boing は、この件に関しネットプライバシーの守護神 EFF[Electronic Frontier Foundation、電子フロンティア財団 ]の意見を掲げている。

ひどいのは YouTube ではない。YouTube は法令遵守しようとしているだけだ。問題は提出を義務づけているデジタル・ミレニアム著作権法(DMCA)という悪法にあるのだという。

Boing Boing:”YouTube gave user data to Paramount lawyers” by Xeni Jardin:10月23日

      *      *      *

EFF YouTube を支持

EFF[Electronic Frontier Foundation、電子フロンティア財団 ]の Fred Von Lohmann はつぎのように語っている。

Update: Fred Von Lohmann from the EFF says,

海賊行為に対する YouTube のやり方が問題なのではなくて、DMCA[Digital Millennium Copyright Act、デジタル・ミレニアム著作権法 ]が問題なのだ。同法はつぎのように定めている。著作権者は、YouTube のようなオンラインのホストサービスプロバイダに対し、著作権を侵害したとされるユーザーの身元を確認する証拠提出を求めることができる、と。[RIAA 対 Verizon ケースについては省略]

The problem here is with the DMCA, not with YouTube’s privacy practices. In that law, Congress gave copyright owners the power to get subpoenas that force online hosting service providers (like YouTube) to identify users who are accused of infringement. (In the RIAA v. Verizon case, …)

更に、MarketWatch の記事のベースになっている訴訟(オリバーストーンの映画「ワールドトレードセンター」の脚本から抜き取って作られた12分間のビデオ)は、かなり前に解決済みであることが明らかだ。

Furthermore, the underlying dispute referenced in the MarketWatch story, involving a 12-minute video short based on the script for Oliver Stone’s film, World Trade Center, was apparently settled some time ago.

ということで、MarketWatch の記事はあまり上等とはいえないと思う。間違えないでほしいが、たくさん問題があるのは事実だ。ただし、MarketWatch が強調しているものとは違うということだ。

So, all in all, a pretty poor piece of reporting by Market Watch, I’m afraid. Don’t get me wrong, there are lots of issues here — just not the ones MarketWatch is going on about.

      *      *      *

Boing Boing に引き続き Ars Technica も MarketWatch の記事を批判している。

法律に基づけば、YouTube のやったことは当然だというのだ。

Ars Technica:”YouTube names names: why is anyone surprised?” by Nate Anderson:10月24日

      *      *      *

法律の正しい理解が必要だ

デジタルミレニアム著作権法(DMCA)は YouTube のような会社に対して著作権侵害で訴えられることのないよう免責権(”safe harbor” rights)を与えている。疑わしいコンテンツを投稿しているのがユーザーであり、通告を受けたら直ちにコンテンツを削除する限り、YouTube は無実だ。しかし、免責特権を受けるためには、YouTube は証拠提出命令(subpoena)に従うことを義務づけられている。米国著作権法第 512 条 (h) によれば、証拠提出命令が適法に発出され、必要な情報が含まれている限り、命令を受けた会社には選択肢はない。同法はつぎのように定めている。「本法の他の規定に拘らず、また通知の有無に拘らず、サービスプロバイダは、著作権者または著作権者により権限を与えられた者に対し、提出命令に記載された情報を遅滞なく開示しなければならない。」

The Digital Millennium Copyright Act (DMCA) grants “safe harbor” rights to companies like YouTube that keep YouTube from getting sued for infringement. As long as it’s only the users uploading dubious content, and that content is taken down immediately upon receiving a notice, YouTube is in the clear. But part of YouTube’s “safe harbor” obligations include responding to subpoenas. Section 512(h) of US copyright law makes clear that companies do not have a choice about this, so long as the subpoena is properly issued and contains the required information. The law says that “the service provider shall expeditiously disclose to the copyright owner or person authorized by the copyright owner the information required by the subpoena, notwithstanding any other provision of law and regardless of whether the service provider responds to the notification.”

      *      *      *

MarketWatch の記事は書き過ぎだ

MarketWatch はつぎのように述べている。「パラマウントが Moukarbel を突き止めるのに YouTube が手を貸したことは、グーグルのやり方と著しい対照をなしている。米国司法省がグーグルの検索サービスを利用したユーザーに関するデータにアクセスしようとしたときグーグルは激しく争ったのだ。」そんな提出命令に対してはグーグルがやったように YouTube も抵抗すべきだ、と著者はいわんばかりだ。残念ながら二つのケースはあまりにも違いすぎるので、比較することすらできない。

MarketWatch says that “YouTube’s decision to help Paramount track down Moukarbel stands in stark contrast to the philosophy of Google, which has fought the U.S. Justice Department over attempts to access data about consumers who use its search services.” The author all but comes out and calls upon YouTube to fight such subpoenas—just like Google did! Unfortunately, the two cases are so dissimilar as to invalidate the comparison.

グーグルがユーザーの検索情報を明かさないと争っていた際には、DMCA の提出命令は受けていなかった。なんら著作権侵害は行われていなかったのだ。そのケースはポルノに関するもので、アクセスしたのが誰かが問題だった。また、提出命令は米国政府によるもので、著作権者によるものではなかった。なぜ両者が比較されたのかすら理解できない。グーグルが YouTube を買収したばかりだからだろうか。まったく意味がないのに、同じ文章の中で二社に言及したのは、明らかに今の時点だったからだ。

When Google fought to keep its users’ search information private, it was not being served DMCA subpoenas. No copyright violation had taken place. That case, in fact, was about pornography, and people’s access to it. The subpoenas were also issued by the US government, not by the copyright holder. In fact, it’s difficult to see why the comparison was even made in the first place, except for the fact that Google just bought YouTube; mentioning the two companies in the same sentence is apparently required now, even when it makes no sense.

また、MarketWatch の記事は「問題となっているビデオを削除する代わりに YouTube が直ちにデータを引き渡した」と書いているが、あたかもそういう代替手段があったように見える。DMCA は、提出命令に応じるか、それともコンテンツを削除するかのどちらかを選べるとは定めていない。もし削除要求があったら、直ちにコンテンツを削除しなければならない。提出命令があったら、ユーザーに関する情報を直ちに提出しなければならない。DMCA ははっきりしている。YouTube は提出命令に従わなければならなかった。だからそれに従ったのだ。

The news article also says that “YouTube chose to turn over the data, rather than simply remove the offending video from its site,” as though this were an option. The DMCA does not say that companies have a choice between responding to the subpoena and taking down the material. If they get a takedown request, the material must be taken down. If they get a subpoena, then information on the user must be turned over. The DMCA is clear; YouTube needed to comply with the subpoena, and it did so.

      *      *      *

ユーザーは正しく理解すべきだ

「みんながよく気付いていないのは、YouTube が視聴者を見張っているということだ」と書くことによって、MarketWatch は煽り立てている。もし、どのユーザーがどのファイルを投稿したか YouTube がなんにも記録をとっていないなどと考える YouTube ユーザーがいたら、それこそこの宇宙で一番単純で世間知らずのグループだといえる。これは、非道な、NSA[National Security Agency、米国国家安全保障局]スタイルの、広範囲にわたる監視の話とは違うのだ。ユーザーの名前とファイル名を記録しておくという話に過ぎない。これはロケット科学ですらない。もし YouTube がそんな記録をとっていなかったとしたら、それはエンターテインメント業界に対し、著作権侵害コンテンツを断固取り締まる気がないというシグナルを送るようなものだ。

MarketWatch hypes its own story by saying, “What’s less known is that YouTube has been watching the watchers,” but if YouTube users didn’t suspect that the company kept a record of what user uploaded what file, then they are the single most naive group on the planet. This isn’t some kind of crazy, NSA-style, pervasive surveillance we’re talking about; it’s keeping a record of usernames and filenames. This is not rocket science, and if YouTube had not retained such records, it would be a clear signal to the entertainment industry that the site was not at all serious about cracking down on copyrighted material.

真の驚きは、YouTube がいかにひとびとに理想主義を吹き込んだかということだ。ハリウッド映画から一部を盗んで、別ものとしてインターネットに投稿することが正当な試みであり、YouTube がその味方をするなどと信じ込むほどに。彼らはそうはしなかった。身売りをした、あるいは「会社的になった」ということではない。(これらはみなグーグルが興味を持つ以前に起きたことだ。)彼らは法律に従ったまでだ。

The real surprise here is how much idealism YouTube has inspired in people, people who convinced themselves that ripping off a script to a major Hollywood film and releasing a different version onto the Internet was somehow a legitimate venture, and that YouTube would stand up for the right to do it. They did not. It doesn’t mean that they sold out or “went corporate” (all of this happened before Google was interested). It simply means they followed the law.

      *      *      *

法律の話はなかなか理解がむずかしいが、違法コピーの投稿はお咎めなしという訳にいかないようだ。

違法行為は法律に基づいて裁かれるということだろう。

日本からの大量削除要求は明らかにひとつの引き金になっているようだ。

      *      *      *

参考:

・MarketWatch:”YouTube shared user data with studio lawyers” by Ben Charny:10月20日

・CNET:”YouTube’s no friend to copyright violators” by Greg Sandoval:10月21日

・CNET Japan:”あくまでも「法令遵守」を貫くユーチューブそして、この事実に気付かないユーザーたち“:10月23日

・Boing Boing:”YouTube gave user data to Paramount lawyers” by Xeni Jardin:10月23日

・Ars Technica:”YouTube names names: why is anyone surprised?” by Nate Anderson:10月24日

Technorati Tags: , ,

広告

5件のコメント »

  1. そうですね、即時削除と開示の両方…。ちょうど先日
    http://sevendegrees.blogspot.com/2006/10/google- tube.html#1880507715798087423
    にもコメント残したんですけど、セーフハーバーのことはsta la staさんがこちら
    http://d.hatena.ne.jp/starocker/20060722/p1
    に書かれていてとても参考になります。読み返してみたら最後「YouTubeからその著作物を削除されることよりも、被害者側へユーザの個人情報が提供されるということを心配した方が良いかもしれない。」とあるところなんてまるでshiroさんのエントリを予言するかのような内容。笑 こんなに長いの大変だったと思います、ありがとうございます。 

    コメント by satomi — 2006年 10月 28日 @ 15:10

  2. > satomi さん
    自分の能力も及ばないのに ついかじり付いてしまいます
    場が違えば 適用されるルールも異なるということでしょう
    個人情報保護の観点から 当然に守られる筈だという議論は なかなか通用しないようです
    ところで 中間選挙がらみのグーグル爆弾や マイケル・フォックスの記事など 興味深く拝見しています

    コメント by shiro — 2006年 10月 29日 @ 13:45

  3. (アクセス50万回おめでとうございます!)  Comedy Centralも一昨日全部削除命令が出ましたね。
    http://www.idealog.us/2006/10/youtube_takes_d.html

    アグレ博士vs.Stephen Colbertの動画も埋め込みコード消しました。Comedy Centralいいんですけど動画の立ち上がりに1分かかるんです。しかもインタビューは2回に分かれているし…「YouTubeに文句いう前に自分たちのサイトなんとかしろ~」言われてますねえ。視聴率にどう影響が出るか興味深いです。

    MJFoxの方はYouTubeに正式にチャンネルを開設したCBSの動画なので大丈夫なんです。CBSがアップしてる。公式サイトにも同じ動画あるんですけど、そちらはインタビューや写真集がメインかな。コメントツリーも充実してて、好対照ですね。

    コメント by satomi — 2006年 10月 30日 @ 01:52

  4. > satomi さん
    いよいよ パージの始まりでしょうか
    NYTimes まで 記事にしているようです
    日本の3万件が 先鞭をつけましたね

    コメント by shiro — 2006年 10月 30日 @ 22:56

  5. Live By Request

    ケーブル・テレビ局のA&Eチャンネルでオン・エアされた『Bee Gees: Live by Request』がビデオになって登場。不満を感じる部分もあるが、熱気あふれるライヴだ。ギブ兄弟は2001年5月リリースのアルバム『This Is Where I Came In』の収録曲をいくつか披露できて大満足かもしれないが、ショーの中核となる仕掛けが退屈なのは困りもの。電話を通じて3人がリクエストを受けるという趣向なのだが、興奮したファンたちがとりとめのない思い出話を始めて、貴重な時間をムダにしてし…

    コメント by 1-kakaku.com — 2006年 11月 11日 @ 22:18


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中