maclalalaweblog

2006年 10月 24日

コラムニストの矜持:Paul Thurrott

SEC

ウインドウズのコラムニスト Paul Thurrott は、アップルについてなかなか手厳しいが、ストックオプションの問題については発言を控えている。

彼のコラムに興味深い意見が載った。「アップルのいわゆる自社株購入権の濫用について」だ。

Paul Thurrott’s Internet Nexus:”Apple’s alleged stock options abuses“:10月22日

      *      *      *

アップルのストックオプション濫用調査について、どうして私が議論に加わらないのかと、何人ものひとから聞かれた。問題は複雑に絡み合っていても、答えは簡単だ。何が起き、何が起きなかったかという情報が私にはないからだ。したがって、議論をしても付け加えるべき何ものもない。私は法律専門家ではないし、それに興味もない。

I’ve been asked by a number of people why I haven’t weighed in on Apple’s stock options abuses investigation. The answer is simple, if multi-tiered: I have no information about what did or did not happen and therefore have nothing to add to the discussion. I’m not a lawyer. And I just don’t care.

私の関心事のほとんどはテクノロジーだ。その観点からすると、アップルは驚くほど素晴らしい会社だ。だから、10年前に第1号を出した私のウインドウズ向けニュースレター WinInfo でアップルについて議論するのだ。人間そのものについてはさして興味ない。Jobs 信仰(その意味では Gates 信仰も同じだが)は私にはこれっぽっちも興味ない。Jobs に興味があるのは、エンジニアとしての経歴を全く欠いているにも拘らず、明らかに彼こそがアップルの偉大なるテクノロジーの責任者だからだ。ほとんど独学で叩き上げた設計者であり、企業人でありながら、Jobs は彼のなすべきこと(his stuff)を十分に心得ている。Bill Gates がマイクロソフトと同義語である以上に、Jobs はアップルそのものなのだ。

For the most part, my concern is the technology. From this perspective, Apple is a phenomenally fascinating company, and the reason I’ve been discussing Apple even in my Windows-oriented newsletter, WinInfo, since its inception over a decade ago. I’m less interested in personalities. The cult of Jobs (or the cult of Gates for that matter) is of no interest to me in the slightest. Jobs is only interesting insomuch as he is clearly responsible for great Apple technology despite his complete lack of technical background. For a guy who is pretty much a self-taught designer and businessman, Jobs knows his stuff. Jobs is Apple, more even than Bill Gates is Microsoft.

時には、マイクロソフトの独禁法裁判のようなメロドラマが、そうでもなければ純粋に技術的な私の関心事に闖入(ちんにゅう)する。そんなときには舞台裏での政治工作がおもしろくなる。しかし、それがおもしろいのはテクノロジーに影響を及ぼすからだ。例えば、マイクロソフトはインターネットエクスプローラ(IE)をウインドウズに統合する道を選んだが、それは明らかな誤りだった。いつ、どこでそういう決定がなされたかという議論は確かにおもしろい。しかし、そのことがウインドウズ、ひいてはウインドウズユーザーに与えた影響の方がもっとずっと興味深いのだ。私はパーソナルコンピュータの歴史が好きだ。しかしそれはあくまで製品と技術という意味においてだ。いつ、いかにして技術が生まれたか、時の経過とともにどう変わったか、実世界で実際にひとびとが使ってみたときその出来具合はどうだったか、そういうことを私は知りたい。(ぴったりの実例。Windows NT の設計者である Marc Lucovsky や David Thompson と話すことの方が、私にとっては Gates に会うことよりはるかに有意義で、充実した体験だ。)

Occasionally, soap operas like the Microsoft antitrust trial intrude on my otherwise purely technical concerns. In these instances, the back room politics become interesting, but again, mostly because of their effects on technology. For example, Microsoft choosing to integrate IE into Windows was clearly a mistake. The why’s and wherefore’s of that decision are interesting. But its impact on Windows and Windows users is more interesting. I care about PC history, but only in the product and technology sense. I like to know when and how technologies are invented, how they change over time, and how they perform in the real world when used by real people. (Case in point. Getting to really talk to NT architects like Marc Lucovsky and David Thompson was far more meaningful and fulfilling to me than meeting Gates.)

そこで話は、アップルのストックオプション濫用に戻る。アップルは現在精査ないしは捜査を受けているたくさんの会社のひとつに過ぎない。「みんながやっている」からといって必ずしもアップルの疑いが晴れるわけではないし、何が起きているのか Steve Jobs は全く知らなかったというアップルの説明や、その発表を直ちに事実として受け入れるアップルコミュニティはまったくバカげていると思う。しかしそうだとしても、私にとってはどうでもいいことだ。みんながやっていたとしても、企業におけるごまかしにはもともと興味がない。このケースの場合、いかなるテクノロジーにも、そしてその延長としていかなるユーザーにも、影響をもたらすものは何もない。詰まるところ、私が興味ないのはそういうことだ。

So back to Apple and stock options abuses. Apple is just one of many companies currently under scrutiny or investigation. That “everyone else was doing it” doesn’t necessarily clear Apple, and I did find Apple’s own conclusions–that Steve Jobs knew nothing about what was going on–and the Apple community’s instant acceptance of that announcement as fact, to be pure silliness. But in the end, I just don’t care. Everyone else was doing it, but the corporate shenanigan stuff is still inherently uninteresting. In this case, it never affected any technology and, by extension, any users. Ultimately, that’s why this is so uninteresting.

この出来事のため、Steve Jobs が職を失う可能性がいくらかあるとしたら、話はまったく違ってくるだろう。そうなれば、私が書く本の中で、アップルのストックオプション濫用の話は、にわかにマイクロソフトの独禁法裁判と同じレベルに達することになる。しかし私のみるところそうなるとは思えない。

Now if Steve Jobs were in some danger of losing his job because of this episode, we’d have a different story, and suddenly Apple’s stock options abuses would rise to the level of the Microsoft antitrust trial in my book. But I don’t see that happening.

      *      *      *

ひとつの見識だと思う。

Technorati Tags: , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中