maclalalaweblog

2006年 10月 2日

アップルとインテルの次世代プロジェクト:Pat Gelsinger

Filed under: ひと — shiro @ 20:36

Gelsinger

[Pat Gelsinger]

アップルの WWDC と同じサンフランシスコのモスコーニセンターで、インテルの IDF(Intel Developer Forum)が開かれた。

今回の IDF では新しいインテルプロセッサが陸続と発表されるなど、インテル移行後のアップルの行方を占う上でその動向からは目が離せない。

その IDF で、インテルの上級副社長 Pat Gelsinger が CRN(Computer Reseller News)のインタビューに応じて興味深い発言をしている。

InformationWeek:”Q&A: Intel Senior VP Pat Gelsinger” by Paula Rooney:9月28日

Pat Gelsinger はインテルで Digital Enterprise Group を率いる上級副社長だ。

まず、アップルについて・・・

      *      *      *

アップルの次世代技術プロジェクト

CRN:インテルは今度の IDF でアップルとステージを共にしました。アップルとインテルの関係は来年もっと発展しますか。それとも大方のところ終わってしまったということでしょうか。

CRN: Intel shared the stage at IDF with Apple. How will Intel’s relationship with Apple evolve in 2007, or is the cooperation mostly finished?

GELSINGER:終わったなんてとんでもない。いくつかの段階に分けて考えてみましょう。第一段階はハネムーンでした。まず我々はアップルを顧客として勝ち取ったのです。第二段階は実行、すなわち製品開発です。第三段階はちょうど完成したばかりですが、最新の製品 MacBook Pro です。まさに誕生が終わったばかりです。しかしまだアップルとの間には次世代技術(next-generation technologies)を使ったいくつものプロジェクトが進行中です。詳しくお話しする訳にはいきませんが・・・ アップルは非常に秘密主義の会社です。我々に対してさえそうです。あの会社の本質なのです。

GELSINGER: It’s far from done. Let’s take it in phases. First was the honeymoon, where we won Apple as a customer. The second phase was execution and getting products done and, third, we just finished that. The MacBook Pro was the last product. We just finished the birthing. We’ve just gotten that done, but a number of projects are under way with Apple on next-generation technologies — but I can’t detail those. Apple is very secretive, even to us. It’s the nature of the company.

      *      *      *

次世代技術プロジェクトについてはこれだけなのだが、話したひとがひとだけにあっという間に広まった。

Mac Pro のマザーボードはかつてインテルの設計だと噂されたが、このインタビューによると MacBook Pro がそうなのだろうか。

次世代技術とは何なのか、ますます興味が湧いてくるところだ。

インテルはこれまで Wintel の名で呼ばれるほどマイクロソフトとは密接な関係を築いてきた。この後に続くマイクロソフトに関する下りもなかなか興味深い。

      *      *      *

マイクロソフトとの関係

CRN:Linux に加えてまた新しい OS ベンダー(アップル)とインテルが組んだことに、マイクロソフトは懸念、あるいは難色を示してはいませんか。

CRN: Has Microsoft expressed concern about the Intel-Apple pairing or frowned at your relationship with yet another new operating-system vendor besides Linux?

GELSINGER:ええ、そのとおりです。彼らの見方はそうです。しかし私たちはマイクロソフトにこう回答します。我々のシリコンチップを使いたいという顧客がいるので、当然のこととして我々はサポートするのだ、と。付け加えておきますが、マイクロソフトと我々の関係は、過去20年の歴史と同じくらい(それ以上ではなくても)良好です。

CRN [sic]: Well, certainly, of course. They look at it that way. But our response [to Microsoft] is that we have a customer that wants to use our silicon. Of course we support them. At the same time, I’d say our Microsoft relationship is as good if not better than it has been in our 20-year history.

      *      *      *

関係は揺るがない

CRN:どうしてですか。

CRN: Why?

GELSINGER:特定の問題について我々の間に細かい相違があったことは事実です。しかしマイクロソフトにとって PC 業界がよくないときは、我々にとってもよくないのです。マイクロソフトとインテルはチャレンジとチャンスを共有しているということが重要なのです。我々はビジネスマーケットに対するそれぞれの考え方があり、安全や管理の問題を是正するにはどうしたらよいかなどという問題に取り組んでいます。そのための問題点や障害物について我々は共通の考え方をしています。如何にしてつぎの成長段階に達するかということについて我々は共通の見通しを持っているのです。

GELSINGER: We both see that we might have border quibbles on a particular issue, but if the PC industry is not good for [Microsoft], then it’s not good for us. That shared challenge and opportunity [for Intel and Microsoft] is significant. We have a mutual view of the business market [and grapple with issues like] what does it take to address security and management? We share common views of the next problems and hurdles to enable that. We have a common perspective on how to get to the next layer of growth.

      *      *      *

Bill Gates の引退

CRN:マイクロソフトの会長であり、共同設立者であり、さらにはチーフソフトウェアアーキテクト(Chief Software Architect)である Bill Gates が、2008 年7月までには日常業務から退くと今年初めに発表しました。これまで彼と直接仕事をしてきたあなたとしては、Bill Gates がいなくなることがマイクロソフトとインテルの関係に影響を及ぼすと考えますか。また、現在の CSA である Ray Ozzie とは技術面でどの程度協力していますか。

CRN: Bill Gates, Microsoft’s chairman, co-founder and chief software architect, announced earlier this year that he will step down from his day-to-day role at the company by July 2008. Given that you’ve worked with him directly for years, do you think his absence will affect Intel’s relationship with Microsoft? And to what extent has Intel worked on the technical side with current Microsoft Chief Software Architect Ray Ozzie?

GELSINGER:Bill は革新的で、聡明で、非情で、挑戦的で、注文も厳しく、その上チャレンジングです。そんな人物がいなくなっても会社が変わらず、他との関係が変わらないなんてことはありません。たくさんの業界のお偉方と会いますが、彼らの場合も、また Bill に会うときも事前ブリーフ[?]は必要ありません。彼は頭がよく、挑戦的で、事前によく勉強しています。

GELSINGER: Bill is innovative, brilliant, ruthless, aggressive, demanding and challenging. You can’t take a figure like that and remove him from the company and not expect the company to be different or the relationship to be different. I meet with lots of industry execs, and I don’t need to be briefed as well for any other as well as when I meet with Bill. He’s smart, aggressive and does his homework.

Mslieutenants

[Bill Gates, Craig J. Mundie, Ray Ozzie, Steven A. Ballmer]

GELSINGER:ときどき Bill と一緒の会合に出ることがありますが、インテル製品のある側面について私よりよく知っていることがあります。彼自身が力の源(force)です。ですから、こう考えざるを得ないのです。「ワオ、彼が退くのならマイクロソフトも変わるだろう」と。みんなもそれが分かっています。しかし同時に、マイクロソフトは Bill より大きな存在です。CTO の Craig Mundie のように他にもたくさん優れたひとがいます。Ray Ozzie とはロータスノーツ(Lotus Notes)の時代から一緒に仕事をしていて、今もいい関係を保っています。数週間前に彼と夕食を一緒にしたばかりです。Ray は聡明です。

Sometimes I show up for a meeting [with Gates], and he knows more about some aspects of my product than I do. He’s a force. So you have to look at it and say, ‘Wow, if he steps aside, Microsoft will change.’ Everyone recognizes that, but at same time, Microsoft is much bigger than Bill. There are many brilliant people there, like CTO Craig Mundie. And I’ve known Ray [Ozzie] since Lotus and worked with him through the Notes days and have a great relationship with him. I just had dinner with him a few weeks ago. Ray is brilliant.

      *      *      *

後任としての Ray Ozzie

CRN:夕食ではどんな話をしましたか。SaaS[Software as a Service、必要な機能を必要なときにサービスとして利用できるソフトウェア]の話も?

CRN: What did you talk about over dinner? Enabling software-as-a-service?

GELSINGER:はい。確かにそれも話題のひとつでした。ほかに Microsoft Live やマイクロソフトデータセンターに関する未来のビジョンについても話しました。Ray はソフトの実際の開発者として多分世界で一番優れているでしょう。彼はソフトウェアのいろんな点について、またソフトウェアの構造についてとても造詣(ぞうけい)が深い。それなのに彼はとても愛想がいい。Bill とは違って外までにじみ出る信じられないほどの激しさといったものがなく、Bill とは全然異なった性格の持ち主です。Ray はマイクロソフトにとってかけがえのないひとになるでしょう。これから彼と一緒に仕事ができることを大いに期待しています。

GELSINGER: Yes, that was certainly one of the topics, [as well as] Microsoft Live and Microsoft’s data center visions for the future. Ray, as a practicing software developer, is probably the best in the world, and he is a very deep thinker with respect to many aspects of software and software architecture. But he’s also a very congenial person. He doesn’t have that incredible external intensity as Bill, so he’s a different personality. He will be a tremendous person for Microsoft, and I look forward to working with him a lot more going forward.

      *      *      *

なかなか率直な語りぶりだ。

このあと、Windows Vista や仮想化技術についても話が続く。Xen、VT-x、VMware、Viridian、hosted vs. hypervisor model、Santa Rosa などというキーワードに興味のある方には大変おもしろいインタビューだと思う。

      *      *      *

参考:

・InformationWeek:”Q&A: Intel Senior VP Pat Gelsinger” by Paula Rooney:9月28日

・AppleInsider:”Intel and Apple in cahoots on several new technologies“:9月29日

・MacDailyNews:”Intel working with Apple on several next-generation technologies, Microsoft concerned“:9月29日

・Macworld UK:”IDF: Apple and Intel developing new technologies – Intel exec“:9月29日

・Macin’ Blog:”AppleとIntelの秘密のプロジェクトが進行中!“:9月30日

・気になる、記になる…:”AppleIntelと複数の次世代技術に取り組む“:9月30日

・silvervine の定点観測所:”AppleInsider: Intel Apple が新技術で共同歩調“:9月30日

Technorati Tags: , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中