maclalalaweblog

2006年 9月 28日

Steve Jobs はストックオプションに足もとをすくわれるか

Reality_Distortion

具体的な製品と違って特許とか訴訟となるとなかなか話が分かりにくい。ストックオプションの話もそうだ。

英国のタイムズが、Steve Jobs とストックオプションについて興味深い記事を書いている。

Times:”Core values” by Chris Ayres:9月26日

書き出しは、”Showtime” イベントの当日に放映された CNBC のインタビューから始まる。

いみじくもアップルの従業員がいいだしたといわれる Jobs の「現実歪曲空間」(reality distortion field)、即ち「事実がどうであれ、誰に対してでも、どんなことでも信じ込ませる並外れた能力」に絡めながら、タイムズの Chris Ayres は次のように書き始める。

      *      *      *

CNBC インタビュー

「われわれは、SEC からも誰からも、捜査を受けていない」と、アメリカで恐れられている金融監督機関について Jobs はいった。「しかし、我々は自らの調査を始めた。いくつかの反則(irregularities)が見つかった。そして・・・正当な手続きに従って調査を継続している。それほど遠くない時期に完了するだろう。」

“We’re not under investigation by the SEC or anyone else,” said Jobs, referring to America’s much-feared financial regulator. “[But] we did start our own investigation,” he continued. “We did discover some irregularities, and we’re, y’know, letting that investigation have it’s due course . . . and it’ll be completed in the not too distant future.”

アップル CEO の仕草は、心気症の患者が抱える幻覚症状を優しく追いやる医者のそれを思わせた。カメラから Jobs が消えて、サンフランシスコのアップル新製品発表会場の外にいるレポーターに切り替わったとき、消防車の激しいサイレンの音が背景に聞こえて、現実に引き戻されてホッとした感じがしたものだ。

The Apple CEO’s manner was that of a doctor, gently dismissing the latest phantom symptom of a hypochondriac patient. And when the camera cut from Jobs to a reporter standing outside Apple’s latest product launch event in San Francisco — a fire engine wailing portentously in the background — it was tempting to feel reassured.

      *      *      *

壊滅的影響も

しかし、これまでアメリカ企業のスキャンダルを追ってきたものにとっては、これはひどく不安を感じさせるものだった。いったいどうして Jobs は SEC がアップルの口座を捜査していないなどと断言できるのだろうか。この iPod メーカーはこの8月に、2002 年以降の同社の財務諸表は「信頼できない」といって投資家をパニックに陥らせたばかりなのだ。更には、Jobs が語ったように「反則」という事実があり、これは彼自身の報酬と直接に絡んでいるのだ。

But to anyone who has followed the script of any previous corporate scandal in the United States, it was deeply unsettling. For example: how could Jobs possibly know for certain that the SEC wasn’t investigating Apple’s accounts? Especially given that the iPod manufacturer had left investors panicking in August by declaring that financial reports issued by the company since 2002 “should not be relied upon” — not to mention the fact that the “irregularities” of which Jobs spoke were related directly to his own remuneration package.

アップルの捜査の意味するところは、税法上の罰則、SEC の罰金、不正行為の告訴や裁判の可能性、どれをとっても壊滅的だ。このため、金融街のメリルリンチのアナリスト Richard Farmer は、「Steve Jobs がアップルの CEO として職を継続できなくなるリスクすらある」と指摘したメモを顧客に送付したほどだ。

Clearly, the implications of the Apple investigation, in terms of tax penalties, SEC fines, possible fraud charges and lawsuits, were potentially catastrophic. Hence the note sent out to clients by the Wall Street analyst Richard Farmer, of Merrill Lynch, which brought up the “potential risk . . . that Steve Jobs might be unable to continue as CEO of Apple”.

自らの経歴の第二幕を飾っている Jobs は、ひょっとしたらそんな可能性にすら思いが至らないのかもしれない。もしかしたら、彼自身自らの現実歪曲空間のワナに落ちたのかもしれない。ともあれ、彼以外のすべてのひとにはひとつの疑問が残る:アップルは芯まで腐ってしまったのか、と。

Perhaps Jobs, already on to the second act of his career, couldn’t bring himself to even think of such a possibility. Perhaps he had fallen victim to his own reality distortion field. Regardless, the question on everyone else’s minds remained: had that beautiful white Apple turned rotten at its core?

      *      *      *

とてもアップルに対して好意的とはいえないが、ことの重大さだけは伝わってくる。

このあと Chris Ayres は、Jobs の経歴を彼の出自まで含めて振り返る。Jobs はカルトの指導者(cult leader)や22世紀の独裁者(dictator from the 22nd century)、あるいは異次元からきたエイリアンのプリンス(alien prince)になれたかもしれないと Ayres はいう。

そして最後にストックオプションの話になる。

      *      *      *

ストックオプション

21世紀の奇跡の人という Jobs の評判を完璧なものにしたのは、彼がアップルから1ドルしか給料を受け取らないということだった。それは iTunes から1年に1曲だけ買ってお釣りを1セントもらうという額でしかなかった。ここでもまた、現実はこのイメージとだいぶ異なるのだ。実際のところ Jobs は 9000 万ドル相当の Gulfstream V ジェット機をもらったし、株のオプションでものすごい金持ちだ。(といっても紙切れでの話だけれど・・・)このオプションこそ、今日迫りくる危機の原因なのだ。

Jobs’s reputation as a 21st-century miracle man was completed by his refusal to take anything other than $1 in salary from Apple — enough to buy a single track on iTunes every year, leaving one cent change. Once again, however, the reality was very different: Jobs had in fact been given a $90 million Gulfstream V jet by Apple, and was getting extraordinarily rich (on paper, at least) from share options — the same options that would cause today’s looming crisis.

簡単にいうと、「株式購入選択権」(share option、ストックオプション)とはこういうことだ。ある特定の日付で社員に対して会社が一定数の株を発行する。社員は将来、これらの株を「行使価格」(strike price)で購入できる権利を持つ。通常発行当日の株価がその価格となる。発行日から権利行使日(exercise date)の間に会社の株が上がるほど、社員の利益は大きくなる。このツケを払うのは投資家だ。なぜならオプションとして株が発行された分、株の価値が薄まってしまうからだ。それなのに、投資家も、オプションを保有する社員も、株価が上昇することを望む。両者の利害は連動しているのだ。株式市場は一般的にいって、現金のボーナスや高い給料よりストックオプションによる報奨の方を好む。

Put simply, share options work like this: on a specific date, a company issues a certain number of shares to an employee. The employee can buy these shares at a fixed “strike price” —usually their value on the day they were issued — at a future date. The more the company’s stock goes up between the issue date and the “exercise” date, the more profit the employee stands to make. Investors foot the bill for this, because the value of their shares is diluted when a company issues more shares as options. And yet, because the interests of option-holding employees and investors are supposedly aligned — they both want the shares to rise in value — Wall Street generally prefers stock option incentives to cash bonuses and big salaries.

      *      *      *

バックデートによる操作

しかしこのストックオプションは、いわゆる「バックデート」(backdating)による操作が可能なのだ。会社が行使価格を人為的に低くして、儲けが確実になるよう不正操作するときにバックデートが起きる。金融街はこういった手法が数年来行われてきたのではないかとの懸念を持っている。オプションの行使価格が当該会社株の最低価格と疑わしいほど一致しているからだ。この点がアップルの内部調査のポイントであり、このほか百を超える会社で調査されている問題点なのだ。2000 年1月に Jobs は、 アップルから 1000 万株のストックオプションの発行を受けたと考えられている。その行使価格は、その月の最低株価と一致していた。権利を実際に行使して支払いを受けていたらその利益は5億ドルに達したと考えられるが、Jobs はその支払いを受けていない。不思議なことにアップルは、2003 年にオプションの付与をキャンセルし、再度改めて付与し直しているのだ。

But stock options can be manipulated by so-called “backdating”. This happens when a company artificially sets the strike price of an option low, essentially rigging it so that a profit is guaranteed. There is growing concern on Wall Street that this practice has been going on for years — with the strike price of many options suspiciously matching the annual low-points of companies’ share prices. This is the subject of Apple’s internal investigation, as well as investigations at 100 or so other US companies. It is thought that in January 2000 Jobs was issued ten million share options by Apple, with a strike price that corresponded to the company’s lowest share price for that month. The resulting profit could have been as high as half-a-billion dollars — but Jobs never collected it. Apple mysteriously cancelled the grant in 2003 and replaced it with another.

Jobs のケースは、1997 年に彼が CEO になって以来一度としてアップル社の報酬委員会に連なったことがないという点では彼に有利に働いている。ところが彼は Pixar(Jobs が保有していたアニメスタジオで、今年始めにディズニーに売却)の役員だったときにも、疑わしいほど低い価格でストックオプションを受けたという報告があり、それがマイナスになっている。あちこちに出回っているグラフによると、その行使価格は Pixar の通年の最低株価とほとんど合致している。Pixar からオプション株を受け取った役員に Jobs がはいっていない可能性もあるが、しかしながら彼の関係した会社が、一社ならず二社までも拡大しつつあるスキャンダルの渦中にあることは多くの問題を孕んでいる。

Jobs’s case is made stronger by the fact that he never sat on Apple’s remuneration committee after becoming CEO in 1997. But it has also been undermined by reports claiming that executives at Pixar, the animation studio owned by Jobs until he sold it to Walt Disney this year, also received stock option grants at suspiciously low prices (the strike prices corresponded almost exactly to Pixar’s annual share price lows, as demonstrated by a series of widely-circulated graphs). Jobs might not have been one of the Pixar executives awarded any options, but the very fact that not one but two of his companies are now caught up in the widening scandal raises more questions.

      *      *      *

Jobs はどうなる?

突き詰めていえばこういうことだ。コンピュータをギャラリー展示物のように華やかなものにし、音楽の販売と楽しみ方に革命をもたらした男が、彼が設立した会社から二度までも追われる羽目になるのだろうか。財産の評価額は 44 億ドルにも達するというのに、ストックオプションの不正利用というバカげたことで身を滅ぼすことになるのだろうか。アップルの調査が終わるまでは何も言えない。しかしながら、ウォールストリートジャーナルのコラムニスト Jesse Eisinger は次のように予言している。「内部規制に基づいてちゃんとやっている会社や役員がいる一方、とんでもないことをするものたちがいるのも事実だ。・・・たぶん結果は、比較的少数の言語道断のものたちが罰を受け、それ以外の大部分は罪を免れるということになるだろう。」

The bottom line, of course, is this: will the man who turned computers into gallery exhibits, and who revolutionised the way music is sold and consumed, end up being fired from the company he co-founded for a second time? Will he be ruined by something as idiotic as a rigged stock option, when his fortune is already valued at about $4.4 billion? Until Apple’s investigation is over, it’s impossible to say. Yet Jesse Eisinger, columnist for The Wall Street Journal, made this prediction: “It’s clear that some companies and executives behaved egregiously while others may merely have had lapses in their internal controls . . . the likely outcome is that a relatively small number of the most egregious actors will be punished. Most of the rest will skate free.”

最悪のシナリオの場合、妻と四人の子供(うちひとりは元ガールフレンドの子)がいる Jobs は詐欺罪に問われることになる。すでにアップルは、SEC に対して「虚偽の、誤解を招く報告をし、不法な何百万ドルという利益を得るために」オプションのバックデートを行ったとして、ある訴訟の対象となっている。一番軽くて済むケースは、財務諸表の修正、なにがしかの税金の余分な支払い、いくつかの訴訟の和解などでみな潔白となり、さらに 6000 万台の iPod が売れるという展開だろう。

In the worst case scenario, Jobs, now married with four children (one of whom was born to an ex-girlfriend), could get caught up in a fraud case. Indeed, Apple is already the subject of a lawsuit claiming that the company filed “false and misleading statements” to the SEC and backdated options to reap “millions of dollars in unlawful profits”. The best case scenario is that some corrected financial reports are prepared, some extra taxes are paid, some lawsuits are settled out of court, everyone is cleared and another 60 million s are sold.

Jobs を妨げるものは何もないようにみえる。アメリカのマスメディアですら彼の味方だ。たしかに、アメリカ経済に多大の貢献をし、株主にも巨大な富をもたらした人間を誰が引きずり下ろしたりするだろうか。

Jobs certainly appears undeterred — and the American press, so far, seems to be on his side. After all, why take down a man who has obviously contributed so much to the American economy, making huge wealth for shareholders along the way?

      *      *      *

“Showtime” イベント

この間、アップルの株価は、当初のストックオプション調査のショックから完全に立ち直った。二週間前の CNBC インタビューの当日 Jobs が行ったプレゼンテーションがその原因のひとつだ。新しい iTunes 映画ダウンロードサービスを発表し、噂の iPhone やワイドスクリーン iPod についての質問をうまくさばき、iTV という名の装置のベールを剥いでみせたのだ。iTV は、iTunes ユーザーが他の部屋にあるハイファイ装置に音楽をワイヤレスで送れるように、他の部屋にあるテレビにマックからワイヤレスで映画も送信できるという。

Apple’s shares, meanwhile, have completely recovered from the initial shock of the options investigation. One of the reasons was the presentation made by Jobs on the day of his CNBC interview a fortnight ago. He unveiled a new movie downloading service for iTunes, fielded questions about the much-rumoured iPhone and widescreen iPod, and unveiled a gadget called iTV that can beam video across a wireless network — allowing people to send movies wirelessly from their iMacs to their TV sets in different rooms, in the same way that iTunes users can already send music wirelessly to their hi-fi systems in different rooms.

Jobs の映画ダウンロードサービスはライバルアマゾン社のサービスに比べ中途半端なものと受け取られたが、iTV は画期的な技術として直ちにヒットした。オンラインのビジネスウィークは「iTV がショーを席巻(せっけん)した」と宣言した。

While Jobs’s movie downloading service was seen as half-hearted compared with the rival service from Amazon.com, iTV was immediately applauded as a huge breakthrough. “iTV stole the show”, declared the online edition of Business Week.

舞台では、ビームに乗って歪みながら姿が消えていく中で Jobs がいっている。「とってもクールだろう?」

Back on stage, Jobs was beaming. “Pretty cool, huh?” he said, as reality twisted and turned.

      *      *      *

なかなか醒めた、辛辣な記事だ。

大西洋を越えると、こんな書き方もできるということだろうか。確かにアメリカのマスメディアはここまでは書くまい。

ストックオプションのバックデートはアップルに限らないとの話もあり、会社に対する税の追徴など関係のない従業員にまで被害をもたらすことが問題になっているようだ。

こういう話は門外漢にはなかなかむずかしいが、その行方は予断を許さないということなのだろう。

Technorati Tags: , ,

広告

4件のコメント »

  1. 最後の所は、前段で書かれている観客の(過大な)iTV絶賛を受けて:

    「こうして現実が歪められ、転倒されるさなか、ステージ上のJobsは
    陶酔した様子で語った—『ほら、とってもクールだろ?』。」

    と言っているのかなぁと思いました。たしかに辛辣ですよね。

    コメント by mu — 2006年 9月 30日 @ 02:10

  2. > mu さん ありがとうございます

    ここのところは 確かに分かりにくいですね

    beam と reality distortion field がカギだと思います

    beam ですぐ思い浮かぶのは スタートレックの異星上陸班が エンタープライズ号に転送してもらうときの 決まり文句(Beam me up, Scotty!)です

    プレゼンテーションの終わったあと 残されているのは 舞台から消えることだけ

    CNBC ニュースについて書かれているように reality distortion field から現実に引き戻される・・・

    転送装置で消えていくように Jobs の姿が消えていくのが 最後の部分のイメージだと思うのですが・・・

    コメント by shiro — 2006年 10月 1日 @ 14:20

  3. beamにはもともと「陽気に、歓喜に満ちて、微笑んで」みたいな
    意味があるのでああ書いたのですが、そういうSF的なイメージと
    かけてあるのかもしれませんね。

    コメント by mu — 2006年 10月 2日 @ 02:18

  4. > mu さん

    確かに mu さんのおっしゃることが当たっているかもしれません

    《ステージでは、現実が奇妙に歪曲した中で、顔を輝かせた Jobs がいっている。「ほら、とってもクールだろ?」》

    ただ いつもクールな Jobs からは「陶酔した様子」のイメージが湧きにくかったので SF 版をとらせてもらいました

    やはり beam と reality distortion field がカギのようですね

    ご指摘 ありがとうございました

    コメント by shiro — 2006年 10月 3日 @ 07:29


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中