maclalalaweblog

2006年 9月 24日

iTV は Conroe-L を搭載するか

Filed under: ブログ — shiro @ 20:43

Intel Roadmap

iTV に搭載されるプロセッサは Conroe-L ではないかと Ars Technica が予想している。

Ars Technica:”Conroe-L, the brains behind Apple’s iTV?” by Jon Stokes:9月21日

例によって、入手可能な材料を詳細に検討した上で、技術と価格の観点から iTV に採用されそうなプロセッサを推測するという手法をとっている。

技術的で手応えがあり過ぎるのだが、どこまで可能か以下紹介してみたい。

      *      *      *

まず、Conroe-L なるプロセッサがどんなものか詳細に検討する。

ミステリーチップ Conroe-L

5月にインテルのロードマップが出たとき、ミステリアスな Conroe-L についても触れたが、Conroe-L はシングルコアのプロセッサで、一番ローエンドの PC マーケットを対象としている。マイクロアーキテクチャとしては、Core 2 Duo ラインと同じく Conroe/Merom のものをベースとしているが、この廉価版のプロセッサにはひとつしかコアがなく、したがってサイズも小さくて済み、デューアルコアの兄弟分に比べ(歩留まりがいいので)製造コストも安い。

Back in May, we mentioned the emergence of Intel roadmaps featuring the mysterious Conroe-L, a single-core processor from Intel aimed at the very lowest end of the PC market. Even though Conroe-L is based on the Conroe/Merom microarchitecture that powers the Core 2 Duo line, the budget-oriented processor will have only one core, which will make it smaller and cheaper to make (due to higher yields) than its larger dual-core brethren.

      *      *      *

必要最低限のデザイン

今度は DailyTech が Conroe-L について詳細に触れている。余分のものを取り除いた最低限のデザインはインテルが “T’s”[注:インテルのマーケティング戦略、四つの T]と呼ぶもの一つ、即ち EMT64[Enhanced Memory 64 Technology、64ビットメモリ処理技術]しかサポートしていないことなどだ。Conroe-L は Execute Disable Bit[メモリ保護機能、インテルの XD bit、AMD では NX bit]をサポートする。Virtualization[仮想化技術]、Hyper-Threading[マイクロプロセッサの高速化技術]、SpeedStep[省電力機能]などの機能は省かれている。

Now DailyTech has more details on Conroe-L, including the tidbit that the stripped-down design will support only one of what Intel calls the “T’s”: EMT64. Conroe-L will also support the execute disable bit (XD bit in Intel parlance, and NX bit for AMD) for security purposes. Virtualization, hyperthreading, and Speedstep are all absent.

      *      *      *

ブランド名は Pentium / Celeron

また、DailyTech は Conroe-L が時代遅れの Pentium や Celeron というブランド名で販売されることを明らかにしている。Pentium ブランドは、 E1000 台のシーケンス番号が振られ、どれもみな 800MHz FSB で L2 キャッシュは 1MB だ。スピードはそれぞれ、E1020 が 1.40GHz、E1040 が 1.60GHz、E1060 が 1.80GHz となっている。

DT also reveals that Conroe-L will be sold under the venerable Pentium and Celeron brand names. The Pentium-branded parts, which will be labeled with the E1000 sequence, will all have an 800MHz FSB and 1MB of L2 cache. The speed ratings are as follows: E1020 at 1.40GHz, E1040 at 1.60GHz, and E1060 at 1.80GHz.

Rambus

Celeron ブランドについては、400 番台のシーケンス番号を使うこと以外は詳細がまったく分からない。Conroe-L プロセッサはみな Socket T (LGA 775) を使うことになると思われるが、それは Celeron 400 シリーズが 533MHz FSB で作動することを意味する。今週我々のレーダーにひっかかった Merom ベースの Celeron-M 520 は、似たようなスペック(1.6GHz、1MB L2、533MHz FSB)を持つ廉価版だが、価格は 134 ドルになると考えられる。ということは、デスクトップ用の廉価版 Conroe-L をベースする Celeron 400 シリーズはもっと安くなり得るということだ。

There’s no word on any details for the Celeron-branded parts, other than that they’ll all have numbers in the 400 sequence. All of the Conroe-L processors will use Socket T (LGA 775), which means that the Celeron 400 series may run on a 533MHz FSB. Note that the Merom-based Celeron-M 520, a budget mobile part with comparable specs (1.6GHz, 1MB L2, 533MHz FSB) that popped onto the radar earlier this week, will supposedly sell for $134. So the budget desktop-oriented, Conroe-L-based Celeron 400 series could be even cheaper.

      *      *      *

命名の三層構造

Conroe-L を Pentium とか Celeron と命名するのは、インテルのお馴染みの三層構造(three-tiered structure)の命名の仕方の名残りだ。ハイエンドの Xeon ブランド、ミドルレンジの Core ブランド、それに廉価版ブランドの Pentium や Celeron だ。ただし、これまでの Xeon/Pentium/Celeron と異なり、今度の三層構造はいずれもマイクロアーキテクチャが共通しており、差別化は主として各種機能(キャッシュ、どの T’s がサポートされるか、FSB スピード)、クロックスピード、コアの数といったものの違いによっている。

The use of the Pentium and Celeron names for Conroe-L leaves Intel’s branding with the familiar three-tiered structure: the Xeon brand for the high end, the Core brand for the mid-range, and the Pentium and Celeron brands for the budget market. However, unlike the old Xeon/Pentium/Celeron days, the three tiers all share a common microarchitecture and are differentiated mainly by features (cache, which T’s are supported, FSB speed), clockspeed, and number of cores.

      *      *      *

Core Solo より優れている

現在の Core Solo プロセッサ(Yonah ベースの廉価版ラインナップ)より、Conroe-L プロセッサは優れている。事実インテルは、Conroe-L によって Yonah の棺桶に釘を打つ前に、Yonah プロセッサを売りつくしたいと考えているのかもしれない。以前の報道では、Conroe-L は 2007 年の第2四半期に登場するといわれたが、その後 Conroe/Merom などの計画が早まったように、Conroe-L も早まるかもしれない。

Conroe-L processors will edge out the Yonah-based Core Solo processors that Intel currently sells in its budget lineup. In fact, Intel may be waiting to sell off more Yonah processors before putting the nail in Yonah’s coffin with the Conroe-L launch. Earlier reports had Conroe-L debuting in the second quarter of ’07, but Intel has since moved up the launch dates for its other Conroe/Merom processors so it could arrive earlier.

      *      *      *

65nm プロセス技術

Conroe-L は 65nm(ナノメートル)プロセス技術によるパーツだ。65nm プロセス技術は、非常に小さく、安価で、電力消費の効率的なシングルコアプロセッサを作るのに役立つ。どれほど安くなるか、TDP[thermal design power、最大放熱量]がどれくらいになるか、いまのところまだ明らかになっていない。しかし、200 ドル以下になることは確実だ。TDP もこれから出る Merom LV / ULV ほど画期的に低くはないかもしれない。インテルはいつも TDP の一番低いものに一番高い値段をつけるからだ。

The Conroe-L will be a 65nm part, which will make for a very small, cheap, and power-efficient single-core processor. There’s no word yet on just how cheap it’ll be or how low its TDP will go, but they’ll almost certainly be below $200. It’s also the case that the TDP won’t be quite as spectacularly low as what Intel will get out of the forthcoming Merom LV and ULV, but Intel always charges higher prices for the very lowest TDPs.

      *      *      *

いよいよここからが iTV の話だ。

インテルプロセッサの可能性を踏まえて、iTV はどのプロセッサを搭載するかというわけだ。

iTV が搭載するプロセッサ

Itvpresentation

アップルが iTV を発表したとき最初に知りたいと思ったことは、いったい中には何がはいっているかということだった。この疑問への答えは、アップルが iTunes で HD コンテンツを販売するのがいつになるのかによる。iTV がサポートする DVD クオリティの再生にはたいして馬力が要るわけではない。iTunes ストアの現行メディアを扱うのなら、何らかの組み込み型チップ(embedded solution)でいい。しかし、アップルが HD ビデオダウンロードを開始し、iTV のソフトウェアアップデートで HD をサポートするつもりなら、それだけのことをこなせるプロセッサが必要になる。

The first thing I wanted to know when Apple announced the iTV was, what’s under the hood? The answer to this question depends on how soon Apple expects to start selling HD content on iTunes. Right now, you don’t need a whole lot of horsepower to do the kind of DVD-quality playback that the device is alleged to support. So some kind of embedded solution would work for the kinds of media that the iTunes Store currently offers. However, if Apple intends to launch HD video downloads and to add HD support with an iTV software update, then they’ll need a processor that can handle the load.

      *      *      *

カギは HD ビデオコンテンツ

問題は、アップルが HD のビデオコンテンツを2007年第2四半期までに提供するかどうか、その時点において(あるいはもっと先に)iTV が出荷されるかどうか、そういうことに懸かっているのだ。もしそうなら、iTV がインテルチップを搭載する(Intel inside)かどうかを考えるのは大変おもしろくなってくる。

I suppose the real question is, do you think that Apple will offer HD video content for download by Q207, which is when the iTV is supposed to launch, or even shortly thereafter? If you answer in the affirmative, then it becomes interesting to speculate about whether the iTV will have Intel inside.

      *      *      *

今の筐体(form factor)にいれるなら・・・

もし今の筐体(form factor)に入れるということなら、x86 プロセッサが意味を持ってくる。なぜならアップルは、スロット規格の ISA[?]移行に頭を悩ますことなく、Front Row を iTV に適合させたいと思うだろうから。Merom の、特に LV ないしは ULV のパーツは、現在の筐体を考えると理想的だと思う。しかし、299 ドルの装置に入れるにしては高価すぎる。安い価格で、低い放熱量ということになると、 Celeron 400 シリーズみたいなものが iTV にぴったりじゃないだろうか。以前私が初めて Conroe-L について書いた際、当時噂されていたアップルのメディアセンターに Conroe-L は最適だと書いたものだ。

If they can fit it into the form factor, an x86 processor makes sense for the new device, because Apple will want to adapt Front Row for the iTV without the headache of an ISA transition. A Merom part, and especially one of the LV or ULV parts, might seem ideal for the iTV’s form factor, but they’re way too expensive to go into a $299 unit. So in terms of its likely low price and low power consumption, it may be the case that something like the Celeron 400 series could be a good fit for the iTV. In fact, when I first reported on Conroe-L, I mentioned that I thought it might be ideal for the then-rumored Apple media center.

      *      *      *

インテルとアップルの住み分け

インテルは、「Viiv 構想」でみられるように、本気でリビングルームに参入たいと考えている。したがってポスト PC 製品である iTV に関しては、まずアップルと組みたいと熱心になるのだ。(次に書くことは噂として後で攻撃されることになるだろうが、)インテルはハードウェアとしてのデバイスの内部を作り、あとはアップルがパッケージして、ソフトを作るのに任せる、そういう筋書きの可能性もかなりあるのではないだろうか。インテルは OEM 用のマザーボードを作っているから、これはインテルのグラフィクスやオーディオ、プロセッサ、チップセットを備えたインテル製のマザーボードということになる。必ずこうなると考えているわけではないが、可能性のひとつとして指摘しておきたい。 iTV を入手したらすぐバラしてみることになるだろうが、その時点になったらもっとはっきり分かることだ。

As the Viiv initiative shows, Intel is serious about getting into the living room, and post-PC products like iTV are why they were excited to partner with Apple in the first place. Indeed (and I know I’ll get flamed for this heresy), I think it’s somewhat possible that Intel made the guts of the entire device and left it to Apple to package it and write software for it. Intel makes motherboards for OEMs, so this could be an Intel board with Intel-made graphics, audio, CPU, and chipset parts. Now, I’m not claiming that I believe this to be the case, but I do throw it out there as a possibility. I’m sure we’ll crack the iTV open when we get our hands on it, though, so we’ll know more at that point.

      *      *      *

iTV が市場に出回る時点で利用可能なプロセッサは何か、という観点からの考察だ。

単なる噂話、根拠のない予測として受け取られないように、可能性のひとつとして例示しているので、いささか回りくどいところはあるが、その分この記事の信憑性は高いのではないかという気がする。

アップルの選択肢がこんなに増えたのも、インテル移行のお蔭だろう。

インテルとアップルが得意分野で住み分けるという指摘もなかなか正鵠(せいこく)を得ていると思う。

ともかく、iTV が発表されて以来、誰もが想像力を掻き立てられて仕方がないということだろう。

      *      *      *

参考:

・Ars Technica:”Conroe-L, the brains behind Apple’s iTV?” by Jon Stokes:9月21日

・DailyTech:”Intel ‘Conroe-L’ Details Unveiled: Single-core for the value minded“:9月20日

・Electronista:”Apple iTV to use Core 2-based value processor?“:9月21日

・MacNN:”New Intel chip to power Apple’s iTV?“:9月21日

・気になる、記になる…:”‘iTV’にはPentium搭載?!“:9月23日

・気になる、記になる…:”Intelのプロセッサロードマップに‘Conroe-L’が登場“:5月29日

Technorati Tags: , , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中