maclalalaweblog

2006年 9月 17日

元気をとりもどした Steve Jobs

APPLE13_004_CAG.JPG

[Jobs at Special Event, Sept. 12, 2006]

John Gruber が、9月12日のスペシャルイベントを積極的に評価しているが、その中で Steve Jobs についておもしろいコメントをしている。

Daring Fireball:”Showtime: The Big Picture” by John Gruber:9月13日

      *      *      *

ほぼ期待どおりの Showtime

アップルは、昨日の “Showtime” イベントで、みんなのすごい期待に応えなければならなかった。

Apple came into yesterday’s “Showtime” special event with an awfully high set of expectations to meet…

昨日の発表はみんなの期待にほぼ応えるものだった。確かに奇跡は起きなかった。新しい iPod のスクリーンは大きくなかったし、iTunes ムービーストアはディズニーの 75 作品だけで、待ちに待ったテレビとつなぐ未発表製品(missing link to the TV)は来年までお預けだった。しかしながら、いつ始めてもおかしくない映画ビジネスにアップルが参入したという点からみると、実に幸先のいいスタートを切ったことは明らかだ。

Yesterday’s announcements came remarkably close to satisfying all of these expectations. They haven’t performed any miracles — the new iPods don’t have larger screens; the new iTunes movie store debuted with only 75 titles, all from Disney; and the long-awaited missing link to the TV isn’t shipping until next year — but it was clearly an auspicious start to Apple’s inevitable entry into the movie business.

John Gruber の “Showtime” を評価する視点も大変おもしろいのだが、ここでは割愛して、Steve Jobs について触れているところに進もう。

      *      *      *

やる気のなかった WWDC

lieutenants

Steve Jobs は、ひと月前の WWDC で、プレゼンテーションの大部分を三人の副官たちにまかせた。Phil Schiller は Mac Pros を、Scott Forstall は開発中の Mac OS X 10.5 の新しい機能紹介とデモを、Bertrand Serlet はマイクロソフトバッシングを行なった。WWDC では、Jobs があまりやる気がないように見え、かつまた体重が減ったように見えたことから、最近膵臓がんを患ったという恐ろしい記憶と相俟(あいま)って、Jobs は病気ではないかというが広がった。病状が進んで疲労がひどいので、キーノート全部をひとりでこなすのはムリだとか、アップルのショーマンの役ができる後継者を育てているのではないか、などという噂が流れた。この噂はずいぶん尾を引いたので、「Jobs は元気ぱりぱりだ」とアップルが声明を出したほどだった。元気なことは結構なのだが、それにしてもなぜ WWDC のプレゼンテーションをタッグチームでやったのかは不明だった。

At the WWDC keynote a month ago, Steve Jobs delegated much of the presentation to three of his top lieutenants: Phil Schiller introduced the Mac Pros, Scott Forstall introduced and demoed many of the new features coming in Mac OS X 10.5, and Bertrand Serlet did all the Microsoft bashing. This — combined with the fact that Jobs, at WWDC, struck many as not quite fully enthused and appeared to have lost some weight ム fueled speculation that he was ill, a scary thought given his recent bout with a rare but treatable form of pancreatic cancer. The theory being that he was either too ill or too tired to conduct the entire keynote solo, and/or that he was beginning to groom potential successors for the role of company showman.2 This rumor had enough legs that Apple issued a statement that “Steve’s health is robust”, which is great, but doesn’t explain the tag-team WWDC keynote presentation.

jobs_wwdc

[Jobs at WWDC, Aug. 7, 2006]

私の考えはこうだ。Jobs は今年の WWDC キーノートがイヤだった。なぜなら彼はまだ仕上がっていないものを見せるのを嫌うからだ。現在進行中の仕事について語るのが好きなひとや会社もある。しかし、Jobs は(従ってアップルは)そうではない。現在の10.5 シードの仕上がり状況と 2007 年春という出荷予定日を考えると、Leopard はとても完成したとはいえない。しかし WWDC に出席している誰もが次期プラットフォームの改訂に係わっているのだから、Leopard はキーノートでもカンファレンスでも、その中心テーマたらざるを得ない。

My theory is that Jobs hated this year’s WWDC keynote, because he hates showing unfinished work. Some people, and some companies, love to talk about work in progress. But not Jobs, and, therefore, not Apple. Given the state of the current 10.5 seed and the estimated “spring 2007” ship date, Leopard is obviously far from finished. But as the next revision of the platform that everyone attending WWDC works on, it had to be the central theme of both the conference and the keynote.

Jobs の並外れた売り込みの手腕と、かの有名なる「現実歪曲空間」(reality distortion field、現実歪曲オーラ、催眠術)のせいで、彼を才能ある「うそつき」(fabulist)だと思うひともいる。それは間違いだ。私の考えるところ、Jobs はうそつきとしても役者としてもまるで下手だ。なにか本物でないもの、あるいは実際以上に誇張したものをひとに信じ込ませることができるとしたら、それは彼が自分自身の喋ることを信じているからだ。現実歪曲空間なるものは彼が意図してやっているのではない。自分が確信したことの延長上にあるのだ。昨年彼がやった Motorola Rokr(iTunes と互換性のある電話)のステージデモを覚えているだろうか。彼がそのデバイスを軽蔑しているのは明らかだった。音楽再生モードから受信モードに切り替えるのを失敗したとき、Jobs はそれをステージの外へおっ放り出して、このガラクタめと叫ぶのではないかと思われたほどだ。

Jobs’s extraordinary marketing savvy and famed reality distortion field leave some people with the impression that he’s a talented fabulist. That’s wrong, though — Jobs, in my opinion, is a terrible liar and a poor actor. When he’s able to convince people of things that aren’t true, or that are exaggerations of the truth, it’s because he believes what’s he saying. The reality distortion field isn’t something he projects willfully; it’s an extension of his own certainty. Remember his on-stage demo last year [of the Motorola Rokr] iTunes-compatible phone? His contempt for the device was palpable; when he failed to successfully switch from song playback to accept a call, he seemed poised to just toss the thing off-stage and cry out that it was a piece of garbage.

もし Jobs が WWDC のステージでなんとなく「やる気がない」ように見えたとしたら、それは実際彼にやる気がなかったからだ。まだ発表する段階に達していない Leopard の諸機能をみんなに見せて楽しむ気にはなれなかったのだ。だから Forstall にやらせてよかった。Forstall は完成半ばの 10.5 を WWDC でデモるのを心底楽しんでいるようだった。

If he struck you as at least somewhat unenthusiastic on-stage at WWDC, I say it’s because he was unenthusiastic, because he really couldn’t bring himself to be happy about showing these Leopard features that aren’t ready to be shown.3 Better then, to trot out Forstall, who seemed to have genuine enthusiasm for the 10.5 works-in-progress demonstrated at WWDC.

      *      *      *

Showtime では生き返った

昨日の「Showtime」は、前とは異なっていた。舞台における Jobs の才能を如実に示す格好の例だった。先月の WWDC と違って、これらの製品は完成されたものであり、Jobs の完璧な物差しからみても満足すべきものだった。 iTV のデモは明らかに例外だった。しかし、これは特異なケースだ。出荷までまだ数か月のものを発表した理由がなんであれ、アップルとしては本当は今の段階で見せたくなかったのじゃないかと私は思う。Vaporware[注:宣伝ばかりが派手に行われ、いつまでたっても出荷されない製品]が前びろに発表されると、現在入手可能な製品から消費者の目を背けてしまうことになる。しかしこのケースの場合、今発表しなければならないとアップルが感じたのだと思う。もしそうしなければ、「このビデオをテレビで見るにはどうしたらいいの」という疑問への解答がなく、折角の iPod や iTunes の発表が、iTV という Vaporware より、ずっと損なわれる結果になってしまっただろう。

Yesterday’s “Showtime” event, however, was another story. File this one away as a primo example of Jobs’s on-stage talent. The difference from last month’s WWDC is that these are products that are done, that have already been raised to satisfy Jobs’s impeccable standards. The iTV demo was clearly an exception, but it is a unique case. Whatever the reason for its months-away ship date, I don’t think Apple really wanted to show it now. Vaporware pre-announcements distract customers from currently available products, but in this particular case I think Apple felt they had to reveal this now, because if they hadn’t, the lack of an answer to the “But how do I play these videos on my TV?” question would been more of a distraction from yesterday’s iPod and iTunes announcements than the iTV vaporware announcement was.

      *      *      *

アップルの発表は常に一歩ずつの積み重ねで、決して一度にすべてを出したりはしないという、このあとに続く下りも、また最後の注記もたいへん興味深い。

Technorati Tags: , , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中