maclalalaweblog

2006年 9月 10日

9月12日は何がでるか

Filed under: ブログ — shiro @ 15:57

Ybctheater

噂に煽られて理不尽に期待を膨らませてはいけないと忠告した Christopher Breen が、9月12日のアップルイベントを予測している。

ただし、予測の仕方は彼流だ。

Christopher Breen は、アップルが取り得る可能性をいろいろ検討する。彼にいわせれば、この方法が「the safer course」(安全サイド)ということになる。

Playlist:”Further iTunes movie musing” by Christopher Breen:9月7日

      *      *      *

映画配信のモデル

アップルは映画配信の方法としてどんなモデルをとるだろうか。

What models might Apple follow to deliver movies?

1)(一種の)支払・ダウンロード・所有方式(Pay, download, own – sort of

Movie

アップルは、iTunes Music Store で最初にとった方式にこだわっている。音楽であれ、オーディオブックであれ、短編ビデオであれ、ファイルは販売される。欲しいものにカネを払い、コンピュータにダウンロードする。音楽ファイルを購入したら、それはあなたのモノだ。CD に焼いて(即ち DRM をはずして)、市販の CD と同じように持ち運べる。

Apple’s generally stuck with its initial iTunes Music Store music model. It offers up files for sale — whether audio, audiobooks, or short-form videos—you pay for what you want, and the file downloads to your computer. If you’ve purchased audio files, you own them—you can burn them to CD (thus stripping out the DRM) and have your way with them as you would with a commercial audio CD.

ビデオの場合は、再生方法に制限を受ける。再生できるのはアップルが認めたコンピュータや iPod、あるいはそれに接続されたテレビだけだ。映画の場合もこの方式に従うことになる。大多数のひとはテレビで映画を見たいと思うので、アップルが提供する映画の解像度は、現在 iTunes ストアで販売されているテレビ番組より高品質のものになって欲しいと考える。

Videos are more limited in that you can play them only on authorized computers and iPods (or TVs attached to those authorized computers and iPods). Movies could follow this same formula. As most people prefer to watch movies on their TV, one would hope that any movies Apple sells will be of higher quality than the TV shows now offered at The Store.

Steve Jobs がそのようなモデルをとっても、限られた映画会社の限られた数の映画しか iTunes ストアでは提供されないかもしれない。同時に、アップルはすでに音楽とテレビの両方のマーケットを所有しているので、他の映画会社もアップルと契約して iTunes ストアに順次参加するかもしれない。

With such a model Steve Jobs could reveal that currently The Store offers a limited number of movies from select studios and, as it has in both the music and television market, add other studios as they sign on Apple’s dotted line.

      *      *      *

2)定期購読・契約方式(Subscribe

ビデオを見るのは音楽を聞くのとは違う、と前に聞いたことがあるはずだ。音楽はこれまでも身の回りに持ち運んでいた。映画は一、二度見るだけで、あとは忘れる。だとすると、映画を提供の仕方が音楽と同じでは道理に合わないのじゃないか。

You’ve heard it before: We consume video differently than we consume audio. You drag your music around with you for years. Movies will be watched a time or two and then forgotten. Given that, does it make sense to offer movies as you would music?

映画を何本でも、また何回でも好きなだけ見れるなら、毎月定額を払ってもいいというひとがいることを NetFlix[注:DVD レンタルのオンラインサービス]は示している。じゃあ、同じやり方を iTunes のようなオンラインでもやったらどうか。

NetFlix demonstrates that people are willing to pay a set fee each month to view as many movies as they can flash before their eyes. Why not extend that kind of service to an online outfit such as iTunes?

「定期購読・契約制」(subscription)ということばが禁句なことは知っている。しかし、Virgin Records と Blockbuster Video がまったく異なる店であるように、音楽を定期購読するのと、ビデオを定期購読するのはまったく別なことだ。

Yes, I know “subscription” is a dirty word, but subscription music and subscription video are different beasts just as Virgin Records and Blockbuster Video are different stores.

定期購読という契約制をとるためには、アップルは大量の品揃えをすることが必要だ。しかし、そうはならないだろう。ディズニー映画が数本だけというのでは、誰も契約してくれないだろう。しかし、メジャーな映画会社やクラシックフィルムの Turner ライブラリーが加わったら、可能性がない訳ではない。そうなったら夢のビデオオンデマンドが実現するのだ。

This would require that Apple offer a far deeper catalog out of the gate and I think that’s unlikely. No one is going to sign up for a subscription that offers only a handful of Disney films. But imagine the possibilities—the major studios plus Turner’s library of classic films and you’ve finally fulfilled the dream of video on demand.

      *      *      *

じゃ、ハードはどうか

映画を見るのに何を使うだろうか。

And what will those movies be played on/with?

1)今使っている iPodThe same iPod we have today

それはあり得ない。

No way.

      *      *      *

2)新しく出る iPodA new iPod

Ipod Wide-1

[iPod wide]

前にもいったことを繰り返すことになるが、「ビデオが見れる iPod」(iPod with video)と「ビデオ iPod」(Video iPod)とは同じものではない。映画には 5G iPod の2.5 インチよりずっと大きいスクリーンが必要だ。現行の 5G iPod モデルでも横置きにすればいい。アップルなら出来るし、もう少し大きめの iPod でもいい。そうすれば多くのひとが満足するだろう。使い方はこれまでどおりで、iTunes から iPod に映画をダウンロードして、iPod で見るか、あるいは iPod の AV ケーブルでテレビに出力する。

I’ve said it before and I’ll say it again, an iPod with video is not a Video iPod. Movies want a bigger, wider screen than the 5G iPod’s 2.5-incher. An iPod about the size of the current 5G would be suitable if the iPod were turned horizontally. Apple could do thisムor offer an iPod that’s a bit bigger—and satisfy a lot of people. Same drill as before. Download movies to the iPod through iTunes, watch them on the iPod or on an attached TV via the iPod’s AV cable or dock.

      *      *      *

3)“i” のついたなにか新しいもの(A new iSomething

Itablet

[iTablet]

同僚の Dan Frakes から指摘されたのだが、 iPod は周辺機器の使い方をダイナミックに変えた。プレーヤはメディアというより今や携帯端末(portable unit)なのだ。アップルがこの考えを押し進めて、iPod ないしは「”i” のついたなにか新しいもの」(iSomething)を作ると考えてみたらどうだろうか。iSomething の特徴は強力な接続能力だ。そうだ、お望みなら iSomething で映画を見ることもできるが、本当の狙いは iSomething にメディアをダウンロードして、テレビに繋がったドックにカチャッとはめて使うことだ。

My colleague Dan Frakes has made the point a time or two that the iPod has changed the dynamic of how we use peripherals. The player is now the portable unit rather than the media. Suppose Apple extends this to a new iPod/iSomething? This features more powerful docking capabilities. Yes, you can watch movies on the thing if you want, but it’s really intended to be carted from your computer (where you download media to it) and plopped into a dock connected to your TV.

      *      *      *

4)ストリーミングが出来るなにか新しいもの(A new streaming something

映画をテレビで見るのが最終目的だというのなら、アップルは、大量のデータを細いパイプを通すというチャレンジに応え、ビデオ用の AirPort Express を作ることができるだろうか。

If the television is the ultimate destination for these movies, can Apple find a way to overcome the challenges of big data and small pipes and deliver an AirPort Express for video?

      *      *      *

5)正真正銘のマルチメディアマック(The true multimedia Mac

Multimedia Mac

[Multimedia Mac]

Mac mini に Front Row とリモコンとデジタルレコーダをくっつければ、それに近いものになる。もう一歩進めてちゃんとやるとすれば Front Row だ。Front Row はメディア購入のゲートウェイとしての役割も、また、TiVo みたいに映画を見たり、録画するためのゲートウェイとしての役割も果たし得る。ちょっと大胆すぎて当たりそうにないことはよく分かっているけれど・・・

The Mac mini coupled with Front Row, the Apple Remote Control, and a compatible digital video recorder are so close. Take the next step and do it right—Front Row provides the gateway to purchasing and watching movies as well as recording television programs ala TiVo. Serious, serious long shot, I know.

      *      *      *

6)アイフォン(The iPhone

Iphone

[iPhone]

Steve はあなたを驚かそうとしているのだ! 待ちに待った iPhone を Jobs が取り出して大画面に Fandango[注:ネット上のエンタメポータル]を出してみせる。そしてお気に入りの地元の映画館にいくときは、送話口でささやくように静かに話せというのだ。

Steve was just messin’ with you, man! Jobs trots out the long-awaited iPhone, flashes the Fandango URL on the big screen, and cautions you to whisper “Silent” into the mouthpiece when you walk into your favorite local theater.

      *      *      *

断定を避けて、選択肢を示すだけで、そのうえ慎重な表現なのでいささか分かりにくいが、事情通はこういう考え方をするのか。

なんだか頭の体操みたいだ。

Technorati Tags: , ,

広告

1件のコメント »

  1. 喉元過ぎれば

    熱さを忘れる

    コメント by Mac!!Mac!!Mac!! — 2006年 9月 11日 @ 01:43


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中