maclalalaweblog

2006年 9月 5日

共通の敵

Filed under: ひと — shiro @ 18:20

Apple+Google

グーグルの Eric E. Schmidt がアップルの重役陣に加わった。ニューヨークタイムズの John Markoff が「アップルとグーグルの友情、そして共通の敵」という記事を書いている。

New York Times:”An Apple-Google Friendship, and a Common Enemy” by John Markoff:8月30日

久しぶりに読み応えのある記事だ。シリコンバレーの人間模様が大変興味深いので、少し長いが以下に紹介する。

      *      *      *

共通の敵マイクロソフト

先週グーグルの CEO Eric E. Schmidt がアップルの取締役に選出されたとき、強力な二社が同盟するシグナルと見えただけではなかった。この動きの背後にいる人間、即ち Steven P. Jobs の本当の意図は何かということが大きな憶測を呼んだ。

SAN FRANCISCO, Aug. 30 — When Eric E. Schmidt, Google’s chief executive, was named to Apple Computer’s board this week, it did more than signal a potential alliance between powerful companies. It touched off a wave of speculation about the motives of the man behind the move: Apple’s co-founder, Steven P. Jobs.

カリフォルニア大バークレー校の AnnaLee Saxenian はつぎのようにいう。「シリコンバレーの古くからの人間関係はずいぶん深い所で繋がっている。そして、シリコンバレーが北に共通の敵を持っていることを思い起こさせる。」

“The old social networks in Silicon Valley run very deep,” noted AnnaLee Saxenian, a leading scholar of the industry and dean of the School of Information at the University of California, Berkeley. “And this reminds us that Silicon Valley has a common enemy to the north.”

北の敵とは誰か、彼女がいわずとも明らかだ。マイクロソフトは Jobs と Schmidt 両氏にとって、そのキャリアのほとんどを通じて彼らの主要な敵だった。今やインターネット時代にはいり、競争関係をめぐる環境が塗り替えられてきたので、彼らがマイクロソフトのウインドウズ帝国を打ち負かす可能性はこれまでになく大きくなってきている。

She did not even need to name the enemy she had in mind: Microsoft, the leading rival to both Mr. Jobs and Mr. Schmidt through most of their careers. Now, with the Internet era remaking the competitive landscape, their prospects for outdueling Microsoft’s Windows empire may be better than ever.

      *      *      *

対照的な二人  Job Schmidt

Eric Schmidt

どの会社をとってもお互いに複雑に入り組んだ関係[注]にあるそんなシリコンバレーにおいてすら、今回のアップルの発表は衝撃的だった。若き設立者二人を助け、株式公開の手助けをするため5年前にグーグルにやってきた Schmidt 氏は、シリコンバレーの正真正銘のインサイダーだ。一方 Jobs 氏は、アップルの支配権を改めて握るまで、業界の荒野を彷徨(さまよ)ってきた、文字通りのアウトサイダーだ。[注:degrees of separation。”Six Degree of Separation”と呼ばれる「6人の友達をたどれば全ての人に繋がる」という理論から。]

Even in a valley where careers leave few degrees of separation between any two companies, the Apple announcement was remarkable. Mr. Schmidt, brought in five years ago to guide Google and its young founders to a stock offering, is Silicon Valley’s consummate insider. Mr. Jobs, who spent years in the industry wilderness before retaking the helm of Apple, is its defining outsider.

とも51才になった Jobs と Schmidt 両氏は、共通の展望を持っている。コンピュータテクノロジーは、ビジネスにとっても社会にとっても、大きな撹乱要因であり得るというビジョンだ。

But Mr. Schmidt and Mr. Jobs, both 51, share a common outlook: that computing technologies can be remarkably disruptive forces in business and in society at large.

      *      *      *

新しいパワーブローカー

Googlechina

火曜日に発表された新しい役員任命については、Jobs および Schmidt 両氏とも、これから共に働くことを期待しているという準備された書面以上のことは語らなかった。

Mr. Jobs and Mr. Schmidt refused to comment on the appointment, announced Tuesday, beyond prepared statements that they were looking forward to working together.

Schmidt 氏の任命は、グーグルに来て以降初めて彼の役割を拡大するものだ。それまでの経歴で、彼は著名な民主党員であり、政治的課題についても積極的に発言することで知られていたが、グーグルに来てからはその役割を放棄していた。これからはもっと広い場で活躍するのではないかと思われる。

The appointment is Mr. Schmidt’s first move to broaden his role since coming to Google. Earlier in his career, Mr. Schmidt was a prominent Democrat and outspoken on the industry’s political agenda, but he abandoned that role when he joined Google. Now it appears that he is beginning to play on a broader stage again.

「明らかに Eric は、シリコンバレーの新しいパワーブローカーとして登場したのだ」とWilliam N. Joy(ベンチャーキャピタル Kleiner Perkins Caufield & Byers のパートナーで、Schmidt 氏が長い間役員だった Sun Microsystems の共同設立者)はいう。

“Eric has clearly arrived as one of Silicon Valley’s new power brokers,” said William N. Joy, a partner at a leading venture capital firm, Kleiner Perkins Caufield & Byers, and co-founder of Sun Microsystems, where Mr. Schmidt was long an executive.

      *      *      *

Eric Schmidt の経歴

Jobs および Schmidt の両氏とも、シリコンバレーの第二世代にそのルーツを持っている。セミコンダクタ開発時代を第一世代とすると、その次に現れたエンジニアでありイノベータ(革新者)の世代だ。彼らが最初に知り合ったのは 1990 年代に遡る。当時 Sun でソフトウェアを率いていた Schmidt 氏は、Next Computer にいた Jobs 氏に近づいて技術協力を申し出た。

Mr. Schmidt and Mr. Jobs have their roots in Silicon Valley’s second generation, the engineers and innovators who came after the early era of semiconductor pioneering. Their acquaintance dates from the early 1990’s, when Mr. Schmidt, heading software at Sun, approached Mr. Jobs, then running Next Computer, about technical cooperation between the companies.

Schmidt 氏の持つ資格には、カリフォルニア大バークレー校でのコンピュータサイエンスの博士号が含まれているが、彼の初期の業界に対する考え方は Palo Alto Research Center で形成された。ゼロックスの、かの伝説的な PARC だ。そこでは 1970 年代に最初のパーソナルコンピュータが考案され、近代的ネットワークが考えられたのだ。

While Mr. Schmidt’s credentials include a Ph.D. in computer science from the University of California, Berkeley, his early outlook on the industry was shaped when he worked at the Palo Alto Research Center, the legendary Xerox outpost known as PARC, where the first personal computers and modern networks were created in the 1970’s.

[PARC を訪れた Jobs 氏の感激が、Lisa や Macintosh に結実したことは有名な伝説だ。]

両氏ともスポットライトを浴びることなく、長い間どちらかといえば逆境の時期を過ごした。

Both men experienced long periods of relative adversity outside of the limelight of computing…

[Jobs 氏は 1985 年にアップルを追われている。]

Googleguys

1997 年に Schmidt 氏は Sun Microsystems を去り Novell の CEO となった。同社はネットワークコンピューティングのパイオニアだったが、アップルと同様、デスクトップコンピューティングを支配するマイクロソフトの犠牲となった。なんとか会社を建て直すべく4年間も苦心惨憺した挙げ句、遂にそこを去ってグーグルの CEO になった。グーグルでは Sergey Brin と Larry Page という二人の若い設立者の経験を補う役目が期待された。

Mr. Schmidt left his position at Sun Microsystems in 1997 to take over as chief executive at Novell, a network computing pioneer that, like Apple, had been a victim of Microsoft’s rise to dominance in desktop computing. After four years of trying to turn the struggling company around, he left to become chief executive at Google, where his experience was meant to offer balance to the two young founders, Sergey Brin and Larry Page.

Schmidt 氏は、こんどはアップルでその経験を生かすことになる。Jobs 氏や他のアップル役員に対するストックオプション付与について会社がその不規則性の疑いを調査する間、Jobs 氏が役員会に対して独立性を保てるようにすることなどだ。 

Now Mr. Schmidt will bring his experience into play at Apple, in part helping Mr. Jobs add to the independence of his board while the company investigates possible irregularities in stock option grants to Mr. Jobs and other Apple executives.

      *      *      *

アップルとグーグルの緊密な関係

二人を知る役員たちによれば、過去において彼らはそれほど親しくなかったが、深く繋(つな)がったシリコンバレーの同業者関係を反映して、役員レベルでは両社が緊密に結びついているという。前副大統領の Al Gore はグーグルの特別顧問であり、アップルの役員でもある。Intuit の会長の William V. Campbell も両社に繋がりがある。Intuit は、マイクロソフトの攻撃にも拘らず、Quicken や TurboTax といった製品でよく頑張っている会計ソフトの会社だ。

Executives who know the two men say they have not been close in the past, but are part of a tightly knit fraternity that draws their companies together at the executive level. Former Vice President Al Gore is a special adviser to Google and also holds a seat on Apple’s board. Another link between the companies is William V. Campbell, chairman of Intuit, the financial software company whose Quicken and TurboTax products have prevailed against Microsoft’s challenge.

Campbell 氏は、以前からグーグルの影のコンサルタントであり、元アップル CEO であり、現役員でもある。彼は長い間 Jobs 氏の懐刀だった。二年前のガン手術で静養中の Jobs 氏を見舞ってもいる。

Mr. Campbell was an early and close behind-the-scenes consultant at Google and is a former Apple executive and current board member. He has long been a confidant of Mr. Jobs, and visited with him while Mr. Jobs was recovering from cancer surgery two years ago.

      *      *      *

両社の接近でなにが起るか

グーグルとアップルは、お互いを補完しあういくつもの戦略を持っている。例えば今週グーグルはあるサービスの開始を発表したが、これは Microsoft Office の対抗馬となり得るウェブベースのサービスだ。一方 Jobs 氏は、近年マックにインテルのプロセッサを採用することにより、PC 世界の支配的コンピュータスタンダードに実に巧みに楔(くさび)を打ち込んだ。そのスタンダードとは、Wintel 同盟即ちマイクロソフトのソフトウェアとインテルのハードウェアが打ち立てたものだった。

There are many possibilities for a complementary strategy between their companies. This week, for example, Google announced that it was beginning to weave together a number of services that could be a Web-based competitor to Microsoft Office. And Mr. Jobs has skillfully driven a wedge into the dominant PC computing standard established by Microsoft’s Windows software and Intel’s hardware — the so-called Wintel alliance — by recently adopting Intel’s processor for Apple’s Macintosh computers.

Schmidt 氏が任命されたことによって、グーグルのサーチエンジンをアップルのオンラインミュージックサービス iTunes に広げるのではないかという騒ぎを引き起こした。そうなれば、マイクロソフトがなんとか食い込もうとしている分野でのアップルの優位がさらに強化されることになる。

Mr. Schmidt’s appointment set off chatter about linking the Google search engine to iTunes, Apple’s online music service — reinforcing Apple’s pre-eminence in a category where Microsoft is seeking a grip.

それは、これまでアップルやグーグルによって何度も防御的立場に立たされたエンターテインメント業界に大きな影響をもたらすものとなる。

That would also have broader implications for the entertainment industry, an industry repeatedly put on the defensive by both Apple and Google.

「映画産業はみな、そういう意味では著作権所有者もみな、 Google であれ Apple であれ、あるいは Sony であれ、小売りがひとつの窓口に絞られることを望まない」と、シリコンバレーの経営者で投資家の William Randolph Hearst III はいう。

“The studios, and for that matter, all the copyright owners, don’t want to see only one place become their sole retail outlet — whether it is Google or Apple or Sony,” said William Randolph Hearst III, a veteran Silicon Valley executive and investor.

Jobs 氏は、アップルおよび(彼の下で繁栄をみた)Pixar でデジタルコンテンツを売るつもりなら、彼の指示に従うようレコード業界およびハリウッドに強いてきた。彼は Pixar を 7400 万ドルで売却して Walt Disney Company の役員に加わったが、そのことが彼の立場を一層強いものにしている。

At Apple and at Pixar, the digital movie studio that flourished under him, Mr. Jobs has forced the recording industry and Hollywood to follow his lead in selling products in the digital world. His alliance with the Walt Disney Company — whose board he joined this year after Disney bought Pixar for $7.4 billion — has given him added leverage.

今度はオンライン広告を意のままにするグーグルに一歩近づいたことにより、メディアとコンピュータがひとつになりつつある世界において、Jobs 氏はさらに重要な役割をアップルに与えることになるのかもしれない。

Now, by moving Apple a step closer to Google, with its command over online advertising, Mr. Jobs may be positioning Apple to play an even more influential role in the converging worlds of media and computing.

「ディズニーにとって Pixar が重要だったように、グーグルはアップルにとって重要なのだ」と Tony Perkins(起業家で、シリコンバレーインサイダーのウェブサイト AlwaysOn の編集者)はいう。

“Clearly what Disney was for Pixar, Google could be for Apple,” said Tony Perkins, an entrepreneur and editor of AlwaysOn Network, a Web site for Silicon Valley insiders.

      *      *      *

利益が衝突する可能性も

グーグルとアップルの戦略は多くの点で重なるが、一方両社の利害が衝突する可能性のある分野もある。両社とも携帯型のスマートフォン(smart phone)を開発中だと噂されているが、競合の可能性がある。もし、それぞれの会社が境界を越えるとすれば、それはこの地域[注:シリコンバレー]の伝統によるものだ。

While Google’s and Apple’s strategies are aligned in many ways, there are also potential areas of conflict. Both companies are rumored to be developing hand-held devices known as smart phones that would potentially compete. If the two companies do cross paths, it will be part of a local tradition.

「これはシリコンバレーの典型的な陰陽競争だ。イノベータたちは枠を超えてお互いの考え方を豊かにし、そしてそれからマーケットでぶっつかり合うのだ」と Paul Freiberger(シリコンバレーの歴史家)はいう。

“It’s part of the classic yin-yang competition in Silicon Valley, where innovators cross-fertilize each other’s thinking and then go out and clash in the marketplace,” said Paul Freiberger, a Silicon Valley historian.

      *      *      *

Eric Schmidt のことだけでなく、シリコンバレーの人間模様から Schmidt と Jobs、グーグルとアップル、マイクロソフト、さらには今後予想されるアップルの変化まで浮かび上がらせる手腕はさすがだ。長年シリコンバレーを熟知するテクニカルライター John Markoff の面目躍如(めんもくやくじょ)である。

また、この種の記事としては珍しく、全編 Mr. Schmidt、Mr. Jobs と敬称を付けて書いているのは、両氏に対する John Markoff の敬意の表れだろうか。

Technorati Tags: , ,

3件のコメント »

  1. Google

    の人材募集で非常にユニークな

    コメント by Mac!!Mac!!Mac!! — 2006年 9月 6日 @ 10:50

  2. どうもですっっっ(笑)!!
    シリコンパレーって本当に上層部の方々同士って皆さん顔見知りみたいですね(笑)。
    良い記事をありがとう御座いました。
    一緒にTBさせて頂いております(笑)。

    コメント by +.k代表(プラスドットケイ代表)=the bloger formerly known as macuser — 2006年 9月 6日 @ 10:54

  3. > +.k代表 さん
    Google も Monkey も 楽しく読ませていただきました

    コメント by shiro — 2006年 9月 6日 @ 21:22


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中