maclalalaweblog

2006年 8月 29日

WWDC の質が低下してきた:TidBITS

Filed under: ブログ — shiro @ 18:32

Wwdc01

実際に WWDC に出席したひとの興味深い記事が TidBITS に載っている。

WWDC はデベロッパにとって大変重要な機会だ。10時間もぶっ通しでレクチャーやラボで過ごすひともいる。だから質の低下はこたえるという内容だ。

以下、羽鳥公士郎氏(TidBITS 日本語版)のすばらしい訳で紹介させていただく。

TidBITS:”The Decline of WWDC” by Matt Neuburg:8月21日

TidBITS 日本語版:”WWDC の凋落“:8月21日[羽鳥公士郎訳]

      *      *      *

年々不快になって行く

そういうわけなので、WWDC が参加者にとって毎年毎年不快になってゆくのを見るのは痛ましいことだ。私たちは毎年、こう言いあっている。「ああ、本当にひどくなった。でも、これ以上悪くなることはないだろうさ。」そして現実は、毎年悪くなっている。私はここで、内容の価値や妥当性について言っているのではない。そのようなことについて言えば、大抵の場合最高だ。ただし、もちろん、Apple の精神状態や方向性の確かさといった内部要因によって、あるいはまた、たまたまそのときのタイミングによって、年によってばらつきがあるが。(例えば 1996 年の WWDC は、Gil Amelio 率いる Apple に何の現状認識も将来の見通しもなかったため、その年に語られたことは根も葉もないでたらめで、全く時間と費用の無駄であった。今年の WWDC は、それよりははるかにましであったが、オペレーティングシステムの次のリリースがだいぶ先なので、Apple は開発中の機能について未確定なことや当て推量を多く述べるほかなく、昨年と比べると有益さがわずかに劣った。)私がここで言いたいことは、そういうことではなくて、もっと現世的な心遣い、つまり、記念品や食事、運営実務のことだ。[羽鳥公士郎訳]

It’s distressing, therefore, to see how WWDC has become more and more unpleasant for the attendees each year. Each year we say to each other, “Wow, it’s really gone downhill, but at least it couldn’t possibly get any worse,” and each year it gets worse. I’m not talking here about the value and relevance of the content, which is usually top-notch, though, to be sure, it can vary in quality, depending partly upon internal aspects of Apple’s mental health and firmness of direction, and partly upon accidents of timing. (The 1996 WWDC, for example, was a complete waste of time and money, because Apple under Gil Amelio had no idea what it was doing or where it was going, so everything it said that year was outrageously false. On a far milder scale, this year’s WWDC was slightly less useful than last year’s because the next release of the operating system is further off, so more of what Apple had to say about upcoming features was inchoate or guesswork.) No, I’m talking about more mundane considerations – freebies, food, and logistics.

      *      *      *

2003 年は最高だった

近年の WWDC で白眉といえば、2003 年のものだ。Apple は会場を、人里離れたつまらないSan Jose McEnery Convention Center から、San Francisco の素晴らしいダウンタウンにある Moscone Center の西ウイングに移した。参加者には素敵なポートフォリオバッグ(私は今も使っている)と、当時販売されていたオペレーティングシステムが1本、そして豪華なハードウェアが1点(iSight だ!)が配られた。食事も申し分なく(温かい朝食と昼食がおいしかった)、講演の合間には無料のジュースと果物、そしてもちろん最高のコーヒーがたくさんふるまわれた。[羽鳥公士郎訳]

The zenith in recent years was the 2003 WWDC. Apple had moved the venue from the isolated, unpleasant San Jose McEnery Convention Center to the west wing of the Moscone Center in wonderful downtown San Francisco. Attendees were given a superb portfolio bag that I still use, a copy of the currently shipping operating system, and a major piece of hardware (an iSight!). The food was terrific (excellent hot breakfasts and lunches), and between talks we were plied with free juices and fruit, and of course plenty of high-quality coffee.

      *      *      *

Wwdc02

プラスチック容器入りサンドイッチと「座席ナチ」

それに対し、今年はと言えば、記念品は私が知る限り最も安っぽいポートフォリオバッグ(ペラペラでクッションもなく、仕切りもほとんどなく、ジッパーは安物で、紐がへんてこな位置についている)と、薄汚いトラベルマグ、そして間違ったラテン語の書かれたTシャツだ。(実は、私は長年ラテン語の教師を勤めた。私に聞いてくれればよかったのに。)ハードウェアもなければ、現在販売中のソフトウェアもない。昼食はプラスチックの容器に入ったプラスチックのサラダとプラスチックのサンドイッチで、朝食は姿が見当たらなかった。講演の合間のスナックは干からびたペストリーだ。ある晩にふるまわれたものは、ピザのつもりだったらしいが、あまりにひどい代物だったので、参加者は、文字通り目をみはり息をのんだ。無料の Odwalla ジュースはあったが、おいしい Odwalla ジュースはなかった。どれも砂糖を添加した混合飲料で、誰も買いたいと思わないようなものだった。すべての参加者は、制服を着た集団(私たちは “seat Nazis”(座席ナチ)と呼ぶようになった)によって講義室に押し込められ、好きな席に座ろうとしても、あっちに行け、こっちに来いと叫ばれる始末だった。[羽鳥公士郎訳]

This year, on the other hand, the freebies were the cheapest portfolio bag I’ve ever seen (flimsy, no padding, few compartments, bad zippers, strap attached in a silly place), a crummy travel mug, and a t-shirt with incorrect Latin on it. (OK, so I spent many years teaching Latin; they could have asked me.) No hardware, no currently shipping software. Lunches were plastic salad and plastic sandwiches in plastic containers; breakfast was nearly non-existent. Snacks between talks were dried-up pastry. One evening there was something that pretended to be pizza; it was so bad that people were literally gasping in disbelief. There were free Odwalla juices, but none of them were the good Odwalla juices: they were all sugar-added concoctions that no one ever buys. And attendees were herded into lecture rooms by uniformed characters we came to call “seat Nazis,” yelling at us to move forward and inward rather than sitting where we preferred.

      *      *      *

これじゃボッタクリだ

結局問題は何かと言えば、WWDC がこんな有様では、まるでぼったくりのように思えてしまうということだ。参加するのは高くつく(もちろん飛行機代や宿泊費も必要だ)というのに、実際の体験は安っぽくて耐え難く感じられる。そんな風になる必然性はないのだ。今年の WWDC には 4200 人を越える参加者があり、これは過去最高だ。だから、Apple がこの会議自体の資金繰りに困るなどということはない。参加費は条件によって異なるが、正式な金額は1人あたり 1,600 ドルだ(早期申し込みの割引がある)。Moscone Center の使用料や、講演や録音の機材や運営の費用があまりに高すぎて、Apple が記念品や食事という形で還元するだけの資金が残らないなどということが、本当にありうるのだろうか。(これだけの人数がいれば、例えば本当によいポートフォリオバッグでも、1個あたり 20 ドルもかからない。)[羽鳥公士郎訳]

The overall trouble here is that WWDC done in this way feels like a rip-off. It’s expensive to attend (including airfare and hotel costs, of course), while the experience itself feels cheap and oppressive. And there’s no need for it to feel that way. This year WWDC had over 4,200 attendees – the largest WWDC ever. So Apple is hardly short on cash flow for the conference itself. Prices vary, but the nominal fee is $1,600 per person (with a discount for early registration). Is it really possible that renting the Moscone Center and paying for the equipment and logistics for presenting and recording the lectures is so expensive that Apple can’t afford to give back more of those fees in the form of gifts and better food? (At these quantities, a really good portfolio bag, for example, is less than $20 a unit.)

      *      *      *

デベロッパの扱いが変わったのか

このようなことに不平を述べるのは、些細なことに愚痴をこぼしているように聞こえるかもしれない。確かにその通りだ。しかし、この細かいことこそ、積み重なって、WWDC が快適な体験となるのか不快な体験となるのかの分かれ目になるのだ。そして、不快な体験が3日半続くとなれば、あっという間に不快の度も増すというものだ。また、このように WWDC の表面的な品質が低下しているということであれば、それが Apple の開発者に対する態度を何かしら暗示しているのではないかという疑念も生じる。かつての Apple は、開発者たちは Macintosh ユーザビリティの最前線に立つ創造者だとして、敬意を表していた。それが今では、開発者はねずみのえさのような食事を供され、牛を駆り立てるかのようにあしらわれている。Apple は本当にこのようなメッセージを送ろうとしているのだろうか。[羽鳥公士郎訳]

To complain of this may seem to be whining about a very small thing; and so it is. But it’s a small thing that, in the aggregate, makes the difference between WWDC being a pleasant experience and an unpleasant one; and three and a half days of unpleasant experience quickly starts to feel very unpleasant indeed. There is also the question of what this deterioration in WWDC’s surface quality implies about Apple’s attitude towards its developers. Apple used to honor its developers, as being the creators of the front line of Macintosh usability; now it feeds them like rats and herds them like cattle. Is that really the message Apple wants to send?

      *      *      *

気に懸かったのは「座席ナチ」(seat Nazis)ということばだった。

WWDC キーノートの舞台裏を描いた「Joy of Tech」のウェブコミックにも、それらしき人物が描き込まれている。(Apple’s keynote command bunker

ネットのどこかで、日本から参加された方の同様なコメントを読んだような気がする。(改めて探してみたが、みつからなかった。)

外部からは窺い知れないデベロッパの感想はなかなか興味深い。

Technorati Tags: , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中