maclalalaweblog

2006年 8月 18日

64ビットサポートとは

Filed under: OS — shiro @ 18:32
Tags: , ,

64bit

Leopard の強化機能の第一に挙げられたのは 64 ビットサポートだった。

先進的な次世代アーキテクチャらしいということを除けば、漠然としてよく分からない。

Henry Norr が簡潔な解説を書いている。

Macworld:”Leopard first looks: 64-bit support” by Henry Norr:8月16日

      *      *      *

64 ビットサポートの意味

64 ビットの完全サポートは、WWDC における Jobs のキーノートでも重要な地位を占めていた。Leopard の強化された諸機能の中でも、バックアップ兼復元技術である衝撃的な Time Machine を差し置いてリストのトップにきた。しかし、64 ビットサポートがトップバッターになったのは、デベロッパ会議においてすらいささか奇妙だった。というのも、アップルも認めるとおり、ほとんどのアプリケーションにとってまだ意味をなさないからだ。

Full 64-bit support got top billing in Steve Jobs’ Worldwide Developers Conference keynote—it was first on the list of Leopard enhancements he previewed, ahead even of Apple’s striking Time Machine backup-and-restore technology. Even at a developer conference, however, 64-bit support was an odd choice for the lead-off position, because it’s an option even Apple admits doesn’t yet make sense for most applications.

Henry Norr はつぎのようにいう。PowerPC G5 プロセッサは Tiger 以降 64 ビットコードも扱えるようになったけれど、ソフトとハードの現状は基本的にはまだ 32 ビット環境なのだ、と。その上でつぎのように続ける。

      *      *      *

64 ビット移行のメリットはなにか

Leopard では様子が異なる。デベロッパは今でも 64 ビット稼働が可能な本格的マックアプリケーションを作ることができる。ただし、現行のマックソフトを[64 ビットに]変換しようとすると、かなりの作業に遭遇するハメになる。プログラムのコードのみならず、プログラムが使うことになるライブラリやフレームワーク、プラグインといったものまで書き換え、再度コンパイルする必要があるからだ。

Things will be different in Leopard: Developers can now build full-fledged Mac apps that are 64-bit-capable. But developers converting existing Mac programs will face a fair bit of work. Not only their own code, but every library, framework, and plug-in their programs use will have to be modified and recompiled.

そこまでしても、64 ビットに移行するメリットがいまひとつ分からない。まず第一に、64 ビットコードは G5 ないしは Core 2 プロセッサでしか動かない。PowerPC の G3 や G4 を使用するマック、あるいは新しいインテルマックでも第一世代の Core Duo や Core Solo を使用するものについては、やはりデベロッパは 32 ビットのバージョンを作らなければならない。それらのマックとは、MacBook、MacBook Pro、iMac、Mac mini、すなわち現行のマックのほとんどだ。

Even then, there’s not always a clear-cut case to move to 64 bits. First, 64-bit code will work only on G5 or Core 2 processors—developers will still have to deliver 32-bit versions for users with Macs based on G3 and G4 PowerPCs or even with Intel’s first-generation Core Duo and Core Solo CPUs (in other words, the current MacBook, MacBook Pro, iMac and Mac mini product lines).

第二点目として、64 ビットのプログラムの中には 32 ビットバージョンに比べ、かなり遅いものがある。特に G5 のマックでそうだ。たいていの場合、64 ビットに移行することによってパフォーマンスがよくなると考えられるが、それでも圧倒的というわけにはいかない。新しい Mac Pro や Core 2 プロセッサを使う未来のモデルですらそうだ。問題は 32 ビットから 64 ビットに移行すると、コードが膨れ上がってしまうことだ。プロセッサの L1 キャッシュや L2 キャッシュにはいりきらず、メモリーからの呼び出しが比較的遅くならざるを得ないのだ。

Second, some 64-bit programs will actually perform more slowly than 32-bit equivalents, particularly on G5 Macs. Although most applications are likely to pick up some performance by going 64-bit, the benefits are not likely to be overwhelming, even on the new Mac Pro and future models with Core 2 processors. The main problem is that going from 32- to 64-bits results in inflated code, which means less of it fits in the processor’s L1 and L2 caches, and more relatively slow calls to memory are required.

      *      *      *

では、誰のためのものか

膨大なデータ量を扱うソフトのデベロッパなら、Leopard がネイティブで 64 ビットコンピューティングをサポートすることに感謝するだろう。科学計算ソフト、大規模データベース、データマイニング(data-mining)システム、大規模 CAD/CAM ソフトなどだ。とくにゼロからソフトを構築する場合で、 PowerPC や第一世代 Core ユーザーのことなど考える必要がなく、未来の Core 2 プロセッサで動きさえすればいいという場合だ。

Developers of certain types of programs that work with huge amounts of data—some scientific computing applications, large database and data-mining systems, large-scale CAD/CAM apps, and specialized image processing programs, to name a fewムwill appreciate Leopardユs full, native support for 64-bit computing, especially if they are creating new applications from scratch and if they are targeting only future Core 2 CPUs, leaving PowerPC and first-generation Core users behind.

      *      *      *

結論は・・・

十年か二十年もすれば、32 ビットコンピューティングのことなぞ歴史の彼方に消え去っているかもしれない。Mac OS(名前は変わっているかもしれないが)とそれで動くハードウェアは、64 ビットオペレーションに完全最適化されているだろう。その時になって初めて、Leopard で 64 ビットのアプリケーションサポートを行ったことが、その後の発展における重要な一里塚であったことに気付くだろう。しかしそれまでの間は、主として特定の技術ソフトのデベロッパだけの関心事だといえる。プロのクリエイターやパワーユーザーを含め、ほとんどのマックファンにとっては、これは飛躍のひとつに過ぎない。来年春、Leopard が野に放たれても、さほど騒ぎ立てられることはないだろう。

In a decade or two, 32-bit computing may only be a distant memory, and the Mac OS (or whatever succeeds it) and the hardware it runs on will be fully optimized for 64-bit operation. By then, in hindsight, the addition of 64-bit application support in Leopard will look like a milestone on an important evolutionary path. But in the near term, it’s mostly of interest to developers of specialized technical applications. For most Mac fans—even graphics professionals and other power users—this is one leap forward that’s not likely to produce much of a splash when Leopard is unleashed next spring.

Technorati Tags: , ,

広告

1件のコメント »

  1. Mac OS X “Leopard”への期待

    来春 Leopard が出る!Mac OS Ⅹ “Leopard”。 単に新しい

    コメント by 3Dで振る小さな旗 — 2006年 12月 25日 @ 22:28


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中