maclalalaweblog

2006年 7月 17日

マックでウインドウズが動いても法人顧客のドアは開かない

Filed under: ウェブログ — shiro @ 10:59

Business

少し前になるが、アップルと法人顧客の関係について Macworld が興味深い記事を書いている。

Macworld:”Analysts: Windows on Macs will not open corporate doors” by Mathew Honan:7月7日

      *      *      *

法人顧客は別だ

アップルがインテルプロセッサに移行し、ウインドウズをネイティブに動かせることが分かって、家庭やスモールビジネスではマックを導入するひとが増えるかもしれないが、大企業ではそうはいくまい、と産業アナリストたちはいう。

Apple’s switch to Intel processors and the Macs newfound ability to run Windows natively may lead to increased adoption in the home and small business marketplace, but will probably not translate to an increased presence in large-scale corporate environments, say industry analysts.

Needham and Company のアナリスト Charles Wolf は、ホームユーザーではアップルのマーケットシェアは三倍増するだろうが、ビジネス分野ではそうはいかないだろうと予測している。

Needham and Company analyst Charles Wolf recently predicted that Apple’s market share could triple in the home, yet he says that the same thing is not true of the corporate space.

「ビジネスマーケットについては私は慎重な見方をしている。中規模から大規模な企業が特にそうだ」と Wolf は Macworld 誌に語った。「これらの企業の場合、最終決定権を持つのはユーザーではない。私の見るところ、これらの企業は非常にウインドウズ中心的で、たとい将来のある時点でマックでウインドウズが動くようになってもあまり影響は受けないだろう。小さい企業の場合は、マックに乗り換えたり、あるいはマックと混在する環境をとる会社も出てくるかもしれないが、それがどのくらいになるか当て推量でも分からない。実際にはとても少ないと思う。」

“I’m relatively cautious about the corporate market, medium and large business in particular,” Wolf told Macworld. “The decision maker is usually not the user in those cases. My observations are that they are very Windows-centric and consequently the fact that the Mac can run Windows well at some point in the future probably won’t matter. In small business you might see some companies turn to the Mac as their primary computer, or they may be mixed environments, but there’s no way I could even guesstimate how much that would be. I think quite small, in point of fact.”

      *      *      *

巨大な先行投資をムダにするわけがない

個人ユーザーはスイッチするかもしれないが、ウインドウズマシンやアプリケーションに巨大な先行投資をした大企業がスイッチするなんて理屈に合わないと、Gartner のアナリスト Michael Silver はいう。

Gartner analyst Michael Silver also says that while individuals might be switching, it does not make sense for large companies heavily invested in Windows machines and applications to do so.

「ウインドウズ PC をマックで置き換えるのが一般的になる訳ではない」と Silver はいう。「Boot Camp によって、法人顧客がマックを買わない状態が解決するとは思わない。ウインドウズマシンを買いたいのなら、何百台何千台もの PC を買う会社にとってはマックなんか買わなくてももっと安い方法がある。マックを売るのはたった一社だ。それに Boot Camp をインストールせねばならず、その上定価が 300 ドルもするウインドウズのフルセットも買わねばならない。」

“We’re not seeing Macs replace Windows PCs as a standard choice,” said Silver. “I don’t really see Boot Camp as the resolution of why organizations don’t buy Macs. If you want to buy a Windows machine, especially if you are in a company buying hundreds or thousands of PCs, there are cheaper ways to do that than buying a Mac. There’s only one vendor, and you still have to install Boot Camp and buy a full version of Windows, which has list price of like $300.”

      *      *      *

Boot Camp は生産性を損なう

さらに生産性という問題があるとアナリストはいう。Boot Camp を使えば Windows にも Mac OS にも起動でき、ウインドウズのアプリケーションがネイティブに動くとはいっても、OS を換えるためにはコンピュータの電源を切って再起動しなければならない。その間、すべてのアプリケーションの作業を終えて、待っていなければならないというのでは生産性が損なわれることになる。

Another issue, say analysts, is productivity. Although Boot Camp will allow Mac users to boot up into either the Windows or the Macintosh OS and run Windows applications natively, in order to switch, they must shut down and restart their machines. This reduces productivity since a user must quit working in all open applications and wait while the machine shuts down and restarts.

「企業が求めるのはアプリケーションそのものに時間を割くことだから、デューアルブートマシンでは問題の解決にはならない」と Silver はいう。「自分がプロのクリエイターで、映画やビジネスプロジェクトを編集しているものとすると、SAP であれなんであれウインドウズの作業をやるために、今やっている作業をやめてウインドウズを再起動しなければならないというのでは、一体全体私の生産性とやらはどうなってしまうのだろうか。Parallels の仮想化による解決策の方がいいと思われる。Parallels はアップル自身にとってもいい解決策だ。何故ならアップルをサポートの問題から解放してくれるからだ。

“If [a corporation is] trying to get users to spend time on applications, having a dual boot machine doesn’t really resolve the issue,” said Silver. “Even if I’m a creative pro, having a dual boot machine so I can stop what I’m doing — if I’m editing a film or a line for a business project — if I have to stop that and reboot in Windows to do SAP, or whatever, on the Windows side, where’s my productivity going? I think a better solution is to look at virtualization product like Parallels. Parallels is also a good answer for [Apple] because it gets them out of the who is going to support it issue.”

      *      *      *

アップルも Parallels を推奨しているようにみえる

生産性の問題は、アップルの新しいコマーシャルのある面を読み解くのにも役立つかもしれない。新しい「Get a Mac」シリーズの「Touché」というコマーシャルは、マック上でウインドウズを動かしたいひとに対し、Boot Camp よりむしろ Parallels を薦めている。さらに「Get a Mac – Run Windows」プロモーションのページでも Parallels を推奨している。Wolf は Macworld の取材前にはこのページを読んでいなかったが、デューアルブートにはいい面もあるものの、アップルが Parallels を推奨しているのはいいことだと思うと語った。

The productivity issue might help explain some aspects of Apple’s new ads. In its new “Get a Mac” campaign, the “Touché” ad promotes Parallels, rather than Boot Camp, as an option for people who want to run Windows on their Macs. It further promotes Parallels on its “Get a Mac – Run Windows” promotional page. Wolf, who had not seen the page prior to speaking with Macworld, says that while he thinks there is much to be said for dual booting, he was glad to see the company pushing Parallels.

      *      *      *

Leopard は仮想化技術を採らない:Phil Schiller

「アップルが Parallels を薦めているのには大変好感を持つ」と Wolf はいう。「五番街のアップルストアオープンのとき Phil Schiller にこう尋ねた。『アップルは Mac OS X の次期バージョン Leopard に仮想化による解決策を取り入れるだろうか』と。彼がいうには、『絶対にそんなことはない。研究開発費が膨大なものになるから、そんなことはやらない。我々がとる方策はデューアルブートだ』と。Parallels が登場したとき、アップルはこれをけなすだろうと思ったが、このページを見る限りアップルは積極的にサポートしているようにみえる。」

“I am so pleased to see [Apple promoting Parallels],” said Wolf. “I had a talk with Phil Schiller at the opening of the 5th Avenue Apple Store, and I asked him the question, ‘will Apple include a virtualization solution in [the next version of Mac OS X] Leopard.’ He said ‘absolutely not, the R&D would be prohibitive and we’re not going to do it. Our solution is dual boot.’ When I saw Parallels come out, I thought Apple would dis it, but this page suggests that Apple will actively support it.”

Wolf は、この他にも CodeWeaver のような会社が仮想化ソフトを準備中であり、アップルとしてはこれらも取り込むべきだと語った。

Wolf noted that other virtualization solutions are on the way, as well, from companies such as CodeWeaver, and that Apple should embrace them.

      *      *      *

アップルストアがカギだ

「マックでウインドウズを動かすのは、時とともにより容易に、シームレスになると思う。ここで必要なことは、アップルがサードパーティのやり方を排除しないことであり、 Boot Camp 以上にサードパーティのソフトを推奨することだ。それが良い結果を生むだろう」と Wolf はいう。「私の考えでは、ウインドウズユーザーをスイッチさせるカギはアップルストアにある。そこでこそこの解決策[注:マックでウインドウズがうごくこと]を十分に宣伝できる。アップルはアップルストアの各店舗に、マックでウインドウズが動くのを見ることができる専用のセクションを設けるべきだ。マックが二台あるなら、三台あるいはそれ以上のウインドウズ専用マックを揃えるというように・・・」

“I think the ability to run Windows on a Mac over time will get easier and easier and more seamless, and what I think is quite necessary, is that Apple is not going to preclude third-party solutions; they’re going to be promoting third party solutions above and beyond Boot Camp. And that’s to the good,” said Wolf. “It’s my assumption that the key driver for Windows users switching are going to be the Apple stores. There you can really promote this feature, and I think Apple should have a dedicated section of each store where this is actually going on. Where there are two Macs, three Macs, whatever, dedicated to running Windows.”

      *      *      *

法人顧客を狙っても失敗する

Wolf はもっとズバリという。「アップルが法人顧客に全面攻撃を仕掛けるのは馬鹿げていると思う。きっと失敗するだろうし、無駄ガネを使うことになるからだ。」

Wolf is even more to the point. “I think it would be foolish for Apple to do a  broad-based attack on the business market. I think it would fail; it would be wasted money.”

      *      *      *

二人のアナリストに語らせているが、その切り口がなかなかおもしろい。

 

この記事を引用して二つの記事が書かれている。

Mac Rumors:”No Virtualization in Mac OS X 10.5 (Leopard)?“:7月9日

MacDailyNews:”Apple’s Schiller: No virtualization in Mac OS X 10.5 Leopard, ‘our solution is dual boot’“:7月10日

いずれも、次期 Leopard には virtualization を搭載しないという Phil Schiller の発言の部分に着目している。

元の記事には、仮想化のほかにも、法人顧客、先行投資、生産性、アップルストアなど興味ある視点が示されているのだが、引用記事ではアップルのナンバー2が言ったことだけに焦点が絞られている。

引用記事から元記事を辿ってみると別な景色が見えるかもしれない。

Technorati Tags: , ,

広告

2件のコメント »

  1. よくよく考えてみれば当たり前の事にしっかり主眼がおいてあり素敵な記事でした(感動)!!また覗きに来ます(笑)!!

    コメント by macuser — 2006年 7月 18日 @ 09:52

  2. 米国の企業はどうだかわからないけど、日本の企業がパソコン=インフラに求めるものはスピードや使いやすさと言った生産性ではない。唯々、企業間のつながりだけである。そのつながりに大名商売のアップルでは、決して入って行けない。

    コメント by じゅん — 2006年 7月 18日 @ 13:17


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中