maclalalaweblog

2006年 7月 2日

もうひとつの可能性:CrossOver Mac

Filed under: ブログ — shiro @ 14:44

Xover Logo-1

インテルマックへの移行に伴い、マックでウインドウズを動かすことが現実のものとなった。



Boot Camp Parallels Desktop に続いて、今度は WINE を使った CrossOver Mac というもうひとつの可能性が登場してきた。

MacworldCrossOver lets Windows apps run on OS X, sans Windows” by Peter Cohen:6月30日



この夏「
CrossOver Mac」をリリースすると CodeWeavers が発表した。この 60 ドルのソフトを使うと、Windows をインストールしなくても Windows のアプリケーションが、いくつかのゲームを含めてインテルマック上で動くという。

CodeWeavers has announced plans to release CrossOver Mac this summer. The $60 software will allow Intel Mac users to run Windows applications — including some games — without having to buy or install Windows itself.



      *      *      *

アプリケーションそのものが動く



Jon Parshall [Jon Parshall]

CrossOver Mac Boot Camp Parallels Desktop を更に一歩進めたものだ。CodeWeavers Chief Operating Officer Jon Parshall によれば、[Boot Camp Parallels Desktop の]「box within a box approach」という手法を採らないのだという。

CrossOver Mac will take this one step further — it eschews what CodeWeavers Chief Operating Officer Jon Parshall calls the “box within a box approach.”

Screenshot

[CrossOver Office for the Mac]



ユーザーが目にするのは「ドック」ないしは「アプリケーション」フォルダにあるアプリケーションそのものが動くところだ。

“What you see running is an application sitting in your Dock or your Applications folder,” Parshall told Macworld.



秘密はインテルチップの採用

Both Boot Camp Parallels Desktop は、新しいマックがウインドウズマシンと同じプロセッサを採用したので動くのだ。CrossOver Mac も基本的には同じ原理を使っている。マックが IBM Freescale 製の PowerPC プロセッサだけを使っていた今年の1月までは不可能なことだった。マックにインテルのプロセッサを搭載したことによってウインドウズやウインドウズのアプリケーションを動かすのに十分なほどウインドウズマシンに似てきたのだ。

Both Boot Camp and Parallels Desktop work because the new Macs utilize the same microprocessor that’s found in Windows-compatible computer, and CrossOver Mac employs the same basic principle. This wasn’t possible before January, when Macs depended solely on PowerPC-based microprocessors made by IBM and Freescale. The presence of an Intel processor inside the Mac forges a close enough resemblance to get Windows and Windows applications to work.



高価なウインドウズのコピーは不要

Boot Camp は無料だし、Parallels Desktop もまあまあの値段だが、その他にウインドウズのコピーが必要だ。これが高いのだ。CrossOver Mac の最大のメリットはここにある。ソフトのコードのおかげで、CrossOver Mac はウインドウズをまったくインストールしなくても動くのだ。

Although Boot Camp is free and Parallels Desktop is reasonably priced, both software applications require an expensive copy of Windows in order to work — and that’s the biggest benefit for CrossOver Mac. It works without having Windows installed all together, thanks to the underlying code that powers the software.



      *      *      *

オープンソースの WINE を使う



Wine-Logo-1

CrossOver Mac CodeWeavers のリナックス版の製品に使われているのと同じ WINE と呼ばれるオープンソースの技術を利用している。WINE は「WINE はエミュレータではない」(WINE Is Not An Emulator)の頭文字をとったもので、ウインドウズのアプリケーションが作動するとき参照するコードの代わりを提供する「互換性レイヤー」(compatibility layer)だ。CodeWeavers は公開されている WINE のバージョンを使って CrossOver Mac を開発した。コードに加えられた変更は WINE プロジェクトにまた還元されるのだと Parshall はいう。

CrossOver Mac is based on the same core technology that powers CodeWeavers’ Linux-based offering — an open-source project called WINE. WINE — a self-referencing acronym that stands for “WINE Is Not An Emulator” — is a compatibility layer that provides alternate implementations of the code referenced by Windows applications in order to work. CodeWeavers uses publicly available versions of WINE in order to develop the CrossOver product, and contributes its code changes back to the WINE project, according to Parshall.



Parshall
によれば、CrossOver Mac で動くアプリケーションの速度はウインドウズでネイティブに動くそれに匹敵するという。もちろんウインドウズのときとまったく同じ性能でだ。

Applications running on CrossOver Mac will offer performance comparable to apps running natively on Windows, according to Parshall, with all the same capabilities and functionality as they would if you were running Windows.



ビジネスソフトが狙い

CodeWeavers が特に力を入れているのは、CrossOver を使って一般的なビジネスソフトを動かすことだ。同社のリナックス版では、Microsoft OfficeAccessProjectVisionLotus NotesQuickenFrameMaker などが動く。

CodeWeavers’ specific focus is getting CrossOver to run commonly used business applications, he said. Right now the company’s Linux product runs Microsoft Office applications, Access, Project, Vision, Lotus Notes, Quicken, FrameMaker and other products.



      *      *      *

ゲームも可能だ

ゲーマーは Boot Camp に非常に関心がある。Mac OS X 上でネイティブには動かないゲームができるからだ。一方、Parallels Desktop にはがっかりしたゲーマーも多い。ネイティブのグラフィックドライバをサポートしないので 3D ゲームには向いていないからだ。ところが、CrossOver Mac ならそんな問題はない。ただし CodeWeavers が注力するのはゲームの分野ではない、と Parshall はいう。

Gamers have a strong interest in Boot Camp, as it allows them to play games that won’t run natively on Mac OS X — Parallels Desktop has disappointed gamers because it doesn’t include native graphics driver support so it isn’t suitable for running 3D games. CrossOver Mac won’t suffer that problem, though Parshall cautions that CodeWeavers’ specific area of focus isn’t on games.



「一定の数のゲームをサポートしたいと考えてはいるが、最終的に何をサポートするかは決めていない。人気のある Half-Life 2 はサポートリストに載っている。リストにはなくとも Prey のような 2K ゲームは動く」と Parshall はいう。

The company said it hopes “to offer support for a limited number of games,” but hasn’t yet determined the final mix of supported applications. Parshall told Macworld that the popular shooter Half-Life 2 is on the list, and while he said that it isn’t technically on the supported list of application, the new 2K Games-published FPS Prey also works well.



      *      *      *

ウィルスにも感染しにくい

CrossOver Mac を使うもうひとつのメリットは、ウインドウズ上でソフトを動かす方式に比べ、ウインドウズのウィルスやマルウェアにはるかに感染しにくいという点だ。

Another benefit of CrossOver Mac’s approach to running Windows software is that it’s much less susceptible to infection by Windows-based viruses or malware than a true Windows-based solution, according to Parshall.

Support Osx



「ウィルスはウインドウズの根幹部分に影響を与えなくてはならない。理論的にいえば、とてもすごいハッカーなら
WINE でウィルスを動かすことも不可能ではない。しかし現実に(ラボにおいてすら)そう出来たという例は聞いたことがない」と Parshall はいう。このような防御機能は当然マック版においても期待される。

“A virus needs to affect the guts of Windows,” he explained. “Theoretically, if you were really, really good you might be able to get your virus to run under WINE, but we’ve yet to hear about anyone who has, even in the laboratory.”

Parshall said he expects that this protection will extend to CrossOver Mac as well.



      *      *      *

実際に CrossOver を使ってみた Paul Thurrott はつぎのような印象を書いている。

Paul Thurrott’s Internet NexusTurning Wine into Windows on a Mac:6月30日



実際に使ってみると・・・

CrossOver の最新のアルファリリースを使っている。一応動くものの、まだまだバグが多い。インストールしてみたのは Word 2003 だけだが、クラッシュが多すぎて使えない。IE 6.0 はなんとか動くが、パスワードで保護されたサイトにはアクセスできない。このソフトが必要なのはそのためなのに。まあ、おいおい良くなっていくと思うが・・・

So I’m using the most recent alpha release of CrossOver now, and while it does work, it’s also buggier than all get-out. I’ve only installed Word 2003, which crashes too much to be usable, and IE 6.0, which sort of works, but refuses to access the password-protected Web site for which I need this software. Ah well, it can only get better.



欠点については以上述べたとおりだが、OS のエミュレーションではなく、アプリケーションレベルの互換性という考え方はすばらしいと思う。プログラムはフルスピードで動く。(といっても、動く場合のことだが。)基礎となっているシステムともうまく一体化している。例えば、ウインドウズのアプリケーションにおける「My Documents」は、OS X でのユーザーの「Documents」フォルダにうまく変換される。

That said, application compatibility–rather than OS emulation–is a great idea. The programs run full-speed (when they work, that is) and integrate with the underlying system nicely (for example, My Documents in the Windows apps translates to your user’s Documents folder in OS X).



      *      *      *

CrossOver については CNET Ina Fried も取り上げているが、CrossOver のコード開発の難しさについて述べている部分が興味深い。

CNETTurning Wine into Windows on a Mac” by Ina Fried:6月30日

Jeremy White [Jeremy White]



CodeWeavers
CEO Jeremy White はつぎのようにいう。

ウインドウズ世界との互換性

インテル移行によりマックユーザーがウィンドウズを使うことが可能になった。さらに CrossOver Office のリリースが予定されているということは、アップルのシステムがウインドウズ世界と互換性を大幅に増してきていることの証しだ。

Though the move to Intel has already opened up Windows options for Mac users, the planned release of CrossOver Office highlights the fact that Apple’s systems are becoming far more compatible with the Windows world.



      *      *      *

CrossOver Office の利点と欠点

White によれば、CrossOver Office にはウインドウズのコピーを購入する必要がないという他の選択肢に比べて大きな強みがあるという。一方で大きなマイナス面は、もっぱらアプリケーションの互換性に焦点を当ているため、デバイスドライバに問題がありウインドウズのアプリケーションでプリンタが使えないということが起こりうる。

White said CrossOver Office has one big advantage over those other options: Using it doesn’t require the purchase of a copy of Windows. However, it also has significant downsides. Its focus is on application compatibility, not device drivers, so things like printers don’t work with the Windows applications.



アプリケーションの数が限られる



それに
Wine は互換性レイヤーにすぎず、真の意味のエミュレータではないので、限られたウインドウズアプリケーションしか動かない。(GNU プロジェクトが “Gnu’s not Unix” の頭文字をとっているように、Wine “Wine is not an emulator” という意味の頭文字だ。)互換性を与えたいソフトについて、CodeWeavers のデベロッパとオープンソース Wine のデベロッパの双方が共同して作業する必要がある。「だからとても難しく、動くアプリケーションの数は限られる」と White はいう。

Also, Wine is a compatibility layer, not a true emulator, so it works with only some Windows programs. (“Wine” used to stand for “Wine is not an emulator”–a mind-bending nonacronym along the lines of the GNU Project’s “Gnu’s not Unix.”) Developers at CodeWeavers and others on the open-source Wine effort have to work on each program they want to make compatible.

“That’s why it is so hard, and why not so many applications work,” White said.



      *      *      *

参考:

MacworldCrossOver lets Windows apps run on OS X, sans Windows” by Peter Cohen:6月30日

CNETTurning Wine into Windows on a Mac” by Ina Fried:6月30日

Mac RumorsWindows Applications On Mac, Without Windows [Updated]:6月30日

Paul Thurrott’s Internet NexusTurning Wine into Windows on a Mac:6月30日

CodeWeaversCrossOver Macn.d.

Macin’ BlogCodeWeaversがCrossOver Macの情報をサイトで公開!:7月1日

Macin’ BlogMac OS X上でWindowsOfficeを動かすソフト:7月1日

・気になる、記になる
今夏、Mac OSX上でWindowsアプリをシームレスに起動可能に:7月1日

Technorati Tags: , , ,

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中