maclalalaweblog

2006年 6月 28日

ワールドカップを支えるアップルの技術

world_cup

このところ話題になるのはインテルマックだけですっかり肩身の狭くなった Power Mac だが、どっこいまだ活躍している。

ミュンヘンから送られてくるワールドカップ映像の陰で活躍しているのがマックとアップルの技術だ。

Macworld:”Apple technology brings World Cup updates to millions” by Jim Dalrymple:6月22日

      *      *      *

HBS が映像配信の中心

アップル製品を使っている最大のテレビネットワークは、Host Broadcast Service (HBS) だ。HBS は 2006 年ワールドカップのために特別編成されたプロダクションの集合体だ。各競技場の何ダースものカメラからマスターコントロールセンターに至るまで HBS がすべて責任を担っている。競技が行われている瞬間に、ミュンヘンの本部に送られてくる映像を管理し、瞬時に競技のハイライトを携帯電話にまで配信する。

The biggest of the television networks using Apple products is the Host Broadcast Service (HBS), which is a collection of production groups brought together specifically for the 2006 World Cup. From its master control center to the dozens of cameras at each match, the production team is responsible for everything from managing the feeds coming back to the Munich headquarters to quickly delivering highlights to mobile phones within minutes of the action happening on the field.

      *      *      *

Power Mac G5 をベースとした最新のシステム

DVCPRO_HD

[DVCPRO HD]

HBS は世界中の 50 のネットワークに対し、ハイライト映像(highlight clip)を競技の進行中に配信する。これを可能にするため、HBS は4台の Power Mac G5 と、ソフトの PictureReady、AJA Kona カードを装着した DVCPRO HD 1080i50 を使っている。競技の映像は 20 TB(テラバイト)のアップルの Xsan に記録される。

The HBS delivers its highlight clips to 50 networks around the world as the games are happening. To accomplish this the group is using four Power Mac G5s, PictureReady software and AJA Kona cards to DVCPRO HD 1080i50. The feeds from the games are recorded into a 20TB Apple Xsan.

      *      *      *

瞬時にハイライト映像を出力

Final Cut Pro を使った三台のシステムが現在進行中かつ記録中の競技を常時モニターしていて、おもしろいと思った部分を直ちに 15 秒映像(15-second clip)に編集し、QuickTime 映像として出力する。こうしてこれらの映像はネットワーク契約者に提供されるのだ。

A total of three Final Cut Pro systems monitor the games currently being played and recorded—if the production team sees something highlight worthy, a 15-second clip is immediately edited and exported through QuickTime. These clips are then made available to its network subscribers.

      *      *      *

NHK だって使っている

日本のテレビ局 NHK も、アップルの技術を使ってワールドカップのハイデフィニション映像を制作している。

The Japanese television station NHK is also using Apple technology to produce its HD World Cup coverage.

NHK がトリノオリンピックで使ったのと同じ機器構成で、5台の Power Mac G5 とソフトの PictureReady だ。5台のマックからの映像は DVCProHD 1080i50 を使って直接 36 TB の Xsan システムに記録される。

Using the same setup it used to broadcast the Torino Olympics, NHK is using five Power Mac G5s and PictureReady. The five feeds are recorded at at DVCProHD 1080i50 directly to a 36TB Xsan system.

一台の Power Mac が放映用クリップを作成、もう一台のマックがすぐ放映できるようにパッケージする。

One Power Mac is being used with Final Cut Pro to create broadcast pieces and a second machine packages the content ready for broadcast.

      *      *      *

NHK のトリノ映像までアップルの世話になっていたとは知らなかった。

Conroe や Woodcrest で Power Mac G5 や Xserve G5 がインテル化したらその先にはどういう未来が開けるのだろうか。

Technorati Tags: ,

広告

3件のコメント »

  1. W杯で活躍するAppleの技術

    このところサッカー関連のエントリーばかりで申し訳ないですが…….

    コメント by dics_blog — 2006年 6月 29日 @ 09:26

  2. 初めまして。m(__)m
    興味を引いた記事でしたので、TBさせていただきました。

    コメント by dics — 2006年 6月 29日 @ 09:27

  3. こんな記事があります。

    アップル、“Apple Post NAB2006 TOKYO”を開催——トリノオリンピック放送で使われた『Xsan』も展示
    http://mac.ascii24.com/mac/news/misc/2006/05/30/662517-000.html

    >アップルによれば、XsanとPictureReady!を使ったリアルタイム編集システムは、NHKのトリノオリンピック放送を始めとするスポーツ中継に加えて、ドラマ/バラエティーの収録などにも利用されているとのこと。既存の専用システムより安価で、ハード/ソフトの安定性も高いのが特徴になる。

    で、ここには文章では触れられていませんが、写真を見ると…。

    NHK情報ネットワーク 地上デジタル放送情報 Topics2006 トリノ五輪 注目の新開発機材
    http://www.nhk-jn.co.jp/012chideji/topics/2006/006/006.htm

    > トリノ大会では、NHKのオリンピック放送として初めて、ノンリニア編集機が持ち込まれ、活用されている。

    コメント by Hiro — 2006年 6月 29日 @ 10:54


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中