maclalalaweblog

2006年 4月 30日

Aperture 開発チームの大幅縮小:Think Secret の記事の波紋

Filed under: アップル,ウワサ,ソフトウェア — shiro @ 12:25
Tags: , ,

aperture_box

Think Secret がまたスクープをものにしている。アップルの株主総会を詳細に報告したのに引き続き、今度は Aperture 開発チームの大幅縮小の話だ。

Think Secret:”Aperture future in question as Apple axes bulk of team” by Ryan Katz:4月27日

Aperture は、RAWフォーマットに対応したプロ用画像管理ソフトだが、Think Secret の伝えるところでは、アップル製品としては珍しく箸にも棒にも引っかからないものだったらしい。

Aperture 開発チームのエンジニアの一部は解雇され、あるいは他部門に吸収されたが、このことからプロ用画像管理ソフトであるAperture の将来については疑問視されている。同ソフトは、これまでも激しく批判され、近年になくバグまみれのソフトだったからだ。

The move, which resulted in the departure of several engineers while others were transferred to different projects inside Apple, raises questions about the future of Aperture, Apple’s most heavily criticized and bug-ridden pro software release in recent years.

アップル内部に詳しい筋によれば、こんなことになっても驚かないという。なぜなら、Aperture の開発はアップルでもまれにみる最悪の状態で、めちゃくちゃ(mess)だったからだ。

Sources familiar with Apple’s professional software strategy said they were not surprised by the move, describing Aperture’s development as a “mess” and the worst they had witnessed at Apple.

Aperture の問題は、特定の部分だけではなく、アプリケーションそのものの基本構造に関するものなので簡単には解決できない。

Aperture’s problems stem not from any particular area that can be easily remedied but rather from the application’s entire underlying architecture.

さらに Think Secret は、開発の一部が Shake や Motion に移行されたこととも関係しており、値引きに追い込まれていることなどについても触れたほか、Aperture と競合する Adobe の LightRoom(無料ベータ版)が出現した影響も大きいと述べている。

Aperture の問題はかなり広汎に及んでいるので、バージョン 2.0 を出すためにはコードの主要な部分を完全に書き直さなければならないだろう。

Perhaps the greatest hope for Aperture’s future is that the application’s problems are said to be so extensive that any version 2.0 would require major portions of code to be entirely rewritten.

      *      *      *

RAW データを扱えるスゴいソフトとして鳴り物入りで登場した Aperture がそんなことになっていたとはつゆ知らなかった。

確かに Ars Technica のレビューをみると散々だ。

Ars Technica:”Aperture 1.0: the Ars review” by Dave Girard:2005年12月4日

バージョン 2.0 を出すためには、アップルは Aperture の基礎からいじり直さなければならないだろう。今の状態では、巨大な、カネのかかる不発弾だ。法外な値段を考えると推薦する理由はひとつもない。このレビューを読んで私がうんざりしていると思われたかもしれないが、こういう製品を出したことについて私は本気で怒っている。500 ドルもするのに、プロレベルの結果をだすという約束に失敗したのだ。舞台に登場したことは結構だった。しかし、もう舞台を降りてほしい。

Maybe by 2.0 Apple will have the foundation sorted out. At this stage Aperture is a big, expensive misfire and considering the hefty price tag, I can’t think of a reason to recommend it. Reading this review, you may think I sound jaded, but I am genuinely angry for those who shelled out US$500 for a program that promised professional results and failed to deliver. Thanks for coming out Aperture, now get off the stage.

      *      *      *

apperture

Think Secret の記事の波紋は大きく、いろんなひとがフォローアップ記事を書いている。

CNET は、Think Secret の記事をベースにほぼ同様な記事を載せている。

CNET:”Apple slashes Aperture team” by Candace Lombardi :4月27日

CNET Japan:”アップルの画像管理ソフトAperture、開発チームが早くも大幅縮小“:4月28日[河部恭紀訳]

      *      *      *

Daring Fireball の John Gruber は、大筋で Think Secret を認めながらも、アップルが Aperture から手を引くことはないだろうと述べている。

Daring Fireball:”Aperture Dirt” by John Gruber:4月28日

Aperture が書き直されなければならないという大筋においては、Think Secret の記事は正しい。しかし、Aperture の将来が疑問だという点ではまったく間違っている。

Think Secret is right that major portions of Aperture need to be rewritten, but they’re wrong that Aperture’s future is in any way “in question”.

アップル内部の話によれば、Steve Jobs が Apertureを大変気に入っているという。アップルが Aperture を開発し続けることに疑問はない。これからも Aperture のバグをとって修正するだろう。問題は、誰が、何時、如何にしてということだ。Adobe が Lightroom をもってアップルの胸元に迫っていることを考えれば、きっと可及的速やかに行われるだろう。

Word within Apple is that Steve Jobs himself is enormously enamored of Aperture. There’s no question what Apple is going to do with Aperture: they’re going to fix it. The questions are just how, who, and when. And with Adobe breathing down their necks with Lightroom, my guess to the last question is “as soon as possible”.

      *      *      *

大手誌のビジネスウィークまで、Think Secret の話に乗っている。

BusinessWeek:”Well that’s one way to use all that cash” by Arik Hesseldahl:4月28日

Think Secret の記事を引用したあと、これは Adobe がインテルマック版 Photoshop を来年前半にリリースすると発表したことと関連していると述べている。

これらの動きは、Adobe の Bruce Chizen がインテルマック用の Photoshop(マックにとって最も重要なアプリケーションのひとつ)を来年前半には必ずリリースすると確認したあとに起きている。[だから、そのことと関係がある。]

But the move comes about a week after Adobe CEO Bruce Chizen confirmed that the company will indeed develop its Photoshop application – one of the most important apps on the Mac – for Intel based Macs by the first half of next year.

Bruce Chizen が話したのは、彼が東京にいるときだったらしい。(IDG

このほか、この件とも絡めた Robert X. Cringely の話についても触れているが、これはこれでおもしろいのでまた別稿で・・・

Technorati Tags:

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中