maclalalaweblog

2006年 3月 27日

誰でもマックでウインドウズを動かせる、か?

Filed under: インテルマック,OS — shiro @ 21:32

Xp On Imac

narf と blanka のハッキング結果を誰でもダウンロードできるようになって、みんながハッカーになったみたいだ。

ダウンロードすれば、誰でもマックでウインドウズを動かせる。

・・・果たしてそうか?

マックのプロが、実際に自分で試した結果を詳細な報告にしてインターネットに載せた。Macworld の「XP の実験:マックでウインドウズを動かす」だ。

Macworld:”The XP experiment: Running Windows on a Mac” by Rob Griffiths:3月23日

試したのはマックのプロの Rob Griffiths だ。macosxhints.com を主宰し、Macworld の編集者でもある。先に詳細な Intel Mac mini のとことん試用テストを行ったばかりだ。

Griffiths の報告はプリントアウトすると19頁にもなる詳細なものだ。ステップ毎に何をやったか、注意すべき点は何か、失敗するとどうなるか、さすがプロの書くことは詳細にわたっていて丁寧かつ精確だ。

しかし Griffiths は、繰り返しくりかえし、これは自分のテストレポートであって、インストールマニュアルではないと注意を喚起している。

全体を訳すのはとても筆者の手に余るので、おもしろそうなところだけピックアップした。[本気で XP のインストールを考えておられる方は、是非とも原文をお読みいただきたい。]

まず、最初にくるのは警告だ

自分のインテルマックで試そうというのなら、まず「とてもひどいこと」(Really Bad Things)が起きる可能性があるということを肝に銘じておく必要がある。マックが永久に壊れてしまうかどうかは分からない(たぶんそうはならない)。しかし、シングルユーザーモードで起動し直さないとリカバーできない状態にはいとも簡単になる。 OS X や Windows XP がダメになることもあるし、また内蔵ドライブが OS X で認識されなくなることもある。現に、私自身二度もそういう状況に陥った。有り難いことにそれほど苦労せずにリカバーできたが、データはみな失われてしまった。

If you’re thinking about trying this on your own Intel-based Mac, you should know that Really Bad Things are possible. I’m not sure if permanent damage is possible—I don’t think that it is—but you can easily get in a position where you might need to boot into single-user mode to recover. It’s also possible to wind up in a situation where you have an unusable OSX, an unusable Windows XP, and the OS X installer refuses to see your drive as an available destination—in fact, this happened to me twice. Thankfully, recovery is relatively straightforward, though you will lose all data on the machine.

また、Windows XP に新しくドライバーをインストールするという簡単なことでも XP が起動できなくなったり、リカバーしようとしてもまたゼロからやり直してドライブを初期化し、二つの OS を入れ直すところから始める羽目にもなる。

Finally, something as simple as installing a new driver in Windows XP may render XP unbootable, and recovering from that may require starting over againムincluding formatting the drive and installing both OS X and Windows XP.

いいかえれば、これはまだ新しい技術なのだ。途中で問題が起こり得る。持っているマックが一台だけで、しかも仕事に使っているというのなら、まだ Windows XP をインストールしようなどと考えない方がいい。時が経つにつれて、もっと簡単に、もっと安全になるだろうが、今日現在でいえばまだ実験段階に過ぎない。

In short, this is very new technology, and things can still go very wrong with the process. If you have but one Mac, and you rely on it to make a living, I would not recommend installing Windows XP on it just yet. Over time, the process should get easier and safer, but as of today, it’s still highly experimental.

ハッキング結果をインストールする作業ははどんな感じか

Griffiths は実にうまいことをいっている。

Jeff And Car

Windows XP をインテルマックにインストールするためのコードはすべて Windows XP on Intel Macs からダウンロードできる。しかしそれは例えてみれば、「さあ、ここに Jeff Gordon のナスカのレージングカーがある。これで君だって Daytona 500 のスピードレースで優勝できる」というのに似ている。理論的にはそうかもしれないが、実際には知っておかなければならないことが山ほどあるのだ。

All of the information and code needed to install Windows XP on an Intel-powered Mac is available on the Windows XP on Intel Macs download page. To some degree, though, that’s a bit like saying, “Here, take Jeff Gordon’s NASCAR race car, and you too can win the Daytona 500.” While it’s probably technically true, there are a lot of little details to be filled in.

作業を始める前に

インストール作業には、Intel Mac mini、PC、Windows XP Pro SP2 CD-ROM とダウンロードしたファイルが必要なことはもちろんだが、これに加えて「時間」と「忍耐」をたっぷり用意しておく必要があると Griffiths はいう。

まず、時間だ。時間がたっぷりいる。ほんとだ。時間をとっておくこと、そしてもう少し、さらに加えてもう少しの時間を。そうすればやり通せるかもしれない。自分の場合、土曜日の午前中を空けておいた。しかし、終わるまでには(途中のやり直しも含むが)たっぷり12時間かかった。それが一回目のことだ。やり直しを含めた二回目以降になるともっとずっと短くなったけれど・・・

Time. A whole lot of time. Really. Set aside some time, then set aside a bit more, and add perhaps a bit more on top of that, and then you might have enough to finish the job. In my case, I set aside a few hours on Saturday morning to do the job. When all was said and done (and re-done), the whole task took me about 12 hours the first time, though that time has fallen dramatically now to just about an hour. Experience is a harsh, but good, teacher.

忍耐もいる。これも時間と同様重要だ。バカ待ちをする羽目になることが多いからだ。XP をミニで動かすより、歯医者の治療を受けた方がマシという気分にすらなる。ハッキングのパッチはまだバージョン 0.1 だということをたっぷり味合うことになる。

Patience. This is nearly as important as the time aspect, as you’ll be waiting for things to happen fairly often, and you’ll also often feel like it’d be more fun to visit the dentist for a root canal than to try to get your XP mini working. Keep in mind that the version number on the patch is “0.1,” and it definitely feels like it at times.

やっとインストール作業だ

ここまできてやっとインストール作業にはいる。ステップ1からステップ7まで、注意すべきこと、自分がうまくいかなかったことを添えて、詳しい解説がある。

Mac OS X と Windows XP のインストールが終わったら、今度はブートローダ(boot loader)をインストールして、ターミナルコマンドで適切なフォルダへコピー。これでやっと準備が整ったことになる。

Boot Loader

ブートローダが立ち上がって Mac OS X か Windows XP のアイコンが出てきたら目出たしめでたしだ。

自分のマックミニがここまできたとき、すでに何時間も何時間も経っていたが、とにかく驚き感動した。アップルのマシンでウインドウズが動いている。VirtualPC も OpenOSX WinTel もなしだ。まっさらの Windows XP が動いているのだ。これでよし! XP も OS X も動く。これで出来た!・・・ しかし、これで本当に終わりだったらどんなによかっただろう!

When my machine finally reached this point, many many hours after starting (details on why it took so long follow), I was simply amazed—this is Windows on an Apple system. No VirtualPC, no OpenOSX WinTel, nothing except pure Windows XP. “Excellent,” you think, “I’m done! XP’s up and running, OS X boots, I’m set!” Oh if it were only that simple.

XP がちゃんと動くようにする

さてここから、デューアルブートマシンとして XP をちゃんと使えるようにする(Make XP usable)プロセスが始まる。ここまででは XP をインストールしたというだけで、まだ使える状態からはほど遠いのだ。

XP をインストールしただけのミニと市販されているウインドウズマシンとの違いこそドライバ(driver)なのだ。適切なドライバがなければ、Bluetooth も Ethernet も AirPort もオーディオもなんにも使えない。

The big difference between what you’ve just installed and what you’d get on any retail Windows machine is this: drivers. The version of XP you just installed knows about your CD-ROM drive, your monitor, and your USB ports, but that’s about it. (It may also know about the FireWire port, but I didn’t test that prior to completing my setup.) Bluetooth, Ethernet, AirPort, and audio are all missing in action after the initial installation.

ここから順次ドライバをインストールして実際使える状態にする戦いが延々と始まる。

XP をインストールしたミニにドライバを入れようとするだけで、全部がふっとんでしまい、真っ暗な画面になって、またゼロからパーティションを切ってインストールし直すということを何度も何度も繰り返す。

延々と続く説明は省略して、インストールが成功したところへ飛ぼう。

Intel Mac XP マシンの出来上がり

ごちゃごちゃしたセットアップがうまくいくと、Intel Mac XP マシンの出来上がりだ。アップルのハードで、Windows XP が走るという最高の解決策だ。WinTel や VirtualPC といったエミュレータはネイティブのスピードには到底敵わない。これぞまさしくネイティブな解決策なのだ。

Once you get through the potentially-complicated setup and have a working Intel Mac XP machine, you’ve got the best-ever メWindows XP on Apple hardware” solution. Emulators such as WinTel and the current version of VirtualPC won’t come close to native speeds, whereas this solution is native.

ネイティブのグラフィックドライバがなくても、XP mini は高速マシンだ。動きがきびきびして、ウインドウの拡大・縮小も十分に速い。Word や Excel も速くて、望みうる最高のスピードでスクロールする。ソフトが立ち上がるのも速い。プロセッサに負荷がかかる作業も Dual G5 のように速い。要すれば、このちっぽけな箱で動く Windows XP には全く満足だ。

Even without native graphics drivers, the XP mini is a fast machine. It feels snappy, windows resize quickly enough, Word and Excel both scroll as fast as you’d ever want them to, applications launch in a hurry, and CPU-intensive tasks are done nearly as quickly as they are on the Dual G5. In short, I was quite satisfied with the performance of Windows XP on this little box.

Intel Mac XP machine は結局どうか(結論)

インストールとテスト、再インストールとまたテスト、また再々インストールとテスト、と大変長い時間をかけたあと、マックミニで XP を動かすことについてどう考えたかまとめておきたい。

So after too many hours of installing, testing, reinstalling, testing, reinstalling, testing, and so forth, how do I feel about using XP on a mini? Here are some of my take-aways, summarized in a few bullet points.

いい点:

・全くネイティブで、チョー速いウインドウズがマックで動く

・ウインドウズマシンと同じようにほとんどのハードと全てのソフトが(良くもあり悪くもあるのだが)動く

・ひとつのハードでマックでもウインドウズでも使える

・ブートする OS を選ぶのはとても簡単

・たぶん最もエレガントで最も静かなウインドウズマシンだ

• Super fast, fully native Windows XP running on your own Mac.

• Most hardware and nearly all software works (for better or worse) as it does in Windows.

• One hardware box can do the job of two.

• Choose which OS to run with a simple keypress during startup.

• Perhaps the quietest and most elegant Windows XP box you’ll ever use.

悪い点:

・OS を変えるには再起動が必要なので、二つのシステムの間でデータを共有することはできない

・気弱なひとにはとてもインストール作業は勧められない

・XP 自体はとても安定しているが、ドライバをインストールしようとすると致命的な結果になることが多い

・インストールに必要なハードやソフトをゼロから揃えると新品の PC を買うぐらいの値段になる

・ビデオドライバがないため、ゲームやハイエンドの画像ソフトが使えない

• Must reboot to use Windows XP, so no easy sharing of data between the two systems.

• Installation and configuration is not for the faint of heart.

• While XP is quite stable, installing some drivers may have severe consequences.

• As expensive as a new PC if you have to buy all the required hardware and software first.

• Missing video drivers limit usefulness for games, high-end graphics applications.

今日現在の時点でいえば、ウインドウズ XP のインストールは、ガチガチのハッカー(hardcore dedicated techie type)を除いてはとても勧められない。すべてがうまくいけば、確かにたいていの場合 XP がインストールできるだろう。しかし、そうでなかった場合に備えて、せめてリカバーできるだけの知識と腕は必要だ。それに、ドライバのインストールみたいな簡単な作業でも予期せぬことが起こり得るものだと鷹揚に構える気持ちも。

With that said, I don’t think that installing and using Windows XP on an Intel Mac is at a point today where I could recommend it to anyone other than a hardcore dedicated techie type. If everything goes perfectly, yes, almost anyone could get XP installed on an Intel Mac. But when something goes wrong, which it invariably will given the complexity of this project, you’re going to want some technical know-how to at least recover from the disaster, if nothing else. You also have to have a bit of a cavalier attitude about your system, knowing it could be rendered unusable at some point by some seemingly innocent action, like installing a new driver.

Rob Griffiths の率直な感想

この実験が済んで、この報告を書き終えたら、ミニのハードディスクをからっぽにして OS X に戻しておこうと考えていた。しかし今もそう考えるかといわれると正直のところ分からない。とてもスピードが速く、とても静かで、100 パーセント正真正銘の Windows XP が再起動するだけで使えるのだ。ウインドウズ用に使っている騒音製造マシン Athlon よりずっといい。もしかしたら、このままにしておくかもしれない。

When I started this experiment, I was certain I was going to wipe the drive when I was done with this article, and restore my cloned OS X install. Now, I’m not so certain. Having a fast, super-quiet and 100-percent authentic Windows XP environment a simple reboot away sure beats firing up my Athlon noise-generator PC when I need to do something in Windows. Maybe it’ll get to stay after all.

あとがき

筆者の能力不足のため、あちこちはしょり過ぎた。原文は精確で懇切丁寧なものなので、XP のインストールを本気で考えておられる方は是非ともそちらを見ていただきたいと思います。

なお、原文の構成はつぎのとおりです。

The Warning

Part One: Installing the hack

 Before you begin

 The actual installation

Part Two: Make XP usable

 Disaster strikes

 Disaster strikes again

Part Three: The risks involved

Part Four: Using Windows XP on a Core Duo mini

 Hardware that works

 Hardware that doesn’t work

 Application compatibility

 Performance testing

Final remarks

 Pros

 Cons

Technorati Tags: , ,

広告
TrackBack URI