maclalalaweblog

2006年 3月 5日

大手紙に載った OS X ハッキング

Filed under: OS — shiro @ 22:36

Hacking

裏通りでひっそりと行われていた営みが、大通りに、それも目抜き通りに飛び出してきた、そんな感じのコラムが大手紙に載った。

デトロイトニュースの Tom Gromak が「PC をはみだしマックに変える試みには興味をそそられる」というコラムを書いたのだ。

Detroit News:”Turning PC into rogue Mac whets appetite” by Tom Gromak:3月3日

Mac OS X をアップルが認めないマック(= PC)で走らせようとする OSx86 Project の試みを「OSx86 の造反」(OSx86 rebellion)と Gromak は呼ぶ。

自分もそのひとりだとして、実際試してみた結果どんなにスムーズだったか書いたのだ。

一月の終わりに Mac OS X 10.4.3 のハック版を入手したときは有頂天になった。昨年の暮れから、インテル dual-core の PC を自作していたからだ。

A few weeks ago, I got my hands on a hacked and patched version of Apple’s 10.4.3 Tiger operating system. It was the culmination of a scheme that began late last year with my last PC motherboard upgrade to a speedy 3GHz Intel dual-core processor.

ハック版 CD のインストールにはちょっとごちゃごちゃしたけれど、三十分後には自作の PC で OS X を走らせることが出来たのには驚いた。

When the hacked version dropped in my lap in late January, I was elated. I quickly formatted a hard drive, slipped in the CD, and thirty minutes later, I was running OSX on a home-built PC. I was amazed.

インターネットはもちろん、プリンタもスキャナもDVD プレーヤ/バーナも、携帯を繋ぐための Bluetooth も、みなちゃんと動いた。

The installation went off with just a few hitches and glitches. But my network, my Internet connection, my printer, my scanner, my CD and DVD players and burners — even the little Bluetooth dongle on the back of my PC used to connect it to my cell phone — all worked. And well.

マイクロソフトの Office、アドビの Photoshop、Roxio の Toast、dock、iChat 、widget、iLife と、出来たものをつぎつぎにリストアップしていく。

I set about installing some software I had obtained back when I road-tested a Mac Mini. Microsoft Office? Check. Adobe Photoshop? Check Roxio Toast? Check.

Then I played with the rest of the toys: The nifty dock, iChat, the well-designed Dashboard widgets. Then came the elegant iLife suite of tools for handling digital images, audio and video.

とても安定していて、一度もクラッシュしなかった。ウインドウズだったら Blue Screen of Death の青いスクリーンを見たに違いないのに・・・

Why doesn’t Apple sell and license this operating system for everyone to use wherever they want? It’s certainly more stable and reliable than I ever expected it to be. I’ve not had a single crash of the OS anything like Windows’ “Blue Screen of Death” since I’ve been playing with it.

この試みの結果 Gromak は、どうしてアップルは OS をライセンスして、誰でもどこでも使えるようにしないのだろうか、と問うている。

・・・更にこのあとがおもしろい。

Gromak は読者からずいぶん批判メールを送りつけられたらしく、つぎのようなフォローアップを書いて自己弁護している。

・私は OS X を盗んだりはしていない。ただ、正規のコピーを変更する方法をみつけただけだ。誰にもその方法を教えていないし、教えるつもりもない。

— I did not steal OSX, but I did find a way to modify a legal copy. And, no, I’ve not told anyone here how to do that, nor will I, despite several e-mails asking just that.

・OS X をインストールしたハードディスクは再度フォーマットして消去した。あくまでテストだったし、テストは終わったのだ。

— The drive to which I installed OSX was reformatted after a couple weeks of playing with the system. It was merely a test. And, for me, that test is over.

・素晴らしい OS がこれまた素晴らしいアップルのマシンのために作られたことはよく理解している。私は iPod を四つも持っているし、とても愛着をもっている。

— I understand the beautiful relationship between the outstanding operating system and excellent Apple hardware. I’m a guy who owns 4 iPod products and loves each dearly.

・何故 G5 を買わないのか? どうしても欠かすことのできないソフトや使い慣れたソフトのせいだ。マックにはそれに代わるものがないからだ。いつの日か OS X でも、これらのソフトがスムーズに動く日が来るかもしれない。VirtualPC ではとてもダメだが、Wine や dual-boot なら出来るかもしれない。そんな日が来たら、財布を持ってアップルストアに行くつもりだ。

— Why don’t I just buy a G5? Because I have some applications — both mission critical ones and some dear old favorites — that are Windows-only and for which I’ve not found a suitable and comparable counterpart in the Mac world. Maybe somebody somewhere will find a way to run those applications in OSX — like the Wine Project has pulled some Windows apps into Linux. Or maybe someone will find a way to get an Apple box to dual-boot Windows itself (not counting the slow and sluggish VirtualPC application. Been there. Done that. Wasn’t impressed). When that happens, I’ll be at the Apple store with checkbook in hand.

Mac OS X のハッキング記事を大手紙に載せるのは、いささか時期尚早(しょうそう)だったようだ。表の世界ではまだ認知されない試みということだろう。

Technorati Tags: , , ,

広告
TrackBack URI