maclalalaweblog

2006年 1月 21日

アップルへの風当たり

Filed under: ブログ — shiro @ 17:26

Macworld 2006 のニュースを調べるのにGoogle News のカスタム版も使った。

Before After

英文ニュースの数を見ると、直前(日本時間1月10日夜9時)が 249 件、直後(1月12日朝7時)が 1249 件で、すさまじい増加ぶりだったことが分かる。

中には気に懸かる批判的な意見もあって、アップルへの風当たりが以前より増してきたような気がする。

「ちっぽけなアップルの大きすぎる影響」(Tiny Apple has oversized influence)という CNN の記事もそのひとつだ。

CNN:”Tiny Apple has oversized influence” by Peter Lewis:1月19日

ただこの記事は、シェアからみたらちっぽけな会社がなぜこれ程までにと疑問を呈しているだけだが、ビジネスウィーク(「アップルと衝突するメディア」)になると更に一歩踏み込んでいる。

BusinessWeek:”The Media’s Crush on Apple” by Arik Hesseldahl:1月12日

メディアはアップルについては甘いところがあって、Jobs のような影響力のある人間に対して、当然投げかけるべききつい質問をしてこなかったと自戒したのだ。

Half the fun in covering Apple is covering the coverage of Apple. The argument has been made that we in the press are a little nuts about Apple. It’s a fact. The highs and lows of Jobs & Co. are so dramatic that the erudite prose practically writes itself. And I can’t help but think something is wrong with that. …

As great a company as Apple computer is — I’m often as guilty as anyone of falling for the hyperbole — the pointed, skeptical, analytical, dispassionate, and yes, uncomfortable questions about this unusually influential outfit and its unique, legendary, brilliant, and complicated chief don’t get asked often enough. And they should be, more often than they are now. Great companies deserve nothing less.

ABC News の Michael Malone になるともっと激しい。(「インテルと手を組むアップルは奇妙なベッド友だち」)

ABC News:”Apple’s Agreement to Sell Computers With Intel Processors Makes for Strange Bedfellows” by By MICHAEL S. MALONE:1月12日

Apple&Intel

仇敵だったアップルとインテルが手を結んで、こんなにスムーズに事をはこんだのは人間業ではない。実はその陰に、数年にわたる両社の秘密裏の作業(secret skunk works)があったのではないかと疑いの目を向ける。

その根拠として、アップルの有名な創世記伝説(マックの look and feel はゼロックス PARC を訪れた Jobs が決めた)も、実は  Jef Raskin たちが Jobs に華(はな)を持たせるため仕組んだのだ(生前の Jef Raskin から直に聞いた)ということまで引き合いにだしている。

What is curious about this week’s announcement is just how quickly Apple implanted Intel chips into a new product family. It seems almost superhuman — and thus a little suspect. I am reminded of the last time Apple seemed to accomplish something beyond the laws of human endeavor. That was the apparently apocryphal creation of Apple’s original Lisa/Macintosh windows-type operating system. …

Thus, the timing of this announcement makes me suspect that there is more to the story than a bunch of overworked designers spending weekends and holidays laboring to cut the design cycle of the new MacIntels in half. Someday we’ll know the real story, probably about some secret skunk works at Apple or Intel that spent the last two years jump-starting the process.

去年のビデオ iPod 登場以降イベントが続いたときも似たようなアップル批判はあったが、今回のアップルへの風当たりはこれまでとはいささか異なるような気がする。

付記:

Michael Malone のコラムを載せた ABC News は、この記事がコラムニスト個人の意見であって ABC の考えとは一切関係ないという断り書きを添えたほか、Michael Malone がサンノゼマーキュリー、ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズなどで仕事をしたこともある立派なライターだという説明を付しているが、これはマックファンなどからの反撃を予想してのことのように思える。

また Michael Malone は同じ記事の中で、アップル・インテル両社が手を結んだ背景には、みんなが考えるように IBM や AMD の脅威ではなく、Samsung にインテルが追い込まれているという事情があるからだと指摘している。

追記:

どういう訳かサーバが応答を停止して、ABC のこの記事は開くことができなくなっている。

記事の一部は、MacDailyNews のサイトで見れる。

MacDailyNews:”Why is Intel inside Apple Macs and how did Apple + Intel get Intel-based Macs ready so soon?“:1月12日

追記2:

1月21日20時30分の時点では、ABC の記事がまた開けるようになっている。コメント欄(Message Board)が読めたらおもしろそうだけれど・・・

Technorati Tags: ,

広告
TrackBack URI