maclalalaweblog

2006年 1月 13日

ハイエンドモデルが最初だった訳:アップルの説明

Filed under: インテルマック — shiro @ 20:57
Tags: , ,

インテルマック第一号が、どうして PowerBook ラインだったのか、アップル幹部の発言がある。

Macworld:”MWSF: Apple gave careful thought to first Intel models” by Jim Dalrymple:1月11日

apple-hq

インテルマック第一号をどのモデルにするか、意表を衝いた(off-guard)決定だと思ったひともいるかもしれないが、アップルの重役たち(複数)の話によれば、十分に考え尽くされた上での選択だった。

「十分にインパクトのある製品が欲しかった。それに、iMac はいってみれば我々の主力商品だから」と David Moody(マーケティング担当副社長)は語る。「長い間性能的に壁を越えられなかった PowerBook も、インテルの Core Duo プロセッサがあれば、そうすることが出来ると考えたのだ。」

The decision on which models would feature Intel processors first may have caught some observers off-guard, but it was a choice that was carefully thought out by Apple executives. “We wanted to do a product that was impactful, and the iMac is kind of our flagship product,” David Moody, Apple vice president of worldwide product marketing, said. “With the PowerBook, we had gone a long time trying to get over the performance hurdle and the Intel Core Duo allowed us to do that.”

キーノートでは、Steve Jobs が「ちょっとした厄介ごと」(pesky little problem)としかいわなかったのに比べると、アップルの社員としては珍しく明快な発言だ。

この点については、BusinessWeek がアップル内部の別な発言を引用している。

BusinessWeek:”Should Apple Open Up?” by Peter Burrows:1月11日

「(iBook や Mac mini といったコンシューマモデルでは)どうせ需要に追いつけないだろうから、Jobs は値段の高い機種を最初にすることにしたのだ」と。

For starters, Jobs said Apple plans to transition its entire product line to Intel chips in 2006. That will include the iBook and the Mac mini, both lower-price products, not to mention whatever new goods Apple might choose to unveil. “Jobs probably doesn’t have the capacity to ramp up [to meet demand] anyway, so he’s starting with the higher price points,” says one insider.

いずれも一理ありそうだ。

Technorati Tags: ,

広告
TrackBack URI