maclalalaweblog

2005年 12月 26日

IE の終焉:ソースコードを公開したら?

ながい間更新をほったらかされていた Internet Explorer for Mac だが、遂にサポートも終ることとなった。

マイクロソフトのダウンロードサイト mactopia は、12月22日付けで次のように通知している。

Internet Explorer ユーザーの皆様へ

(マイクロソフト マッキントッシュ ビジネス ユニットは)2005 年 12 月 31 日をもちまして Internet Explorer 5.1.7 および Internet Explorer 5.2.3 の無償サポートを終了いたします。・・・

加えて、2006 年 1 月 31 日をもちまして、当 Web サイトからの Internet Explorer 5.1.7 および Internet Explorer 5.2.3 の提供も終了いたします。今後は Apple 社の Safari 等の最新の Web ブラウザをお使いいただくことをお奨めします。

このニュースを知った大方の反応は、マックには Safari や Firefox があるので痛痒を感じないというものだった。

その中で BBC の Bill Thompson がおもしろい発言をしている。マック用 IE のソースコードを公開してはどうかというのだ。

・BBC:”Give Mac Explorer to the people” by Bill Thompson:12月23日

まず Bill Thompson は、マイクロソフトが独自仕様の ActiveX を使うため(通常は Java や Javascript を使う)、IE でないとアクセスできないサイトが生じることを問題視する。

The main reason is that many Microsoft-based sites use a technology called ActiveX to embed active content in their web pages. ActiveX is essentially a Windows-only way of doing the sorts of things that a standards-based website would use Java or Javascript for, and it is not supported by the standard releases of Firefox.

これは、長年にわたるマイクロソフトのユーザー囲い込み策の結果であり、ActiveX の仕様を変更することによりいつでも競争相手を閉め出せるということでもある。

This is hardly an ideal solution, and of course if Microsoft decides to change the ActiveX specification, which it may do at any time since they own it, then all the third-party software will stop working. … it can cut that support from users of a competing operating system and leave them potentially locked out of sites.

本来オープンであるべき情報システムが、ある特定のクローズド・システムに準拠して構築されたがために引き起こされた問題だという訳だ。

That’s the danger of building an open information system on closed standards. Microsoft’s behaviour over IE on the Mac is simply the latest example, and highlights a number of serious issues with the closed, proprietary approach to software development that characterises most of the industry today.

ハリケーン・カトリーナのとき IE でないとアクセスできない問題が生じたことも同根であり、今回のサポート終了もアップルに対する報復措置とみる向きが多いと指摘する。

The result has been a large number of companies who have developed a web presence that either requires or certainly benefits from the use of IE. In one famous example, victims of Hurricane Katrina who wanted to apply for public support could only do so if they used IE as their browse.

… this confound many of their critics, who see the decision to drop IE support as a retaliation against the new-found popularity of the Mac with the iPod generation…

マイクロソフトは EU と大きな問題を抱えているが、もしここで、マック IE のソースコードをなんらかの形で公開すれば、オープンソース・コミュニティの信頼が得られるだけでなく、EU にも好印象を与えることができるだろう、という。

Microsoft is currently in trouble with the European authorities over its failure to give competitors access to details of its server software after a ruling in March 2004. It may be fined up to 2m euros (£1.36m; $2.4m) a day if it does not comply.

If the company really wants to show that it has changed its approach to business it could take the radical step of placing the source code for the Mac version of IE into the hands of users.

… it would give it a massive credibility boost with the free/open source community.

なかなか傾聴に値する意見だと思うが、ビジネスウィークもこの記事をフォローして同感の意を表している。

・BusinessWeek:”Bye-Bye Explorer” by Arik Hesseldahl:12月23日

単にマック版の IE が消え去るだけという問題ではないようだ。

Technorati Tags:

広告
TrackBack URI