maclalalaweblog

2005年 11月 22日

細部へのこだわり:Jonathan Ive

Filed under: ひと,アップル,デザイン — shiro @ 23:02
Tags: , ,

いいインタビューに出会えるのはうれしい。いいインタビューは、相手を鮮やかに浮かび上がらせる。

今や iMac や iPod と同義語になったアップルのデザイナー Jonathan Ive を相手に、Design Museum がそんなインタビューを載せた。(Design Museum: Jonathan Ive, Designer of the Year 2003

jonathan_ive1

まず、Jonathan Ive 自身のことばをいくつか・・・

・デザインについて最も大事なことは細部へのこだわりだ

Perhaps the decisive factor is fanatical care beyond the obvious stuff: the obsessive attention to details that are often overlooked, like cables and power adaptors.

・新しい製品カテゴリーの分野で、世界をがらりと変えてしまうような仕事をしたい

I love working within such a relatively new product category. The opportunities are remarkable as you can be working on just one product that can instantly shatter an entire history of product types and implicated systems. The iPod is a good example as it is not only a very new product but it clearly turns our users’ previous experience and understanding of storing and listening to music upside down.

・デザインが他社と違うというだけではダメだ、物事のあり方を革新的に変え、より良いものを生み出すのでなければダメだ

So many companies are competing against each other with similar agendas. Being superficially different is the goal of so many of the products we see. A preoccupation with differentiation is the concern of many corporations rather than trying to innovate and genuinely taking the time, investing the resources and caring enough to try and make something better.

・アイデアが陳腐化し、創造性という点では破綻したコンピュータ業界にあって、生意気で、ほとんど反逆的とすらいえるアップルに心を奪われた

The more I learnt about this cheeky almost rebellious company the more it appealed to me, as it unapologetically pointed to an alternative in a complacent and creatively bankrupt industry. Apple stood for something and had a reason for being that wasn’t just about making momey.

・アップルの本質は、単純で易しい使い方を求めるところにある

In the 1970s, Apple talked about being at the intersection of technology and the arts. I think that the product qualities are really consequent to the bigger goals that were established when the company was founded. The defining qualities are about use: ease and simplicity. Caring beyond the functional imperative, we also acknowledge that products have a significance way beyond traditional views of function.

ivejobs

なんだか Steve Jobs が語るのを聞いているような感じになる。彼に重用されるのも分かるような気がする。

学生時代はコンピュータが不得意で、とても向いていないと思ったという話は意外だった。

Jonathan Ive のひととなり、そしてアップルが生み出すものを理解する上で、このインタビューは欠かせないだろう。

しかも、とても良質な文章で、読むよろこびを与えてくれる。

また、インタビューもだが、サイトのデザインも素晴らしい。およそ虚飾に近いものをすべて剥ぎ取り、ひたすら Jonathan Ive とその作品に光を当てる。極限まで簡素化された良質のデザインだ。こんなサイトを作れるようになりたい。

Jonathan Ive の記事は他にもあった。テレグラフの記事だ。(“Just quietly, iPod therefore ‘i’ am” by David Derbyshire

こちらは、折角インタビューをしながら、直接 Ive に語らせる代わりに、記者の感想を述べるに止まった。

私的なことを聞かれるのは好まない、デザインや仕事の話に集中するように、と事前に忠告されたのに、Twin Peaks の2ベッドルームの家に奥さんと住んでいるとか、高級車 Aston Martin が好きだなどといったことを縷々書く。

折角のインタビューを生かせず、その意味で、いいインタビューとそうでないものの対照的な例となった。

Technorati Tags:

広告
TrackBack URI