maclalalaweblog

2005年 11月 21日

インテルマックを自作する(その2)

Filed under: インテルマック,ハッキング — shiro @ 20:29
Tags: , ,

インテルマックの自作記事が目白押しだ。

thinkx868mw

正確にいうと、ハードそのものの自作記事ではない。インテルマックは、パーツからみたら PC そのものだからだ。

大部分の記事は、アップルからデベロッパに貸与された開発マシンと同じ環境にするには、どんなパーツ(マザーボードやチップセットなど)を選んだらよいか、そのマシンに Mac OS X をインストールするにはどうしたらよいか、ということを解説している。

インストールするのは、不正流出したインテルマック用 Mac OS X for Intel(OSx86)10.4.1 のコピーだ。さすがに不正コピーの入手方法については触れていないが、記事によっては温度差がある。

これまで、OSx86 Project を除くと、もっぱらアングラ系サイトしか扱わなかったこの手の記事が、大手サイトにも載るようになったことが大きな変化だろう。

先に紹介した ExtremeTech の記事は、PC Magazine にも掲載された。

いよいよインテルマックの登場が間近になってきたことを感じさせる。

その後、気が付いたものはつぎのとおり。(自作記事というよりハックものといった方がいいかもしれない。)

1)i-hacked:“Building the $200 OSx86 Mac”

この記事によれば、デベロッパ向けのマシン(OSx86 Development machines)と同じものが 200 ドルで出来ることになっている。具体的なパーツ番号の分かるリストもある。

長文の記事だが、内容はつぎのとおりだ。

・$200 OSx86 Mac Parts List

・Obtaining the software

・Putting it all together

記事の大部分が OSx86 をハードディスクにインストールする方法に充てられていて詳しい。画像だけでも 18 枚もある。

2)ZDNet Germany“Apple Mac OS X on x86: a first test” by Kai Schmerer

こちらは、東芝のノートブック Protégé M300 に、bootable DVD を使って Mac OS X 10.4.1 をインストールしたテスト記事だ。PC ならどれにでも OSx86 をインストールできるというのが結論だ。

これも長文の記事で、全体の章立てはつぎのようになっている。

・Introduction

・Installation

・Performance and power consumption

・The Mac OS advantage

・Conclusion

この記事にも Image gallery として豊富な写真が 17 枚も添えられている。

3)MacBidouille“Running Windows apps on OSX86”

慎重な MacBidouille(英語名 HardMac)ですら、記事にし始めた。

We’ve been hesitating a long time before putting these findings online, but since plenty of sites have published articles about the installation of OSX X86 on branded PCs without facing censorship, here they are…

OSx86 と Darwine(Wine の OSx86 版)をインストールしたあと、Notepad.exe を走らせることに成功したという簡単な記事。

Technorati Tags: ,

広告
TrackBack URI