maclalalaweblog

2005年 11月 10日

アップル特許申請の余波

Filed under: インテルマック,OS — shiro @ 22:44
Tags: , ,

アップルが申請した特許「改ざんに対して強いコードをつくり出すシステムおよび手法」(”system and method for creating tamper-resistant code“)は、大きな波紋を呼んでいるようだ。

us_patent

公開は先週の11月3日だが、申請されたのはだいぶ前(2004 年4月)のことだ。

「三つの OS の中から第一、第二の OS を選択できる」という点は、申請の 22 項と 23 項につぎのように記述されている。

22. The method of claim 20, wherein the first operating system is selected from the set consisting of Mac OS X, Linux, and Microsoft Windows.

23. The method of claim 20, wherein the second operating system is selected from the set consisting of Mac OS X, Linux, and Microsoft Windows.

CNET によれば、この申請では次のような説明がなされているという。

・アップルは特定のハードウェア以外ではこのコードが実行できないようにする複数の方法をこのなかに記している。

Apple describes ways of ensuring that code can be limited to specific hardware, even in a world in which operating systems can be run simultaneously, in so-called virtual machines.

・これらの方法は、いわゆるバーチャルマシンによって複数のOSを同時に動作できる環境にも対応する。

・また、特定のハードウェアアドレスやROMのシリアル番号を使ってコードのセキュリティを確保する方法も説明している。

Apple describes a means of securing code using either a specific hardware address or read-only memory (ROM) serial number. Apple also talks about securing the code while interchanging information among multiple operating systems.

・デバッガやエミュレータを使ってコードの特定のブロックの仕組みを解明しようとする者の作業を困難にすることができる「コード難読化」のテクニックについても言及している。

Specifically, Apple refers to the technique of “code obfuscation,” in which software makers employ techniques that make it harder for those using debuggers or emulators to figure out how a particular block of code is working.

要は、ウインドウズと Mac OS X のデューアルブートは許すが、アップル以外のハードウェアに Mac OS X をインストールすることは許さないということなのだろうが、むずかしくてよく分からない。

“… technology patents are notoriously hard to read (for me, at least)”「技術特許はむずかしくてなかなか読み解けないことで悪名高い・・・少なくとも私にとってはそうだ」と Paul Thurrott が慨嘆するのも無理はない。

おもしろいと思った事柄をあといくつか・・・

・バーチャリゼーション技術はハードウェアレベルなのでエミュレーションと違って速度の問題はなくなる

Software emulation of Windows is too slow, but with virtulization technology at the hardware level, the speed hit becomes a non-issue and the software market for Mac users opens up exponentially. [TUAW.com]

・マルチ OS になってもマイクロソフトは困らないだろう。困るのはデルなどの競合メーカーだ。

The ironic thing in this scenario is that Microsoft wouldn’t actually lose out. … The losers would be Apple’s actual competitors: Dell and the other computer manufacturers. Perhaps there’s more than we thought to Michael Dell’s suggestion to Apple that they allow Mac OS X to run on his company’s computers. [TUAW.com]

どうも特許の話は素人の手に余る。今回は消化不良でスミマセン・・・

興味をお持ちの方が直接確かめていただけるように、以下に記事の出所をまとめておきます。

○特許申請そのもの:”System and method for creating tamper-resistant code“「改ざんに対して強いコードをつくり出すシステムおよび手法」

○CNET:”Apple tries to patent ‘tamper-resistant software’” by Ina Fried. 和訳『アップル、Intel Mac用に「改ざんに強いコード」を計画』(こなれた訳で読みやすい)

○Architosh:”Tidbits: Apple patent shows company possibly preparing for OS War“「アップルが特許を申請したのは OS 戦争のためか」

○Paul Thurrott:”Apple patent shows company possibly preparing for OS War

○TUAW.com:”Apple Gearing up for OS War?” by Damien Barrett「アップルは OS 戦争に向けてシフトアップしたのか」(コメント欄も充実しているようだがカバーできなかった)

Technorati Tags: , ,

広告

1件のコメント

  1. Intel Macは、Windows、Linuxも視野に?

    CNET Japanさんに、アップル、Intel Mac用に「改ざんに強いコード」を計画という記事が。 記事によると、「アップルが特定のハードウェア上でMac OS Xを安全確実に動作させる手法に関する特許を申請していた」とのこと。 難しいことは、よくわからんが、この特許の中で、「…..

    コメント by iPod nanoなの。 — 2005年 11月 11日 @ 22:08


RSS feed for comments on this post. TrackBack URI