maclalalaweblog

2005年 9月 15日

ブログのコメント欄

Filed under: インターネット,ブログ — shiro @ 21:13
Tags: , ,

たいして長い記事でもないのに、その下に空っぽのコメント欄がぶら下がっているのはあまり格好よくない。

zerocoment,jpg

また、フッターに「コメント(0)」がずらずらと並ぶのも、なかなか売れない陳列棚みたいであまりいい気持ちではない。

そんな訳でコメント欄はオフにして、表示させないようにしている。

それだけではない。

ブログを始めるにあたって、荒れる掲示板のイメージがあって逡巡した。こちらでコントロールできない悪意の書き込みをされたらどうしようと不安に思ったものだ。

コメント欄がブログに双方向性をもたらす、だから素晴らしいのだと頭では理解していても、大通りに面した家の玄関が開けっ放しになっているような居心地の悪さを覚えた。

シックス・アパートが最近 TypePad をアップグレードしたが、そのウリのひとつがコメントやトラックバックのスパム対策だ。

受信したコメントやトラックバックを、一時保留して内容をチェックしたうえで、問題のないものだけを掲載できるようにする。問題のある受信を禁止リストに載せるのもワンクリックだ。

こういう機能が求められるのも、現に荒らしとかスパムが存在するからだろう。

最近 Dan Gillmor のサイトに載った記事もそれを窺わせる。(A Time Out for Our Resident Troll) 詳しいことは分からないが、どうやら荒らしにあってついにコメントを投稿停止にしたということらしい。

大ブロガーのサイトと違って、初心者のブログはコメントをとることなぞ期待できまいと、コメント欄をオフにしてしまったが、でも考えるとそれも残念である。なんらかの形で感想や意見が届く方法を残しておきたい気もする。

そう考えていたら、いい例があった。山根一眞氏オフィシャルサイトの「お問い合せ」というページだ。クリックすると、コメント欄に似た入力欄と、

山根事務所(山根一眞、山根一城)へのメールによるメッセージ、お問い合せ、ご依頼などは、以下の欄にご記入の上【送信】ボタンをクリックしてください。

という指示がでる。

送信内容は相手に届くだけで、外部には表示されない。したがって、荒らしやスパムの対象にはならない。

さすがと思ったのは、「送信内容のコピーを自分宛にも送る」というボタンが準備されていることだ。送信ボタンを押した瞬間にすべてが消えて、コピーしておかなかったのを悔やむことが多いのでこれはありがたい。

通常のコメント欄のほかに、サイドバーに「お問い合せ」とか「ご感想」というボタンを作って、ワンクリックで書式が呼び出せるようにしてはどうか。

新しい TypePad 1.6 はサイドバーにも大幅な充実を図っている。

Podcasting 対応の仕掛けは宮川逹彦氏が一晩で書いたそうだ。そんな素晴らしいプログラマーを抱えるシックス・アパートなら、サイドバーに感想ボタンを作るぐらい雑作もないだろう。

そんなボタンが定着すれば、シックス・アパートはまたひとつブログ標準を打ち立てたことになる。

Technorati Tags: ,

広告