maclalalaweblog

2005年 9月 10日

John Markoff 流記事の書き方

Filed under: ひと,イベント,ジャーナリズム — shiro @ 13:16
Tags: ,

iPod nano が発表されたメディア・イベント(9月7日)のあと各紙が一斉に書いた。Google ニュースで調べたら 500 を超えていた。

USA APPLE

たくさんブックマークした中から、めぼしいものをいつものようのにスクラップしていたら、ニューヨークタイムズの John Markoff の記事が二つあるのに気がついた。発表直後の7日付け速報版と、翌8日付の確定版の二つである。

速報版の方は Jobs の発表をほぼなぞるように書いていて、他紙の記事と似たり寄ったりだ。なにせモスコーニ・センターを満杯にした記者が一斉に書くのだからどの記事も大同小異にならざるを得ない。

ニューヨークタイムズ技術欄の看板記者である Markoff にとっては不本意だったに違いない。とりあえず速報版を出したあと推敲を加えた様子がみられる。確定版は、発表直後の Jobs のインタビューをベースにまとめられている。

リーバイスのポケットから iPod nano を引っ張りだしてみせた Jobs の写真を冒頭にあしらった。

Jobs の口から、売れ筋の iPod mini を nano で置き換えるという大きな賭けに出たこと、また一夜にしてフラッシュメモリーの世界最大の顧客になったことをいわせている。

記事の締めくくりも Jobs のことばだ。

Mr. Jobs said on Wednesday that he was pleased that the details surrounding the nano player had not surfaced prematurely in the press or on the Macintosh rumor sites on the Web.

“It would have broken my heart,” he said.

(Apple Unveils a New IPod and a Phone Music Player


事前にすっぱ抜かれず、舞台で華をとれてほっとしている感じがよく出ているではないか。

このほか、まだ明らかにされていないビデオ機器(a video set-top box, a palmtop device, a portable video player)があることにも触れて、他紙とはひと味違った記事となった。

速報版は削除されて、確定版がニューヨークタイムズの記事となっている。まるでジャーナリズムの授業の格好の教材だ。

Technorati Tags: ,