maclalalaweblog

2005年 8月 25日

オタク小説の読み方

Filed under: ハッキング,本・雑誌 — shiro @ 21:17
Tags: , , ,

極め付けのオタク小説。ウイリアム・ギブスンの「パターン・レコグニション」。

pattern_recognition

サイバーパンクの帝王が、ニューヨーク、ロンドン、東京、モスクワと世界を股にかけ、現実の世界とネット上の仮想の世界とを織り交ぜながら描くハイブリッド・エンターテインメント。

これがメチャ面白い。(・・・ということはオレもオタクか。)

書きたかったのは中身のことではない。小説にちりばめられた小道具のお話。全編に商品名と固有名詞が氾濫する。

「バズ・リクソンの黒の MA-1 フライトジャケット」。ブランド・アレルギーに悩むヒロインのケイス・ポラードが大切にしているフライトジャケットだ。

のっけから出てくるのに、この方面に疎い身としては、さっぱりイメージが湧かない。

ところが、主人公の、言い換えれば作者の思い入れが込められているだけにほっておけない。・・・というか、よく分からないと先に読み進めない。

苦肉の策で、Google のイメージ検索。

あった、あった、フライトジャケットの画像がずらり。(しかもこれが日本人が作りだした完全復刻版だというのだから恐れ入る。)

buzz_rickson_ma1

Buzz Rickson’s MA-1

やっと全身黒ずくめで身を固めたヒロインの様子が目に浮かぶ。(ギブスンはこの装束を CPU と名付ける。ケイス・ポラード・ユニットの略。凝りに凝っているではないか。)

小説を読むのにインターネットを使ったのは初めてだった。オタク小説を読むにはググるのが一番だと悟った。

これがハマるのである。読み進むうちに知らない固有名詞が出てくるのが楽しみになる。その都度ググッた。

ところで、「クルタ」をご存知だろうか。これも小物のひとつとして登場する。

オーストリア人クルト・ヘルツシュターク の発明品で、電流も電子部品も使わない、世界最小の機械式計算機だ。見かけは手榴弾に似ている。

あなたもググって、画像を見つけてはいかが。(ググるのが面倒なひとは、こちらをどうぞ。)

広告